宮崎美子、歌手デビュー40周年を記念
し自身作詞の新曲「ビオラ」をレコー
ディング

宮崎美子が、自ら作詞を手がけた新曲「ビオラ」をレコーディングした。

2021年に歌手デビュー40周年を迎える宮崎は、今回34年ぶりにレコーディングを実施。新曲のタイトルの「ビオラ」には、花の名前と楽器の名前のダブルミーニングが込められており、そっと背中を押すような優しい応援歌となっている。

作曲と編曲は、ハンバートハンバートの佐藤良成が担当。宮崎のYouTubeチャンネル「よしよし。」の企画の一つとして、3月に公開した「宮崎美子が大竹しのぶ先輩の歌をカバーしてみた」で、佐藤が作詞作曲した「きもち」(2017年に発売された大竹しのぶのアルバム『ち・ち・ち』に収録)をカバーしたことが縁となり、コラボレーションに至った。
この曲は、9月に発売を予定している宮崎の歌手デビュー40周年を記念したベストアルバムに収録される。
宮崎は、1981年10月21日、シングル『NO RETURN』(作詞:八神純子・阿里そのみ、作曲:八神純子)でレコード・デビュー。同年12月にリリースした1stアルバム『メロウ』には、松任谷由実渡辺真知子矢野顕子坂本龍一吉田拓郎鈴木慶一南佳孝らが楽曲を提供。1983年までにシングル3枚とアルバム3枚をリリースし、いずれもシティポップの名盤として、今も高く評価されている。

40周年記念ベストアルバムには、これらの作品も最新のデジタル・リマスター音源で収録される予定だ(詳細は後日発表)。
そのほか宮崎は、公式YouTubeチャンネル「よしよし。」で、四季折々の“歌のカレンダー”として童謡唱歌の歌唱動画を公開している。

宮崎美子 コメント レコーディングのお話しをいただいて、ものすごくうれしかったです。 「ビオラ」というお題もプロデューサーさんからいただきました。 そこにあることでなごませたり、目立たないんだけど必要というビオラの花や楽器のような存在が大切だという想いを歌詞に込めてみました。 この歌を聴いた皆さんに、少しでも元気になってもらえたらうれしいです。

宮崎美子40thアニバーサリーアルバム

2021年9月発売予定
*詳細は後日発表

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着