L→R シャラク(VOICECODER)、フクスケ(TALBO-1)、リウ(TALBO-2)

L→R シャラク(VOICECODER)、フクスケ(TALBO-1)、リウ(TALBO-2)

【メトロノーム インタビュー】
自分的には今作はとても
メトロノームらしいと思っている

3人の個性がまんま出ているから
音楽的な幅がまた広がった

アルバムにはスピーディで勢いがあるのにサビのメロディーはキャッチーでさわやかさすらある「失敗だ傑作だ」、ファンタジックな世界観の「シナスタジア」が収録されていたりと、メトロノームのテクノポップなサウンドをベースにバリエーションに富んだ曲が収録されていますが、お互いに驚いた曲や新鮮だった曲はありますか?

シャラク
7曲目の「夢の始まり」はサビがカッコ良いなって。

イントロにジミヘンばりのギターが入ってくるフクスケさん曲ですね。

シャラク
今まで手持ちのマイクで歌っていたんですが、この曲はライヴでマイクスタンドを使って歌いたいっていう想像が広がった曲ですね。サビのギターサウンドがすごくロックな感じで自分的に好きです。
フクスケ
僕は「カルマ」です。間奏で信じられないぐらいにカッコ良い僕のギターソロが出てくるんですが、そこでテンポチェンジするので“俺がカッコ良いソロを弾くためにアレンジしてくれたんだな”って(笑)。“リウ、ありがとう!”っていう気持ちですね。
リウ
本当はもっとループを足そうと思っていたんですが、想像を超えるギターソロを入れてくれたので、間奏はシンプルなアレンジにしました。ライヴでやるのが楽しみですね。テンポチェンジだけじゃなく転調もかなりしていて、ちょっと変わった雰囲気にしたいと思って作った曲です。

リウさんから見て新鮮だった曲は?

リウ
会場限定発売と先行配信された「阿ッとして吽」ですね。当初はエレキベースを弾いていたんですが、MV撮影の時にキングレコードの齋藤さんから背景のセットを考えるとアップライトベースのほうが合うと思うって提案されたので、シャラクくんの承諾を得てアルバムでもアップライトを弾いています。フレーズは同じでも楽器の性質が全然違うので、ふたつのバージョンが楽しめるんじゃないかと。

歌詞だと「夢の始まり」「少年」が切ないゾーンですよね。

リウ
曲順は僕がアイディアを出したんですが、最初に言われたようにいろいろな色の曲が揃っているので、一気に聴けるように構成を考えたら、その2曲は後半になったんですよ。アルバムのクライマックスは7曲目から9曲目の「夢の始まり」「少年」「明日もきっとやってくる」の3曲なんじゃないかと思います。

刺さってくる歌詞が続くんですよね。

フクスケ
自分が書く歌詞はその時の気分に多少寄っていってしまうので、コロナ禍で感じた部分も入っていると思っています。「明日もきっとやってくる」では最後に《大丈夫 明日もきっとやってはくるから》と書いていますが、“明日もあって良かったな”っていう心境ですね。

そんなセクションを挟んで最後はシャラクさんの書いたパンキッシュな「日常的な帰結」と「あゝ諸事情」で締め括られるという。

シャラク
「日常的な帰結」はパパッと作るとこういう曲になるんですよ。とにかく速い曲が好きなので、シンプルで自分の基本となる曲なのかもしれないですね。

「あゝ諸事情」の最後の歌詞は《凪を待ってはまた日が暮れる》なので、この言葉でアルバムが終わるんですよね。

シャラク
語りが入った曲が欲しいと思って作ったんです。サビがあることによって普通の曲になっちゃったかなと思ったんですけど、いい感じのバランスになったのかもしれない。
フクスケ
自分的には今作はとてもメトロノームらしいと思っているので、そこまで誰かの気持ちに乗っかっていない気がするんですよね。「あゝ諸事情」を聴いた時、こんな曲でアルバムが終わるバンドってなかなかいないと思ったんですけど“あぁ、これでいいんだな”って。と同時に“終わっちゃった”みたいな余韻もあって、メトロノームじゃないとできないなって。イントロがチッチッチと鳴って始まるのは“ここ必要かな?”って思いましたけど(笑)。
リウ
うん、思った(笑)。
フクスケ
でも、そういうところがメトロノームらしいんですよね。本当に回遊って感じがしますね。

コロナ禍でポジティブなメッセージソングが多く出回っている中、メトロノームは自分のダメダメな部分を歌っていることもあって、“頑張れ!”と言うよりも気が楽になります。

フクスケ
そう思ってもらえたら良かったです。

再始動して6年目、意識しなくてもメトロノームらしは滲み出てしまう境地に達しているんですかね。

フクスケ
前からそういう面はありましたけどね。今回はメンバー各自の個性がそのまんま出てるから、いろいろな曲が収録されたのかもしれないですね。前々から3人がバラバラなのが面白かったんですけど、より分かりやすくジャンルが広がった感じがしますね。

では、最後に9月から始まるアルバム発売ワンマンツアー『阿吽回廊』に向けての予告をお願いします。

フクスケ
そうですね。新型コロナの影響でツアーに出られなくなって…名阪はイベントで行ったんですが、ツアーは久しぶりなんですね。実物のメトロノームが観れて直に音が聴ける、それが一番だと僕は思っているので、最初から最後までメトロノームらしいライヴになると思います。

取材:山本弘子

アルバム『阿吽回廊』2022年8月24日発売 KING RECORDS
    • 【初回限定メト箱仕様】(CD+Blu-ray)
    • KICS-94079
    • ¥7,700(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • KICS-4079
    • ¥3,300(税込)

ライヴ情報

『NEW アルバム発売ワンマンツアー「阿吽回廊」』
9/11(日) 東京・池袋Club Mixa
9/17(土) 愛知・名古屋 SPADE BOX
9/18(日) 大阪・梅田シャングリラ
10/16(日) 東京・赤羽ReNY alpha

メトロノーム プロフィール

メトロノーム:1998年結成。東京を中心に活動開始。メンバー全員が黒/黄の衣装を着用しており、音楽性はテクノポップの影響下にある独自のサウンドをプレイ。ニューウェイヴやパンクロックからの影響も感じさせる唯一無二の個性を放つJ-ROCK/POPバンド。09年5月31日の渋谷C.C.Lemonホールでのライヴを最後に無期限活動停止となったが、16年9月19日、チケットが瞬殺となった満員のZepp Tokyoワンマンライヴで再起動(活動再開)。18年に結成20周年を迎え、21年には再活動5周年を迎え、同年12月にライヴベスト+新曲の2枚組スペシャルアルバム『5th狂逸インパクト』をリリース。そして、翌22年8月にはオリジナルアルバム『阿吽回廊』を発表した。メトロノーム オフィシャルHP

「阿ッとして吽」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着