柿澤勇人がMETライブビューイング20
22-23 《椿姫》の魅力を語る トーク
イベント付き先行上映会 開催リポー

2022年12月9日(金)東劇で開催されたMETライブビューイング2022-23《椿姫》のスペシャルトークイベントに、柿澤勇人が登壇した。
柿澤勇人
ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(通称:MET(メト)の世界最高峰の最新オペラ公演を大スクリーンで楽しむMETメトライブビューイング。現在、最新の2022-23シーズンが絶賛“開演”中だ。
第2作目には、人生で一度は観るべき泣けるオペラとして高い人気を誇るヴェルディ《椿姫》を12月16日(金)~22日(木)に全国公開。(※東劇のみ1/5(木)までの3週上映)トニー賞受賞演出家マイケル・メイヤーはじめ、ブロードウェイのクリエイターたちによる華麗な演出と旬のスター歌手陣で贈る名舞台となっている。
劇団四季の出身で在団中にミュージカル『春のめざめ』などで主演を務め、退団後も舞台や映画など幅広い分野で活躍中の柿澤。話題の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で演じた源実朝役に集中していたと今年1年を振り返り、トークが始まった。
今回の《椿姫》で演出を手掛けたマイケル・メイヤーのミュージカル『春のめざめ』で主役に抜擢された経験がある柿澤は、メイヤーの演出について「セットが絵画のように見えて、かっこいいし、綺麗でお洒落でセンスがいい。」と熱く語った。
柿澤勇人
今回の《椿姫》での好きなシーンは? という質問には、「冒頭のパーティーのシーンの衣装やセットが本当に見入ってしまうような色使いで、お金かけたんだろうなぁ~(笑)。」と世界最高峰の舞台に感激した様子。「メイヤーの春夏秋冬をイメージした四季の移ろいで、人間関係をリンクさせている」と演出にも注目していた。
柿澤勇人
今回、主役のソプラノが涙を流しながら熱演している様子を受け「ミュージカルでも涙を流しながら演じるのは難しいからこそ、声が命のオペラで泣きながら演じるのはすごい技術だと思う」と感心。
学生時代には、実際にニューヨークのメトロポリタン歌劇場に訪れたことがあり、「規模がとても大きく、METの前の噴水に行くとテンションが上がる」。当時観た『ライオンキング』の演出家ジュリー・テイモア演出の《魔笛》については「日本の伝統芸能からインスパイアされた演出がすごく印象に残っています。」と語った。
柿澤勇人
また「オペラは声が命で、音が外れるとブーイングや役を下ろされることが普通にあると聞いて驚いた」と劇団四季の創立メンバーであり、オペラ公演の演出も手掛けた恩師である浅利慶太からの言葉を振り返る場面も。
フォトセッションでも会場のファンににこやかに手を振り、トークイベントは終了となった。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着