2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'

2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'

【メトロノーム ライヴレポート】
『冬季巡礼ファイナル
「醍醐味カルチベート」
メーDAY X'mas』
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'

2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
2019年12月22日 at 川崎CLUB CITTA'
 最初のMCで早速“誰ひとり欠けることなく、この日を迎えられて良かった…”とネタにしていたが、フクスケ(TALBO-1)がインフルエンザに罹患したことで、彼が福岡と広島公演を欠席することになった今回のツアー。バンドにとっては決して小さくないアクシデントではあっただろうけど、本人も言っていた通り、このツアーは何年経っても忘れられないものとなったようだ。彼は欠席の鬱憤を晴らすかのようにいつにも増して激しく動き回っていたような気がする。

 ヴォーカルを含めてデジタル音を大胆にあしらったメトロノームのサウンド。8ビットゲーム風の開演前場内SEはその象徴といった感じだが、ライヴではフィジカルが目立つ。とりわけフクスケ(TALBO-1)、リウ(TALBO-2)のプレイは実にエモーショナルで、躍動感にあふれている。この日もオープニングからそのテクニックをまざまざと見せつけられた。スラップベースが享楽的なノリを際立たせる「テンションゲーム」、メタル系のラウドなギターサウンドでガツンと迫る「戻れぬ世界で」と、ニューアルバム『確率論≠paradox』からのアップチューン2連発は、このバンドの潜在能力を示すに最良の選択であったように思う。MCでは脱力系なところを見せるシャラク(VOICECORDER)も歌声は凛としていて、芯のあるところも提示。何より彼の歌は歌詞をおざなりにしている感じがしないところがいい。「弊帚トリムルティ」や「まだ見ぬ世界」などの言葉の強さが、このライヴでもしっかりと確認できた。

 また、これもまた彼らがテクニカルなバンドであることの証であろうが、バラエティー豊かな楽曲を揃えているので、ライヴ自体に絶妙な緩急がある。「憂国の空」や「そうだ手紙を書こう」のようにメロディーの立ったものがある一方で、本編後半で観客を煽った「MATSURI」(お祭りビート)→「三つ数えろ」&「孤独氏」(エッジーで高BPM)→「Hello Stranger」(パンク)→「忘れん坊」(スラッシュメタル)と、疾走感を維持しつつも聴いている者を飽きさせない構成にはライヴバンドの風格すら感じられた。圧巻はアンコール終盤。アンサンブルの妙味を発揮しながらも、小難しく感じさせないポップなダンスチューンに落とし込む辺りはお見事だった。

撮影:Takumi Nakajima/取材:帆苅智之


セットリスト

  1. SE. ニイチ点時空論
  2. 1. テンションゲーム
  3. 2. 戻れぬ世界で
  4. 3. ギミックス
  5. 4. 東京バビロン
  6. 5. ぞんび君
  7. 6. さくらん
  8. 7. 暗いbaby
  9. 8. 憂国の空
  10. 9. 脳内消去
  11. 10. 楽観ばっか
  12. 11. 弊帚トリムルティ
  13. 12. そうだ手紙を書こう
  14. 13. MATSURI
  15. 14. 三つ数えろ
  16. 15. 孤独氏
  17. 16. Hello Stranger
  18. 17. 忘れん坊
  19. 18. まだ見ぬ世界
  20. <ENCORE>
  21. 1. とある事象
  22. 2. 血空
  23. 2. ΦD-SANSKRIT
  24. <ENCORE2>
  25. Catch me if you can?
  26. <ENCORE3>
  27. 強くてNEW GAME
メトロノーム プロフィール

メトロノーム:1998年結成。東京を中心に活動開始。メンバー全員が黒/黄の衣装を着用しており、音楽性はテクノポップの影響下にある独自のサウンドをプレイ。ニューウェイヴやパンクロックからの影響も感じさせる唯一無二の個性を放つJ-ROCK/POPバンド。09年5月31日の渋谷C.C.Lemonホールでのライヴを最後に無期限活動停止となったが、16年9月19日、チケットが瞬殺となった満員のZepp Tokyoワンマンライヴで再起動(活動再開)。18年に結成20周年を迎え、7月にフルアルバム『廿奇譚AHEAD』をリリースした。メトロノーム オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」