L→R Fチョッパー KOGA(Ba)、オレオレオナ(Vo&Key)、ねんね(Performer3号)、まい(Performer1号)、TOMO-ZO(Gu)、はな(Vo&Dr)

L→R Fチョッパー KOGA(Ba)、オレオレオナ(Vo&Key)、ねんね(Performer3号)、まい(Performer1号)、TOMO-ZO(Gu)、はな(Vo&Dr)

【Gacharic Spin】ギャップ詰めのシ
ングルです。なので、聴け~~~!(
笑)

ハウスウェルネスフーズ『メガシャキ』CM曲「シャキシャキして!!」と、タイトルからしてインパクト大の「アルブスの少女」を表題曲に掲げた両A面シングル。テクあり、笑いあり、メッセージあり、まさにGacharic Spinらしい作品が完成した!
取材:土内 昇

アルバム『MUSIC BATTLER』以来なので約9カ月振りの音源になるのですが、ずっとライヴをしていたから“久しぶり”という感じがしないですね。

チョッパー
私たちも感じてないです(笑)。
オレオ
“そっか!”って(笑)。

それだけライヴ三昧なのですが、その中でアルバム曲も育ってます?

オレオ
今やライヴには欠かせない曲ばかりですね。

“今までの中で一番、ハードで激しめなアルバム”と言っていただけに、ライヴの起爆剤になる曲ばかりですしね。なので、バンド自体も攻撃的になっている印象もありますが。

チョッパー
自分たちでは分からないんですけど、“どんどんパワーアップしてるね”とか“パワフルになってるね”とか言ってもらえることが多いので、『MUSIC BATTLER』の流れでそうなっていってるのかなって思いますね。

その流れで今回の楽曲制作に入ったわけですか? 2曲ともテンションが高いというか、あふれ出るエネルギーを感じるのですが。

はな
「シャキシャキして!!」はそうですけど、「アルブスの少女」は去年からあって、温めていたんですよ。
チョッパー
「シャキシャキして!!」は『メガシャキ』のCMソングということで、それ用に楽器チームがそれぞれ10曲ずつ作って、その中で“これだ!”というものを何曲か選んで提出しました。その中から“この曲!”ということで決まったんです。

まずは「シャキシャキして!!」について訊いていきたいのですが、今回のタイアップにあたって、何か先方からのオーダー、リクエストはあったのですか?

チョッパー
そういうのはなかったですね。もちろん、『メガシャキ』のCMになるというのはあったけど…
はな
うん。“ロックにしてほしい”とかはなかったです。なので、さまざまなパターンの曲をそれぞれが作って出し合ったんで、ほんといろいろありましたね。今までとは作り方が違ったというか、Gacharic Spinの型みたいなものを取り払って作ったから、面白い曲がいっぱいあった。
チョッパー
パンチ重視だったからね(笑)。
はな
最初に提出した時、それこそ曲の概念も取り払って作っていたから、すごくカオスになってて、“ちょっと整頓しようよ”ってなって2回目の提出があったり(笑)。
チョッパー
でも、今回は『メガシャキ』に向けて書き下ろしというのを初めてやったんですけど、こういうのも面白いなって思いました。
はな
“ダンスナンバーを作ろう”とか“攻撃的なロックサウンドのものを作ろう”というテーマで曲を作ったことはあるけど、『メガシャキ』という商品のイメージで作るのは初めてだったので面白かった。
チョッパー
今後は勝手に商品を想定して、“これをテーマに曲を作ろう!”ってできるよね。
はな
そうだね。でも、変な仮タイトルを付けてくることが多いから…(TOMO-ZOを指差して)この人なんですけどね。いつも変な仮タイトルを付けていたりするから、いろいろイメージして作っているのかなって。
TOMO-ZO
適当です!
全員
(爆笑)。
はな
“上海”とか“フランス”とか地名を付けてくることが多いから、“フランス”をイメージして作ったからとかじゃないの?
TOMO-ZO
作った場所です!
チョッパー
フランスで作ったから“フランス”(笑)。
はな
逆にカッコ良いけどね(笑)。
TOMO-ZO
“広州”とか(笑)。
はな
マニアックすぎる(笑)。

Gacharic Spinにしてはシンプルなダンスナンバーになっているのですが、バンドアレンジをしていく時に意識したことは?

はな
最初に曲を提出した時よりも、よりダンサブルにっていうのは意識しましたね。4つ打ちのビート感とかもビートを止めないようにして、全体的に踊れるものにしようってアレンジを煮詰めていきました。細かいことを詰め込むんじゃなくて、ドラムは同じフレーズをあえて続けるとか。ギターのカッティングでノリを出したり、ベースも…もちろんベースの見せ場もあるんですけど、あえて同じフレーズを弾いて、疾走感を止めないようにとか。
チョッパー
繰り返しのパターンが多かった。大まかに“ここまではこのパターンで、ここからはこのパターン”みたいな。だから、バンドをやっている人がコピーすると楽しいかなって。
はな
繰り返しは多いけど、難しいところは難しすぎ! 
チョッパー
今、苦戦してます(苦笑)。でも、弾くのはすごく楽しい! 聴いてても楽しいし、弾いても楽しい! まだ、ライヴではやってないんですけど、(※インタビュー後のライヴで披露済み)ライヴでやればやるほど育っていく曲なのかなって思ってます。CMをイメージして作った曲ですけど、ライヴでやるってことは意識して作っているので。みんなで一緒にサビを歌ったら楽しいだろうな、とか。
TOMO-ZO
掛け合いとかね。
チョッパー
うんうん。なので、お客さんとすごくコミュニケーションがとれる曲なのかなって。

この曲のヴォーカルは?

オレオ
この曲は珍しく、TOMO-ZOとはなちゃんがAメロで掛け合いをやっていて、私はBメロからですね。元気で、伸びやかな感じで歌いました。

ツインヴォーカル、トリプルヴォーカルができるのもGacharic Spinの強みですね。

オレオ
そうですね。サビの掛け合いは全員でやってますし。
TOMO-ZO
みんなの声が入ってる。

サウンド的にも、これまでにないパターンの曲ですよね。

オレオ
意外にこういうテンポはないかも。「perception」くらいかな。
TOMO-ZO
この曲、レコーディングの時にギターの歪みの音をできるだけ小さくしたんですよ。CMで流れるから、いろんな人が聴くと思って聴きやすいように。
はな
でも、歪みを抑えたことによって、逆にギターがすごく抜けていると思う。ギターシンセも使っているしね。
TOMO-ZO
うんうん。「アルブスの少女」とは対照的な感じもあって、面白くなったなって。
チョッパー
あと、こんなにサビで連呼するのは初めてじゃない?
はな
あぁ、歌の連呼は確かに!

歌詞はサビの《シャキシャキして》から広げていった感じですか?

チョッパー
そうですね。サビの連呼するところがあってからのAメロ、Bメロ、Cメロって感じです。曲もアレンジも歌詞も振り付けも『メガシャキ』を意識しましたね。ただ、Gacharic Spinの作品になるので、『メガシャキ』オンリーにしてしまうのは違うから、私たちらしく…
はな
メッセージ性も入れつつ。

《疲れている時こそ笑って》や《夢への扉叩いて》とかは、Gacharic Spinらしいフレーズですものね。そして、ダンスナンバーとなれば、ダンサーズの見せ所だと思うのですが。

まい
はい。でも、お客さんと一緒に踊れるような振り付けにしたくて、今回はみんなに相談しながら作りました。“ここはこういうほうがお客さんものりやすいんじゃない?”とか話し合いながら。Bメロのところにラジオ体操を入れたり。

ラジオ体操!?

まい
“シャキシャキ”を意識して、ラジオ体操のような振り付け入れたんですよ。
はな
小学生とかが真似してくれるといいよね。
まい
あー、やってほしい。サビも“シャキシャキ”を意識して作りました。
チョッパー
徹夜とかしてて疲れた時に踊ってほしいって言ってたけど、やってて結構疲れてるよね(笑)。
ねんね
サビとかほんとにシャキ!って指の先まで力を入れて、気持ちも体もシャキシャキするためにやってるんですよ。
はな
血液の流れとか良くなりそう(笑)。
ねんね
確かに(笑)。力は結構使いますね。でも、踊ってて楽しいんですよ。
チョッパー
観てても楽しい!
ねんね
Gacharic Spinらしく、カッコ良いところもありながら、面白い振り付けもあるから楽しいんで踊ってます。

CMにも出演するそうですね。

チョッパー
そうなんですよ! 夜帯だけになるんですけど、Gacharic Spinのライヴシーンなんです。もともとCMに出演する話はなかったんですけど、曲を選んでもらった時に、Gacharic Spinのイメージも『メガシャキ』に合っているっていうことで、CM出演の話が出て、ライヴシーンにしようってなったらしくて。
TOMO-ZO
最初、嬉しすぎて信じれなくて…
チョッパー
正直言って、まだ信じてないです(笑)。
はな
放映されるまで信じない(笑)。
TOMO-ZO
撮影したのに、放映されるまで信じないようにしようって(笑)。

『どっきり』じゃないんですから(笑)。そして、もう1曲が「アルブスの少女」なのですが、先にタイトルを決めたパターン?

オレオ
そうです。さすが!

コミカルに描いているけど、これは女子の怒りの声ですか?

オレオ
ブスでも頑張って生きていればいい、大事なのは中身なんだ!って。人は見た目じゃない、と。

去年から温めていた曲とのことでしたが、そこから変化もなく?

はな
いや、また違った感じの曲だったんですけど、アレンジを詰めていく段階で…タイトルは先にあったんですけど、歌詞がなかったんですよ。歌詞は面白いものにしたくて、すごく煮詰めて作ったんで、歌詞によってアレンジも変わったりしました。歌詞ができてギターの立ち位置を変えたりもしたから、歌詞とアレンジと並行して作業していた感じですね。

メタルバンド顔負けの超絶テクが炸裂するし、ポップなブロックもあって、目まぐるしく表情が変わっていくというGacharic Spinの持ち味が1曲に凝縮されたような曲になっているのですが、この展開、どうやって作っていったのですか?

チョッパー
閃いたんですよ(笑)。
はな
ポーン!ってできたんです(笑)。Aメロ、Bメロ、サビっていう構成じゃなくて、よく分からない構成になってるんですけど、すごく面白いものになったから良かったなって。
TOMO-ZO
最後のヨーデルっぽい部分も急遽変えたりとかね。
はな
イントロのアルトフォルンも最後のほうで付け足しましたし。

じゃあ、結構完成までに時間がかかった?

はな
いや、悩んだり、煮詰まることはなかったですね。歌詞を考えつつ、“そういう歌詞になるんだったら、ここのアレンジはこう変えよう”という感じだったんですよ。
TOMO-ZO
いろんなことをやろう!って、どんどん挑戦しながらやってましたね。
はな
だから、すごく楽しみながらやってました。

そんな感じはしますよ。例えば、粘土で恐竜を作っていたら、角や牙や翼を付けて足したりして、すごい怪獣になったみたいな。

はな
そんな感じです(笑)。

歌詞の内容も、もちろんタイトルから導き出されたのですか?

はな
タイトルから各々が思う歌詞を書いていきました。
チョッパー
“各々が思う”って言うと体験談っぽくてヤバい(笑)。
オレオ
私のほうを向いて言わないでよ(笑)。

この歌詞をみんなで考えるのも楽しそう。

はな
楽しかったんですけど、アレンジよりも時間がかかりましたね。
チョッパー
“アルブスの少女”というタイトルにパンチがあるから、やさしい歌詞にはしたくなくて。どうしても“ブス”って言葉自体がネガティブにとらわれちゃうじゃないですか。でも、Gacharic Spinらしく、前向きなメッセージがあるというか、逆の意味にとらえられるものしたかったんですよ。それでいて、クスッと笑えるという。そのバランスをとるのがすごく難しかった。1回聴いただけで耳に残る言葉も入れたいし。
はな
おちゃらけているようで、すごく前向きっていう。
チョッパー
うんうん。すでにライヴでやってるんですけど、女の子受けがいいんですよ。笑いながら聴いて、すごく盛り上がってくれますね。

この曲、レコーディングも大変だったのでは?

チョッパー
大変でしたー。Gacharic Spinっていつもそうなんですけど、常に時間がないから、ゆっくり練習して体に染み込ませてからレコーディングするっていうふうにはならないので、いくぞー!っていう感じでした(笑)。
TOMO-ZO
勢いで(笑)。
オレオ
ラップで喉を枯らしました。いろんなテイクを録ったんで。《あっそうなんだ…》ってところで勢い余って吹いちゃったんですよ。使われると思ってなかったんですけど、あれがいいってことになって(笑)。
チョッパー
あそこ面白いー。あれ、リアルだよね。
TOMO-ZO
早口言葉もすごいよね。
オレオ
楽器よりも練習したから(笑)。

この曲は展開が激しいのですが、ダンサーズはどういう振り付けを?

まい
「シャキシャキして!!」とは真逆で、歌詞に合わせた振り付けになってます。サビは同じ動きを繰り返していて、《つけまつげ〜》のところはみんなで一緒に踊れるようにしているんですけど、1番と2番は歌詞に合わせて違う振り付けになっています。最初はお客さんに難しいって言われてたんですけど、ライヴでやっているうちに楽しいって言ってもらえるようになってきました。
ねんね
今回のツアーの衣装もこだわっていて…LEDで光るようになっているので、衣装も面白くなっています。光らせるタイミングをみんなで合わせる練習もいっぱいしました(笑)。

面白いってなると、この曲のMVですね。

チョッパー
何回でも観てもらえるMVを作りたいっていうことで、何個か案があった中、私たちもガールズバンドだし、“きれいになりたい”っていうところから、顔ヨガのMVにすればテーマと合うし、何回も観ているうちに一緒にきれいになれるよねって。しかも、MVには隠しメッセージがあるんですよ。面白いんだけど最後にはちゃんと前向きなメッセージがあるという。
オレオ
最後のほうは顔がピクピクしてましたけど(笑)。
TOMO-ZO
顎がガクガクしてくるし(笑)。
オレオ
でも、顔ヨガをやってた期間、みんなの表情がほがらかになったんですよ。パソコンで作業している時のはなちゃんの口角が上がってて(笑)、“なんか嬉しいことあったのかな”って思うくらい。それって見ているほうも難しい顔してやってるよりもいいというか…
チョッパー
こっちもクスッと笑っちゃう(笑)。どっちも笑顔になる。
オレオ
ハッピーが伝染するっていうかね。なので、ずっと続けようと思いました。
チョッパー
思っただけ?
オレオ
頑張ります…。

今回のシングルは6形態でリリースされて、初回生産限定盤のType-Aには「アルブスの少女」のMVとロックンロール顔ヨガのメイキングが、Type-BからEまでにはそれぞれに違った既発曲のアコースティックバージョンを収録されているので、“Gacharic Spinを楽しんで!”みたいなシングルになりましたね。

チョッパー
そうですね。毎回闘っていると思われるかもしれないですけど(笑)、これが勝負の一枚になると思うんですよ。CMでも流れるし。そういう意味では、Gacharic Spinをまたここで知ってもらうための一枚にはなったかなって。プレイヤーの部分とおバカな部分があって、メッセージ性もある…私たちはCDで完結するんじゃなくて、ライヴでダンサーの振り付けが入って完成するっていう考えなので、このCDでGacharic Spinを気になった人が、ライヴに来てくれたらいいなって思いますね。
ねんね
CDを聴いて“ふたりのパフォーマーはどんなダンスや振り付けをしているのかな”ってイメージして、ライヴに足を運んでほしいですね。
まい
ダンスはライヴでしか観てもらえないので、ライヴに来て一緒に踊って楽しんでもらえればと思いますね。あと、アコースティックバージョンは6人で録ったので、そちらも聴いてもらいたいです。
はな
アコースティックバージョンは頑張ってカホンを叩いたので手が腫れました(笑)。今回のシングルは自分的には…まぁ、攻撃的で激しいサウンドなんですけど、どの曲もハッピーになれるって思ってます。
TOMO-ZO
初回生産限定盤だと「シャキシャキして!!」と「アルブスの少女」とアコースティックバージョンで、Gacharic Spinの全然違う部分を聴いてもらえるから、その3曲だけでも振り幅になった思うし、それを聴いてライヴに来てもらえると、さらなる振り幅が見られるので、ぜひライヴに足を運んでほしいですね。
オレオ
『メガシャキ』のCMきっかけで入ってきてくれる人もたくさんいると思うんですけど、「シャキシャキして!!」のアッパーな感じから「アルブスの少女」では…結構、「アルプスの少女」に間違えられるんですけど、“アルブス”って何を歌ってるの?って思った人をびっくりさせられると思うし、さらにアコースティックもあるんで、オレオ様のギャップが垣間見れるという。ギャップ詰めのシングルです。なので、聴け~~~!(笑)

このシングルを出したあとの予定は?

チョッパー
今は制作期間中ですね! あとはツアー?
TOMO-ZO
10月にツアーを回ります!
オレオ
そのファイナルがTOKYO DOME CITY HALLなんですよ。
TOMO-ZO
AKB48を観に行ったことがある!! 今度は私たちがあのステージに立つという。
チョッパー
あと、9月にはShibuya WWWで連続7日間ライヴもあって…これはツーマンなんですけど、楽しみだけど、恐ろしい(笑)。
「シャキシャキして!! / アルブスの少女」2016年06月22日発売ビクターエンタテインメント
    • 【初回生産限定盤Type-A(DVD付)】
    • VIZL-987 1800円
    • 【初回生産限定盤Type-B】
    • VICL-37178 1300円
    • 【初回生産限定盤Type-C】
    • VICL-37179 1300円
    • 【初回生産限定盤Type-D】
    • VICL-37180 1300円
    • 【初回生産限定盤Type-E】
    • VICL-37181 1300円
    • 【通常盤】
    • VICL-37182 1000円
Gacharic Spin プロフィール

ガチャリックスピン:リーダーのF チョッパー KOGAをはじめ、はな、TOMO-ZO、オレオレオナ、yuri、アンジェリーナ1/3、6人からなる全力エンターテイメントガールズバンド。年間 100 本以上のライヴをこなし、国内のみならず海外のフェスやイベントにも出演。2019年3月に発売のベストアルバム『ガチャっ10BEST』のジャケットには、手塚プロダクションとのコラボレーションが実現! ピンチをチャンスに変えてきたGacharic Spinのイメージにぴったりの不死鳥と一緒に10周年に挑む!!Gacharic Spin オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。