【ライブレポート】藤あや子、35周年
記念・初のビルボードライブは“演歌
なし和装なし”のプレミアムショー

今年デビュー35周年を迎えた藤あや子が、9月28日(水)神奈川・ビルボードライブ横浜にて洋楽&邦楽ポップスカバーやジャズナンバーで彩る一夜限りのプレミアムショー<藤あや子 35th Anniversary Live “THE SHOW TIME” Supported by MUSIC ON! TV>を開催した。オフィシャルレポートをお届けする。

藤あや子のデビュー35周年を記念して、ビルボードライブ横浜で行われたスペシャルライブ。“演歌なし和装なし”で、ジャズを含め洋楽や邦楽のカバーを中心とした一夜限りの特別なセットリスト。会場に足を踏み入れると流れてきたBGMは“Bruno Mars”。藤が大好きなアーティストで自らがチョイス。これまでの藤のライブにはない会場の雰囲気に期待も高まる。
静かに響くピアノソロから深紅のドレス姿で登場した藤、1曲目は井上陽水「ジェラシー」でスタート。普段のコンサートとは全く違う藤のヴォーカルに、すぐさま引き込まれていく観客。続く2曲目は、大好きな山口百恵の「謝肉祭」、挨拶のMCをはさんで、久保田早紀の「異邦人」と、横浜にふさわしいエキゾチックな空気を湛えた楽曲をつづけて披露。

この日のために結成されたスペシャルバンドによる「Billy Boy」の演奏のが終わると、大胆なスリットの入った黒いドレスに着替えて再び登場。ここからは、ビルボードライブならではのJAZZパートへ。
2013年にリリースされたジャズアルバム『THE SHOW TIME』に収録された中から、スタンダードナンバー4曲と、“藤あや子の演歌”の真骨頂ともいえる代表曲「雪 深深」のジャズヴァージョンをセレクト。スモーキーなボーカルを聴かせたり、「My Heart Belongs Daddy」ではマリリン・モンローに負けず劣らずのコケティッシュな仕草を見せたり、バンドの演奏にリラックスして体を揺らしたり……藤あや子自ら、一夜限りのSHOW TIMEを楽しんでいる。

友人でもあるゲストギタリストの原田喧太を迎えたライブ後半、真っ白なパンツスーツ姿で再び登場した藤。ここでなんと、あいみょんの「裸の心」をカバー! あいみょんのことはデビュー当時から大好きだったそうで、最近リリースされたニューアルバムを含めて、日頃からよく聴いているという。さっきまでのJAZZパートのアダルトな妖艶さとは打って変わり、恋が実りますようにと祈るように切々と歌う藤の歌声が瑞々しい。
そして、最新曲「鳥」。南こうせつ作曲のこの曲、去り行く恋人への想いを込めた歌声とバイオリンの響きが切なく重なり合う。そして本編ラストの曲は、自身のペンネーム「小野彩(このさい)」名義で作詞作曲した「満月一夜」。日本を代表するギタリスト・原田喧太のブルージーなギターが響き渡る中、満面の笑顔で感謝を伝えながらステージを下りた。

鳴りやまない拍手の中再び登場した藤。アンコールで届けられたのは「Angel」。藤が最も愛する、エアロスミスの珠玉のロックバラード。少女の頃から憧れ続ける世界的ロックバンドの名曲を、リスペクトを込めて自身のアニバーサリーライブで歌い上げ、新たな挑戦となったプレミアムなライブは観客の盛大な拍手の中、幕を降ろした。

こうして、自身のキャリアで初となるビルボードライブ公演は、大盛況のうちに終了した。このプレミアムライブの模様とスペシャルインタビューが、MUSIC ON! TVで独占オンエアされる。

撮影:Masashige Ogata

「藤あや子 35th Anniversary Live “
THE SHOW TIME” Supported by MUSIC
ON! TV」

放送:MUSIC ON! TV
放送日時:11月27日(日)15:00~16:30

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着