曽我部恵一、2004年発表のライブ作品
『shimokitazawa concert』が限定プ
レスのアナログ盤としてリリース

曽我部恵一がライブ・アルバム『shimokitazawa concert』をアナログ盤で11月27日(水)にリリースする。

『shimokitazawa concert』は2004年6月、設立間もない〈ROSE RECORDS〉からリリースされた作品。同年4月に、曽我部がこの先拠点としていく街・下北沢で行われた小さな弾き語りライブを、ビデオ・カメラのマイクのみで録音。その音像はローファイゆえの親密さと生々しさに溢れている。
まだソロ曲も少ない時代、個人としてのことばとメロディが慎重に丁寧に紡がれ、その中にはサニーデイ・サービスフィッシュマンズによる2曲の「Baby Blue」も含まれている。当時3歳だった曽我部の長女も参加していたこのコンサートは、まさに下北沢という街の魔法がかかった特別なものだという。曽我部が愛するKeith Jarrett『The Koln Concert』をオマージュしたタイトルとジャケットも、このアルバムの持つ、街と人と音が生む共時性を象徴しているようだ。

なお、本作は『レコードの日2021』参加作品として限定プレスのアナログ盤2LPでリリース。予約は10月下旬頃から開始予定とのこと。
【リリース情報】

曽我部恵一 『shimokitazawa concert』

Release Date:2021.11.27 (Wed.)
Label:ROSE RECORDS
Cat.No.:ROSE 4X
Price:¥3,600 + Tax
Tracklist:
A1. INTRO
A2. baby blue
A3. もしも
A4. ブルーのこころ
B1. FIRE ENGINE
B2. White Tipi
B3. baby blue
C1. ギター
C2. 恋におちたら
C3. 愛のかけら
D1. mellow mind
D2. おとなになんかならないで
D3. OUTRO

※『レコードの日2021』参加作品

■ 曽我部恵一 オフィシャル・サイト(http://www.sokabekeiichi.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着