【GOOD ON THE REEL】『GOOD ON THE
REEL presents「HAVE A "GOOD" NIG
HT」』2015年7月31日 at 恵比寿LIQU
IDROOM

撮影:Viola Kam(V’s Twinkle)/取材:高良美咲

 7枚目のミニアルバム『七曜になれなかった王様』を引っ提げ、東名阪各2日間(1日目はツーマン、2日目はワンマン)ずつ行なったツアーの最終公演。“何気ない日常”を歌ったという同アルバムは、まさに聴く者の何気ない日常に色を付けてくれるような作品で、ゆるりと心の隙間に入り込んでくる。絶妙な呼吸感で披露されるアップテンポな「夜にだけ」や、じっくり聴かせる「限りなく透明な」などの新曲たちが、早くもライヴを色鮮やかにしてくれる力強い武器になっていたのが印象深い。目を覆ったり、頭を抱えたり、飛び跳ねたりといつものように全身を使って感情的に歌い上げる千野隆尋(Vo)や、頭を振り乱しながら熱を持ったプレイをするバンドメンバーの姿が印象的だが、花のように会場内を彩る天井から吊るされたたくさんのカラフルな傘も、照明が当たるたびに目を楽しませてくれた。

 “戻れないからこそ、掴めないからこそ、思い出っていうのは輝くんだと思います”と千野が言っていたが、GOOD ON THE REELの楽曲たちはリリースや活動を重ねるごとに最高傑作を更新していくというよりも、大切にしたい思い出が増えていく感覚に近い。不思議な生命力が漲った楽曲たちを、オーディエンスは一音一音を大事に噛み締めるように聴き入ったり、手を挙げたり、思い思いに楽しんでいた。そして、みんなの背中を押して帰りたいと応えたダブルアンコール。千野の“素晴らしき今日を始めよう!”という言葉通り、ここからまた新たな幕開けを宣言するかのように「素晴らしき今日の始まり」で華々しいラストを締め括った。

セットリスト

  1. 迷子センター
  2. 夜にだけ
  3. 夕映
  4. トワイライト
  5. ドア
  6. 限りなく透明な
  7. 透明な傘の内側から
  8. アイスランド
  9. ホワイトライン
  10. シャワー
  11. ヒツジと花の戦い
  12. ゴースト
  13. エターナルサンシャイン
  14. <ENCORE1>
  15. それは彼女の部屋で二人
  16. ハッピーエンド
  17. <ENCORE2>
  18. 素晴らしき今日の始まり
GOOD ON THE REEL プロフィール

グッド・オン・ザ・リール:2006年3月、同じ学校の仲間により結成。バンド名は“なんか、良い感じ”という意味から命名。千野隆尋の独特な歌声と歌詞、圧倒的なクオリティーの高さを誇る楽曲に、ライヴハウスをはじめ、TSUTAYAでの期間限定無料レンタルやCDショップでの店舗試聴機から火が付き、その口コミだけでバンドの評価や知名度を上げてきた。18年1月、自主レーベルlawl recordsを立ち上げ、8枚目のミニアルバム『光にまみれて』をリリース。19年にはユニバーサルミュージックアーティスツ合同会社とパートナーシップ契約を結び、9月にセルフカバーアルバム『GOOD ON THE REEL』を発表。GOOD ON THE REEL オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着