【GOOD ON THE REEL】『GOOD ON THE
REEL presents「HAVE A “GOOD” N
IGHT Vol.33 ~ Vol.47」ペトリコー
ル ~雨天決行~』2016年3月25日 at
Zepp DiverCity Tokyo

撮影:Viola Kam/取材:高良美咲

 “ステージに立つことは、未だに怖いこと。それでも俺がステージに立つのは、かたちのなかった幸せがあなたたちだと気付いたから”。バンド史上最長のワンマンツアー最終日、アンコールで千野隆尋(Vo)がオーディエンスに向けて語った、この言葉がツアーの充実度を表していたように思う。

 雨が映し出されていた紗幕に大きく手を広げた千野のシルエットが映る。アルバム『ペトリが呼んでる』と同じように、「BYSTANDER」「サーチライト」といったアグレッシブなナンバーで幕を開けると、「素晴らしき今日の始まり」では歌詞を変えて“僕は東京に帰ってきたよ!”と歌い、ファイナルを迎えられた喜びを力いっぱい表現しているように思えた。語りかけるようにアカペラで歌い始めた「つぼみ」、軽やかでありながら力強い高橋 誠のマーチングドラムが印象的な「So Late Me」で引き込むと、「REM」では岡﨑広平、伊丸岡亮太ふたりがギター掻き鳴らしながら前に出てきたりと動的な部分も見せる。そして、オーディエンスは、彼らの出す音を最後の一音まで聴き逃さない…というよりも、彼らの作り出す壮大な情景に浸り、聴き入っている。そんな中でも映画を観ているかのような錯覚に陥ったのが、ステージ一面に滲んだ青い色が広がった「ペトリコール」。どこか懐かしさを感じる奥ゆかしさは、このバンドならではの魅力であると特筆しておきたい。

 また、10月9日に日比谷野外大音楽堂で野外初ワンマンライヴを行なうことをアンコールで発表。“どこまでだって、歩いていくから”と言って始まった「ハッピーエンド」の生命感にあふれたエンディングがこれからの彼らを示しているように感じた。

セットリスト

  1. BYSTANDER
  2. サーチライト
  3. 素晴らしき今日の始まり
  4. さよならポラリス
  5. ただそれだけ
  6. ゴースト
  7. つぼみ
  8. So Late Me
  9. スケール美術館
  10. アイスランド
  11. REM
  12. 存在証明書
  13. シャボン玉
  14. rainbeat
  15. 夕映
  16. ホワイトライン
  17. ペトリコール
  18. Mr.Week
  19. <ENCORE>
  20. ノースポール
  21. シャワー
  22. ハッピーエンド
GOOD ON THE REEL プロフィール

グッド・オン・ザ・リール:2006年3月、同じ学校の仲間により結成。バンド名は“なんか、良い感じ”という意味から命名。千野隆尋の独特な歌声と歌詞、圧倒的なクオリティーの高さを誇る楽曲に、ライヴハウスをはじめ、TSUTAYAでの期間限定無料レンタルやCDショップでの店舗試聴機から火が付き、その口コミだけでバンドの評価や知名度を上げてきた。18年1月、自主レーベルlawl recordsを立ち上げ、8枚目のミニアルバム『光にまみれて』をリリース。19年にはユニバーサルミュージックアーティスツ合同会社とパートナーシップ契約を結び、9月にセルフカバーアルバム『GOOD ON THE REEL』を発表。GOOD ON THE REEL オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着