L→R サワ(Ba)、Yoshi(Gu)、Re:NO(Vo)、トキ(Gu)、Marina(Dr)

L→R サワ(Ba)、Yoshi(Gu)、Re:NO(Vo)、トキ(Gu)、Marina(Dr)

【アルディアス】新天地を切り開いた
“光り輝けるアルディアス”

新ドラマーを迎え、自身のレーベルを設立したアルディアスが移籍第一弾アルバムをリリース! ライヴへの期待が膨らむ激しい曲やヘヴィな曲、キャッチーなポップチューンやカバーなどバラエティー豊かな今作は、バンドとしての実力やセンスがキラリと光る傑作となった。
取材:舟見佳子

今回、新レーベル“Radiant A”を設立されたのですね。

Yoshi
レーベル名は“Radiant Aldious”の略で、“光り輝くアルディアス”という意味なんです。“光り輝けるアルディアス”のための、というか“頑張っていこうぜ!”っていう意味も含めてのレーベル名ですね。看板を背負ってるという感じがして、すごく自分たちの自信にもつながりますし。

新加入のMarinaさんはこれまでどんな活動をされていたのですか?

Marina
もともと固定のギャルバンをやってたんでけすけど、そこを辞めて以降、本当にちゃんと長く続けられるバンドを探したかったんで、ずっとサポートドラマーです。いろいろお話はあったんですけど、“ここでちゃんとやるぞ!”っていうバンドに出会うまではいろんなところで転々と叩いてました。

世界的に活躍しているテリー・ボジオ(Dr)さんがお父様だそうですね。アルディアス加入時には公表してなかったですが。

Marina
私が誰であろうと、いちドラマーとして見ていただきたいっていうのが本心なので。何かしらのイメージが付いてしまうのをどうしても避けたかったんです。誰の娘とかそういうことは一切関係なく、ただの女の子ドラマーのMarinaが入ったっていうだけにしてほしかったんですよね。

では、今回のアルバムですが、何かテーマはありました?

Yoshi
今回はなかったですね。ある意味、メンバー個人がやりたいことを集めて出来上がったアルバムが今回の『Radiant A』で。ほとんどが最近作った曲ばっかりだし、リアルタイムでのアルディアスって感じですね。アレンジに関しても“彼女だったらこういうプレイが得意だな”“Re:NOはこういうキーが一番いい声が出るだろうな”とか、メンバーが生きるアレンジだったり、楽曲ばかりが集まってます。

1曲目を飾る「Re:fire」はRe:NOさんの曲ですね。

Re:NO
アルディアスのライヴって、頭振って暴れて、みたいな感じですけど、そういうライヴを意識して作った曲です。アルバムが発売されてツアーをやるってなった時に“火柱をあげたい!”みたいな。そういう絵が完全に浮かんでましたね。音で言うと“ガッ!”とか“ア゛!”とか、ちょっとがなってみたりっていう力強さのある歌詞を選んだりとか。ライヴ映えするような曲をっていう感じで作りました。

続く、「THE END」は正統派ジャパメタチューンですね。

Yoshi
これは、アルディアスらしいっていうのをイメージして作った感じですね。今のところリードトラックというか、オフィシャルWEBサイトでも試聴で出してるんですけど、このアルバムの中でまず聴いてほしいのはこれかなっていう。

「Sweet Temptation」はヘビィな曲調が印象的でした。

トキ
ライヴを観ていてゾワッと鳥肌が立つような、そういう高揚感のある曲を作りたいなってと思ったのがきっかけで作った曲ですね。ちょっと闇っぽい感じのダークなイメージなんですけど、沈まないようにというか、インパクトのある感じにしたくて。ダークになりすぎないように、サビだったりBメロでみんなで合唱するイメージで作りました。

「PIECE OF MY WISH」は今井美樹さんのカバーという。

Re:NO
すごい好きな曲なんです。レコーディングで苦労したところっていうのはゴールがないというか、今井美樹さんがもともと歌われてる楽曲なので、Re:NOがどう歌おうが正解はどれだか分からない。歌のテイクでは一番悩んだかもしれないですね。その中でも自分の色を出したいし、アルディアスの色を出したい。半分半分の気持ちがありました。

「胡蝶ノ夢」は歌メロがキャッチーで覚えやすいですね。

サワ
ムーディーな曲調を作るのは得意なんで、そういうところを突き詰めていこうと思って、あえて分かりやすい耳に残る曲を!というのを目指したのが、この「胡蝶ノ夢」ですね。

今作のレコーディングはどんな感じでしたか?

Re:NO
歌入れに関しては、時間がなかったこともあって、当たって砕けろじゃないけど、気持ちと体とバーン!みたいな(笑)。本当に気持ちと曲とぶつかり合うじゃないですけど、荒々しいところとかすごい生なんですよね。
Marina
私は今まではツインペダルは得意ではなくて、本当にアルディアスに入ってからのチャレンジだったんですけど、それによってフィルとかのバリエーションがすごく増えたんですよ。他には、本当はツーバスで押し通していくんだろうなっていうところを、あえて4分打ちにしてみたり、バラードに関してはあえて抜いてみるとか、ドラムに関してはいろいろ自分的にチャレンジしたっていうところがありますね。
サワ
激しい曲からバラード曲まで、結構曲調が変わるので、その曲その曲に合わせたプレイを使い分けてます。自分の得意な演奏ってゴリゴリでフレーズも結構動くんですけど、曲によっては“そこ抑えて!”くらいな感じで言われて、渋々抑えてたり(笑)。カバー曲なんかも自分が普段やらないような聴かせるベースを一生懸命頑張ってみたり。
トキ
バッキングの音がこれまでで一番いいんじゃないかなっていうくらい、粒立ちがはっきりしてて迫力のある音で録らせていただけたんで、ザクザク刻むバッキングとかリズムとかが一番聴いてほしいポイントですね。

12月からは、年明けまで続くツアーがスタートしますが。

Marina
8月に東名阪ライヴをやっていたんですけど、違う地方に行かせていただくのは初めてで、やっとこの5人で今のアルディアスっていうものをライヴというかたちで届けられるんではないかなっていうのですごく楽しみにしてます。
サワ
久しぶりの大きなツアーなんで、体力作りを頑張って、全部のライヴを大暴れできるように楽しんでいきたいです。
『Radiant A』2015年12月02日発売Radiant A
アルディアス プロフィール

アルディアス:2008年に大阪で結成。ガールズメタル界の頂点に立つ5人組。“Ultimate Melodious(究極の旋律)”からの造語だというバンド名が示す通り、アグレッシブな演奏とメロディアスな楽曲が魅力。激しいパフォーマンスと一体感のあるライヴにも定評がある。アルディアス オフィシャルHP

Aldious プロフィール

アルディアス:2008年に大阪で結成。ガールズメタル界の頂点に立つ5人組。“Ultimate Melodious(究極の旋律)”からの造語だというバンド名が示す通り、アグレッシブな演奏とメロディアスな楽曲が魅力。激しいパフォーマンスと一体感のあるライヴにも定評があり、17年は『Summer Sonic Shanghai 2017』や、2年連続となる『LOUD PARK 17』にも出演を果たした。Aldious オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント