「とにかく野球がやりたかった!」 
野球少年・黒羽麻璃央の“夢”が詰ま
った『ACTORS☆LEAGUE』実現への軌跡
を語る

舞台俳優総勢37名が東京ドームで繰り広げる野球✕エンターテインメント、『ACTORS☆LEAGUE 2021』が2021年7月20日(火)東京ドームにて開催される。その発起人でありBLACK WINGSのキャプテンを務める黒羽麻璃央を直撃! 夢の競演が実現した経緯と、“真剣勝負”に向けての熱い想いを語ってもらった。
──『ACTORS☆LEAGUE』。構想はいつ頃からあったんですか?
実は数年前から企画はずっとありまして……僕の頭の中には(笑)。野球に限らずなんですが、俳優たちの球技大会的なものをやりたいなぁと思っていたんです。テニミュの大運動会も楽しかったですが、役者が役を背負っていない状態で純粋にスポーツを楽しんで、それをファンのみなさまにも観戦してもらえる。プライベートの延長のような催しをできたらいいのにな、と。とはいえ、一番の希望はやっぱり野球でした。それが去年ある方と雑談をしていたときに「なにかやりたいことないの?」「野球がやりたいです」っていう、やりとりから徐々に現実化しまして。最初は東京ドームとかじゃなくて、地方球場くらいの規模で考えていたんです。
──草野球的なニュアンスで。
とにかく要は野球がしたかった(笑)。僕らの界隈……若手俳優の中にも野球好きは本当に多くて、実際に「野球したい!」って意欲のある方もたくさんいます。プライベートでできなくもなかったんですが、実際やるとしたら1チーム18人くらいは必要だし、それこそ全員のスケジュールが合うわけもないので(笑)。「これは仕事にして声をかけたら、みなさん集まってやってくれるだろう」という思いからのスタートです。
それに……自分で言うのも変なんですけど、勢いのある俳優さんたちと、彼らを応援してくれているみなさまのパワーと愛情があれば大きなことができるはずだっていう“誇り”のような気持ちがあります。お客様にも楽しく観てもらって、プレーする僕ら俳優たちも少年時代を思い出して純粋に楽しめる空間を、今なら創れるんじゃないかなぁって。それをカタチにしたのがこの『ACTORS☆LEAGUE』なんです。
──試合は黒羽キャプテン率いるBLACK WINGSと、和田琢磨キャプテン率いるDIAMOND BEARSの戦い。和田さんをキャプテンにしたのは?
琢磨くんも野球愛や野球にかける思いが非常に強い人なので。結構前ですけど一緒にプレーもしたこともありますし、キャプテンにふさわしいなって思ってお願いしました。
和田琢磨
──情報解禁前夜に参加する俳優さんたちそれぞれがほぼフライング気味のツイートを次々に投稿していたのもちょっと楽しかったです。それくらい、参加者のみなさんもすでにかなりワクワクしている。
なんかもうバレてましたよね〜(爆笑)。「野球大会」というワードがトレンドに上がったので。そういう意味でも「これはなぜ今まで誰もやらなかったんだ!?」ってくらいの企画。僕だって誰かがやってくれたらってずーっと思っていたし、声がかかったら絶対に参加してましたよ(笑)。でもたくさんの方の協力もあってこうして『ACTORS☆LEAGUE 2021』が開催できる。それは本当に感謝していますし、やっぱり野球少年にとって東京ドームで野球をするっていうのはめちゃめちゃすごいことで……。野球が好きで、そこからプロ野球選手になって、レギュラーにならなければできないような、本当に限られた人しか叶わないことが実現するわけですから。出場者の中でも真剣に野球に打ち込んできた人たちは”夢が叶うチャンス”にもなったのかなって思うと、それも嬉しいこと。みなさんには正式にオファーをして……あ、数名逆オファーというか直接「出たい」と連絡が来て、実際それで出てもらっている人もいますけど(笑)。できれば今後も年に1回くらいの頻度で続けていきたいし、1年に1回のお祭りとして楽しみにできるような、定期的なイベントになったらいいなと考えています。
──チームわけはスムーズでしたか?
大枠は一度僕が決めて、そこから琢磨くんとも話し合いました。こことここは一緒がいいよね、ここはここと対決させたら熱いなぁなんてところも加味して最終調整し、お互い納得のいくチーム編成になっているとは思います。メンバーには野球の経歴と希望のポジション、あとアピールポイントを提出してもらっています。でもまだ実際にプレーを見ていないメンバーもいるので、現場でみなさんの実力を拝見しながら、最終的な各ポジションや戦術などは固めていこうと思っています。
──選手のほかにも様々な役割での参加者が。コミッショナーの城田優さん、監督の山崎育三郎さんと尾上松也さん、ゲスト解説の荒牧慶彦さんと佐藤流司さん。豪華な顔ぶれです。
優くん、育三郎さん、松也さんは純粋に僕の尊敬する先輩でもあり、野球が好きな御三方でもあるので、ぜひ参加してもらいたかったです。舞台だけではないと思いますけど、やはりエンタメがどんどん追いやられてしまっているような厳しい状況の中でファンのみなさまを盛り上げられるパワーを持っている俳優さんたちが『ACTORS☆LEAGUE』のあり方に賛同していただけたからこそのメンバーです。
──野球愛を持って、「野球✕エンターテインメント」のエンタメ部分を主に担っていただく。
そうですね。やっぱり俳優さんたちもなにかしらの息苦しさを感じていて、お客様も同じようにモヤモヤとした思いを感じる日常の中、こうしたイベントでエンタメの力をもう一度確認する瞬間を一緒に過ごすことの意義は大きいと思います。まだ……ちょっと言えないんですけど、各方面で活躍されている方々ですので、いろいろなエンタメの演出も考えております(笑)。​
あと偉そうに聞こえちゃうとあれなんですけど、今回出場してくれる僕らよりも若い世代の役者さんたちが、優くん、育三郎さん、松也さんをはじめとする素晴らしい先輩方と同じ時間を過ごし、その姿を見てなにかを学んで欲しいなっていう思いもあります。僕自身もこれまで稽古や舞台の本番、プライベートの交流も含めて「自分もこんな人になりたいな」と良い影響を受けてきました。「もっと頑張らないといけないな」って思わせてくれる先輩方との出会いがたくさんあったので、ここをひとつの出会いのきっかけの場にしたいとも思っています。​
城田優

山崎育三郎
尾上松也

──キャプテンとしての意気込みもぜひ。
やるからにはもちろん真剣勝負。エラーでもした日には孫の代まで笑われるぞくらいの覚悟でやって欲しいですよね、ハハハッ(笑)。そして今回の活躍は、この先の展開にも大いに影響あると思ってもらえたら。例えば今後、お笑い芸人さんとか元プロ軍団とか、いろんなチームとも試合できたら面白いなぁなんて構想もあるので──
──夢が広がりますね。
ただ自分で言い出したはいいけれど、東京ドーム!? 選手名鑑!? 野球カード!?って、今は夢の実現への周りのスピードが凄くて、ついていくのに必死(笑)。でも、やっぱりみなさんと公式に野球することが楽しみで楽しみで……今まさに好きなことが仕事になる楽しさを味わっています。やっぱりやりたいことは口に出すのが大事というか、実際口にしたらその言葉を拾ってくださる方、実現に動いてくださる方がいらっしゃるんですよね。​
選手名鑑や野球カード、レプリカユニフォームなど様々なグッズがオンラインストアにて販売中
──そう思わせてくれる黒羽さんの人徳も大きかったのでは? これまで頑張ってきた素敵なご褒美。
いやいやいや! でも、やっぱり言霊ってあるよなぁとは思いました(照)。なので……個人的にはここをきっかけに「野球俳優」としての存在感をしっかりアピールし、最終目標はシーズン中のプロ野球の生放送のブースでゲスト解説者を務める。そこまでのビジョンはすでにしっかりと持っていますので(笑)、みなさまよろしくお願いいたします!
──プレーヤーとしての目標は?
ホームランは打ちたいですよね〜。すでに個人的に室内練習場でのトレーニングは続けていますので、コンディション作りも抜かりはありません。あとこれは発案した時から思っていますが、マジでみなさん怪我しないで欲しい! もちろん全力プレーで挑んで欲しいです。でもこの企画が長く続くためにも、みなさんの大事な身体になにかあったらもう俺は……クビが飛ぶくらいの責任じゃ済まないんです! おそらく観客のみなさんが楽しみにしている以上に出場するメンバーが『ACTORS☆LEAGUE 2021』の試合の日を楽しみにしているのは確か。7月20日を今か今かと待ちわびております。俳優のみなさん、僕たちらしい“魅せる”野球でいきましょう!​
荒牧慶彦
佐藤流司
──オープニングは城田さんの演出というインフォメーションも出ています。まさに始まりからみなさんらしい「球宴」に。
凄いことになると思いますよ。もちろん絶対成功すると思います。僕は球場がすごく好きなんです。あの雰囲気もぜひ味わっていただき……野球好きはもちろん、野球を知らない方にも楽しんでもらえる、我々がやる意味のあるエンターテインメントの要素を持った試合をお届けします。バットにボールが当たったら走るんだ、くらいの前知識で大丈夫(笑)。それが『ACTORS☆LEAGUE』です。​
──では最後に改めて観客のみなさまにメッセージを。
お客様にはぜひ好きな俳優さんが真剣に野球をしている姿、ここ以外では観ることのない野球少年の表情を楽しんで欲しい。役ではなく本人が本人としてキラキラしてて、汗かいて、必死に一球一球を追いかけてる貴重な姿を目に焼き付けてください。とにかく舞台を中心に活躍する俳優が集まってお客様を入れて東京ドームで野球をするなんて前例のないことですから、これは演劇界においても野球界においても歴史に残る初陣です。その第一歩目を……いや、「第1球」目を共有できたらと思います。みなさんで楽しみましょう!!​
取材・文=横澤由香

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着