SING SING RABBIT、endy jaugwokyin

SING SING RABBIT、endy jaugwokyin

香港出身歌手・SING SING RABBITと
endy jaugwokyinが、
日本語でデュエット曲「恋花」を配信

香港でメディアの枠組を越えて活躍するクリエイターであり歌手でもあるSING SING RABBIT(シンシン・ラビット)が、同郷の有名な歌手であるendy jaugwokyin(エンディ ザーウグヲクイン)との日本語でのデュエット曲「恋花}を10月20日(水)にデジタルリリースした。

2019年に日本デビューを予定していたものの、世界的なコロナウイルス拡大によりデビューが延期されていたSING SING RABBIT。この間、彼女は日本デビューに向けて、創作活動、レコーディングなど多方面で準備を着々と続け、2019 年末に「恋花」を完成させ、その後2年間に渡ってレコーディングを行なったという意欲作。

この2年に及ぶレコーディングでは、完璧な一曲を求めて日本語の正確な発音を修得。
互いに想いながらも会うことが叶わない、人生の切なさを込めた一曲を歌い上げた。

また、レコーディング中に男性歌手とデュエットすることを思いついたというSING SING RABBITは、その相手として同郷の俳優で歌手としても活躍するendy jaugwokyinを迎えた。

SING SING RABBITとendy jaugwokyinは、以前から知り合いであったものの今まで交わることはなかったが、SING SING RABBIT の親友の協力を得て、再会を果たしオファーに至った。

endy jaugwokyinは、SING SING RABBITの日本で音楽活動をするという新たな挑戦を知り、音楽に対する情熱と新たな夢に向かって進む姿に賛同し、この奇跡的な夢のデュエットが生まれた。

SING SING RABBIT とendy jaugwokyinが長い時を経て再会を果たしたことは、まさに『恋花」の 歌詞のようで、私たちに出会いとは何かを問いかけているようでもある。

2人の見事な歌声と歌詞に込められた、男女の交錯した想いに注目してほしい1曲となっている。

「恋花」MV

配信シングル「恋花」2022年10月20日(水)配信
SING SING RABBIT、endy jaugwokyin

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着