【BUCK-TICK】『THE DAY IN QUESTIO
    N』2015年12月29日 at 日本武道館

    撮影:田中聖太郎/取材:土屋京輔

     2001年の初開催以来、12月29日の恒例行事となった、BUCK-TICKの日本武道館公演。今年は長野、大阪、札幌、横浜も回るツアー形式の『THE DAY IN QUESTION』となったが、特定の作品に伴うライヴではないため、今回も予測不可能なセットリストが組まれていた。何しろ1曲目から「ANGELIC CONVERSATION」(1989年発表の『TABOO』に収録)である。

     とはいえ、新旧織り交ぜたレアなマテリアルだけが目玉ではないのが、BUCK-TICKならではの奥深さだ。曲の並びにしても、例えば「メランコリア -ELECTRIA-」から「ICONOCLASM」へ、「JUPITER」から「夢見る宇宙」へ、「太陽ニ殺サレタ」から「die」へといったように、サウンド傾向やタイトルや歌詞にちなんだレトリックを通じた連関があり、なぜそのオーダーだったのか、ライヴ中はもちろん、鑑賞し終えた後も、個々にじっくりと探求できる楽しさがある。

     言わずもがな、どんな音楽性のものであっても、類稀な求心力で惹き付けていく固有のパフォーマンス自体が全ての基盤である。1カ月ほど前には櫻井敦司(Vo)のソロプロジェクト、THE MORTALのステージも目撃したが、唯一無二のパーソナリティーを持つ彼にしても、やはりBUCK-TICKの一員たる見え方になるから興味深い。当然、他のメンバーも同様で、この5人が集結することでしか生まれない世界が恒常的に会場内を支配していく。

     終演後には2016年9月11日の横浜アリーナ公演の実施と『或いはアナーキー』に続く作品の制作へと入ることも発表になった。しばらくは再び地下活動となるが、それもまた次なる変貌に向けた、意欲的な胎動期でしかない。彼らの進化/深化は今も続いている。

    セットリスト

    1. ANGELIC CONVERSATION
    2. 惡の華
    3. LADY SKELETON
    4. Brain, Whisper, Head, Hate is noise
    5. BUSTER
    6. 狂気のデッドヒート
    7. tight rope
    8. 密室
    9. スパイダー
    10. MISTY ZONE
    11. メランコリア -ELECTRIA-
    12. ICONOCLASM
    13. 細胞具ドリー:ソラミミ:PHANTOM
    14. JUPITER
    15. 夢見る宇宙
    16. <ENCORE1>
    17. 形而上 流星
    18. 太陽ニ殺サレタ
    19. die
    20. <ENCORE2>
    21. FLAME
    22. MISS TAKE〜僕はミス・テイク〜
    23. CLIMAX TOGETHER
    24. LOVE ME
    BUCK-TICK プロフィール

    日本のロック・シーンが急激に加速し始めた1980年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーなロック・バンドで、現代のアーティストたちにも多大な影響を与え続けている。1985年に結成。自主制作盤の発表やライヴ活動を経て、87年9月にライヴビデオ『バクチク現象 at LIVE INN』でメジャーデビューを果たし、11月にアルバム『SEXUAL×××××!』を発表。89年1月にリリースされた3rdアルバム『TABOO』は、オリコン週間チャート1位を獲得。“バクチク現象”が起きる中、バンドは名実共にトップ・アーティストへ。同年12月には、東京ドームでライヴを敢行し、43,000人を動員する。90年2月、4thアルバム『悪の華』を発表。耽美的な世界観が一気に開花したこの秀作は、オリコンチャートで週間1位に輝く。以降もコンスタントにアルバムをチャート上位に送り込み、ファンを獲得していく。2007年9月には、初となる主催大型ロック・イベント『BUCK-TICK FEST 2007「ON PARADE」』を横浜みなとみらい・新港埠頭特設野外ステージで開催。2012年、不動のメンバーでデビュー25周年を迎え、新レーベル<Lingua Sounda(リンガ・サウンダ)>を設立。7月にトリビュートアルバム『PARADEⅡ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~』を、9月にアルバム『夢見る宇宙』を発表。さらに9月には、トリビュート・アルバムに参加したアーティストと共に『BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE』を千葉ポートパーク内特設ステージにて開催。2013年6月には、デビュー25周年を記念したドキュメント映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~』を公開する。2013年12月、14年連続となる日本武道館公演を達成。2014年6月、19枚目のアルバム『或いはアナーキー』をリリース。独特なポップ・センスとダークな世界観を深く掘り下げつつ、インダストリアル・ロックの要素を取り入れるなど、今なお進化は止まらない。BUCK-TICK オフィシャルHP
    BUCK-TICK オフィシャルTwitter
    BUCK-TICK オフィシャルFacebook
    Wikipedia

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント