REPORT / ZIN ONE-MAN LIVE “RUN”
仲間やコミュニティへの愛に溢れた
一夜。ZINが作り上げた濃密なワンマ
ン公演『RUN』をレポート

Text by Takazumi Hosaka
Photo by TOYOHIRO MATSUSHIMA
Styling by Daisuke Deguchi

10月26日(水)、SSWのZINがワンマン・ライブ『RUN』を東京・渋谷WWWにて開催した。

SIRUPやMori Zentaroを擁するアーティスト・コレクティブ、Soulflexの一員としても知られるZIN。ワンマン・ライブは昨年東京、大阪で開催された『Ginger』からおよそ1年ぶり。開演前から会場前には長蛇の列ができており、少しだけ遅れてフロアに入ると、そこには薄暗い照明と、FKDによるアンビエントな音響演出に包まれた空間が広がっていた。
定刻からやや遅れてZINを含むメンバーが登場し、荘厳なアレンジの「Pouring rain」をイントロ代わりに、そのままヘヴィなグルーヴの「Just me」へと流れ込む。ファルセットと低音を使い分けるボーカル・ワーク、D’Angeloを筆頭にSoulflexのロール・モデルとなったSoulquariansの面々を想起させる、むせ返すようなソウルネスに思わず圧倒された。

この日のバンド・メンバーは井上惇志(Key. / showmore)、Keity(Ba. / LUCKY TAPES)、朝田拓馬(Gt.)、タイヘイ(Ds. / Shunské G & The Peas)、山田丈造(Tr. / Shunské G & The Peas)、KenT(Sax, Fl. / Soulflex)という盤石の面々に加え、急遽参加できなくなったというJYONGRIに代わり、コーラスにAillを迎えた豪華編成。重厚感溢れるアレンジの「The Sign」、初期の楽曲「Tell me you love me」ではスモーキーな曲調が中盤から一転、軽快なギター・カッティングとブラスが牽引するファンキーな展開に。「みなさん、楽しんでますか?」とZIN本人もオーディエンスを煽り、シャウトまで飛び出す。
「Tell me you love me」のアウトロからシームレスに繋がる形で再び「Just Me」の特徴的なフレーズが聴こえてくる。今度はジャジーなアレンジで鳴らされ、先程とは全く別の曲かのよう。ライブ巧者ならではの遊び心溢れる展開から「相愛」へ。スタジオ音源では4つ打ちのダンサブルなナンバーだが、グッとBPMを落としてムーディなネオソウルにアレンジ。いぶし銀なギター・ソロも加わると、ZINのボーカルもより一層熱を帯びていく。続く「Let Me Love You」も原曲とは大きく異るパーカッシブなアフロビーツのようなリズムに刷新。どの曲もライブならではのアレンジで新鮮な印象を与えてくれる。
「ちょっと疲れたな(笑)。みんな疲れてない?」「今日は来てくれてありがとうございます」と軽くMCを挟んで、「秋のジャズを」との言葉と共に井上惇志が美しい鍵盤を奏でる。そこに入ってくるのは、「あれは中2の夏でしたね……」というまさかのZINの思い出語り。オーディエンスの笑いも誘いつつ、跳ねるようなグルーヴで踊らせる「FWB」へとなだれ込む。ドラマー・タイヘイとベーシスト・Keityの見せ場も作りつつ、この日のひとつ大きなピークを作り上げた。
「みんなは何を失ったら怖いですか」という問いかけに続いて語られたのは、今年の夏に感じたという自分の無力さ、苛立ち、喪失。そのときに生まれた楽曲であり、改めて音楽の力強さを再確認したという「If I Lose」では、シンプルな構成でその剥き出しの感情をストレートに表現。そして単独名義では現時点での最新シングルとなる「Midnight Run」、祝祭感溢れる「On My Shoulder」からライブはラストスパートへ。

ドラマー・タイヘイとの深夜の長電話から開催を決断できたという今回のワンマン公演。そこで感じた一歩踏み出すことの勇気、そして仲間やオーディエンスへと感謝を告げ、披露されたのは「Buddies」。様々な形の愛に溢れた歌唱、演奏に、思わずマスク越しに声が漏れてしまう人も多かっただろう。会場が一体となるのを感じた。
本編最後はまさかの新曲。ミドル・テンポのファンクネスが香る1曲で、じわじわと熱を帯びていく展開が素晴らしい。曲終わり、繰り返されるコーラス、フレーズの中、徐々にメンバーがステージ袖へと捌けていく。各楽器の音が少しずつ減っていき、最後はZINのアカペラのみで美しいラストを飾った。

アンコールは「Ghost」「Understand」の2曲。フルートの音色が印象的に鳴り響くメロウ・チューン「Ghost」、瑞々しいピアノの音色や余白の作り方が見事な「Understand」で終幕。およそ1時間半にわたって濃密な時間を展開した本公演。ここで感じたのは、自身の弱さや脆さも包み隠すことなくさらけ出し、そしてそれを救ってくれる仲間への愛も惜しみなく表現する、ZINというアーティストの人間臭さ。だからこそ、彼の音楽はこんなにも温かく響き、多くの人を魅了するのだろう。そんな当たり前のことを再確認できた一夜だった。
ZIN ONE-MAN LIVE “RUN” Setlist
01. Pouring Rain (Intro)
02. Just Me
03. The Sign
04. Tell me you love me
05. Just Me (Jazz edit)
06. 相愛
07. Let me love you
– MC –
08. FWB
09. Walk-in closet
10. Green Girl
– MC –
11. If I Lose
12. Midnight Run
13. On My Shoulder
14. Buddies
15. Please Don’t Go Too Fast
ENCORE
01. Ghost
02. Understand
【イベント情報】

ZIN ONE-MAN LIVE 『RUN』

日時:2022年10月26日(水) OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京・渋谷 WWW
出演:
ZIN

with
井上惇志(Key.)
タイヘイ(Dr.)
Keity(Ba.)
朝田拓馬(Gt.)
KenT(Sax.)
山田丈造(Tr.)
Aill(Backing Vocals)

■ZIN: Twitter(https://twitter.com/ZIN_SOUL) / Instagram(https://www.instagram.com/zin_soul/)
Text by Takazumi Hosaka
Photo by TOYOHIRO MATSUSHIMA
Styling by Daisuke Deguchi

10月26日(水)、SSWのZINがワンマン・ライブ『RUN』を東京・渋谷WWWにて開催した。

SIRUPやMori Zentaroを擁するアーティスト・コレクティブ、Soulflexの一員としても知られるZIN。ワンマン・ライブは昨年東京、大阪で開催された『Ginger』からおよそ1年ぶり。開演前から会場前には長蛇の列ができており、少しだけ遅れてフロアに入ると、そこには薄暗い照明と、FKDによるアンビエントな音響演出に包まれた空間が広がっていた。
定刻からやや遅れてZINを含むメンバーが登場し、荘厳なアレンジの「Pouring rain」をイントロ代わりに、そのままヘヴィなグルーヴの「Just me」へと流れ込む。ファルセットと低音を使い分けるボーカル・ワーク、D’Angeloを筆頭にSoulflexのロール・モデルとなったSoulquariansの面々を想起させる、むせ返すようなソウルネスに思わず圧倒された。

この日のバンド・メンバーは井上惇志(Key. / showmore)、Keity(Ba. / LUCKY TAPES)、朝田拓馬(Gt.)、タイヘイ(Ds. / Shunské G & The Peas)、山田丈造(Tr. / Shunské G & The Peas)、KenT(Sax, Fl. / Soulflex)という盤石の面々に加え、急遽参加できなくなったというJYONGRIに代わり、コーラスにAillを迎えた豪華編成。重厚感溢れるアレンジの「The Sign」、初期の楽曲「Tell me you love me」ではスモーキーな曲調が中盤から一転、軽快なギター・カッティングとブラスが牽引するファンキーな展開に。「みなさん、楽しんでますか?」とZIN本人もオーディエンスを煽り、シャウトまで飛び出す。
「Tell me you love me」のアウトロからシームレスに繋がる形で再び「Just Me」の特徴的なフレーズが聴こえてくる。今度はジャジーなアレンジで鳴らされ、先程とは全く別の曲かのよう。ライブ巧者ならではの遊び心溢れる展開から「相愛」へ。スタジオ音源では4つ打ちのダンサブルなナンバーだが、グッとBPMを落としてムーディなネオソウルにアレンジ。いぶし銀なギター・ソロも加わると、ZINのボーカルもより一層熱を帯びていく。続く「Let Me Love You」も原曲とは大きく異るパーカッシブなアフロビーツのようなリズムに刷新。どの曲もライブならではのアレンジで新鮮な印象を与えてくれる。
「ちょっと疲れたな(笑)。みんな疲れてない?」「今日は来てくれてありがとうございます」と軽くMCを挟んで、「秋のジャズを」との言葉と共に井上惇志が美しい鍵盤を奏でる。そこに入ってくるのは、「あれは中2の夏でしたね……」というまさかのZINの思い出語り。オーディエンスの笑いも誘いつつ、跳ねるようなグルーヴで踊らせる「FWB」へとなだれ込む。ドラマー・タイヘイとベーシスト・Keityの見せ場も作りつつ、この日のひとつ大きなピークを作り上げた。
「みんなは何を失ったら怖いですか」という問いかけに続いて語られたのは、今年の夏に感じたという自分の無力さ、苛立ち、喪失。そのときに生まれた楽曲であり、改めて音楽の力強さを再確認したという「If I Lose」では、シンプルな構成でその剥き出しの感情をストレートに表現。そして単独名義では現時点での最新シングルとなる「Midnight Run」、祝祭感溢れる「On My Shoulder」からライブはラストスパートへ。

ドラマー・タイヘイとの深夜の長電話から開催を決断できたという今回のワンマン公演。そこで感じた一歩踏み出すことの勇気、そして仲間やオーディエンスへと感謝を告げ、披露されたのは「Buddies」。様々な形の愛に溢れた歌唱、演奏に、思わずマスク越しに声が漏れてしまう人も多かっただろう。会場が一体となるのを感じた。
本編最後はまさかの新曲。ミドル・テンポのファンクネスが香る1曲で、じわじわと熱を帯びていく展開が素晴らしい。曲終わり、繰り返されるコーラス、フレーズの中、徐々にメンバーがステージ袖へと捌けていく。各楽器の音が少しずつ減っていき、最後はZINのアカペラのみで美しいラストを飾った。

アンコールは「Ghost」「Understand」の2曲。フルートの音色が印象的に鳴り響くメロウ・チューン「Ghost」、瑞々しいピアノの音色や余白の作り方が見事な「Understand」で終幕。およそ1時間半にわたって濃密な時間を展開した本公演。ここで感じたのは、自身の弱さや脆さも包み隠すことなくさらけ出し、そしてそれを救ってくれる仲間への愛も惜しみなく表現する、ZINというアーティストの人間臭さ。だからこそ、彼の音楽はこんなにも温かく響き、多くの人を魅了するのだろう。そんな当たり前のことを再確認できた一夜だった。
ZIN ONE-MAN LIVE “RUN” Setlist
01. Pouring Rain (Intro)
02. Just Me
03. The Sign
04. Tell me you love me
05. Just Me (Jazz edit)
06. 相愛
07. Let me love you
– MC –
08. FWB
09. Walk-in closet
10. Green Girl
– MC –
11. If I Lose
12. Midnight Run
13. On My Shoulder
14. Buddies
15. Please Don’t Go Too Fast
ENCORE
01. Ghost
02. Understand
【イベント情報】

ZIN ONE-MAN LIVE 『RUN』

日時:2022年10月26日(水) OPEN 19:00 / START 20:00
会場:東京・渋谷 WWW
出演:
ZIN

with
井上惇志(Key.)
タイヘイ(Dr.)
Keity(Ba.)
朝田拓馬(Gt.)
KenT(Sax.)
山田丈造(Tr.)
Aill(Backing Vocals)

■ZIN: Twitter(https://twitter.com/ZIN_SOUL) / Instagram(https://www.instagram.com/zin_soul/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」