ROTTENGRAFFTY 嬉しさよりも悔しさ
があったからたどり着いた20周年、バ
ンドの奇跡と見据える未来

嬉しさよりも悔しさがあったからたどり着けた今がある。自身を奮い立たせながら、驚異的なライブ活動を続け、武道館単独公演や主催フェス『ポルノ超特急』を成功させ、決して奢ることなく結成20周年を迎えたROTTENGRAFFTY。その活動を総括するオールタイムベストアルバム『You are ROTTENGRAFFTY』をリリースするいま、何を見つめ、何を想うのか? フロントマンであるN∀OKIとNOBUYAに、バンドの軌跡とともに見据える未来を訊いた。
――結成20周年企画で制作されたベストアルバム『You are ROTTENGRAFFTY』。Disc1は、ファンのリクエストで選曲が決まると事前にアナウンスされていました。投票結果を見たとき、どんな印象を?
N∀OKI:ライブのときに主にやっている曲が中心なんですけど、セットリストにいつも入らないような曲も選ばれていたんで。「アイオイ」だったり、「夕映え雨アガレ」、「Familiarize」だったり。あっ、お客さんはこう感じてるんだなって。「金色グラフティー」じゃなくて、「THIS WORLD」が1位だったというのもあるし。僕らの想像していたものとは全然違ってたというか。
――曲順は、投票数の高い順番なんですか!?
N∀OKI:その順番ですね。
――あっ、なるほど。確かに意外な曲も。
N∀OKI:そうですよね。「I Believe」も意外でした。1ツアーで1回やるか、やらないかぐらいの曲なんで。
――リクエストを募って、徐々に選曲が明らかになるにつれ、ファンが自分たちに求めているものもおぼろげに分かっていったんですか?
N∀OKI:まあ、そうですよね。この曲順はリアルなものなんで。
NOBUYA:だいぶ価値観も変わりました。間違った価値観でいたな、ぐらいのところもありますね。ROTTENGRAFFTYはラウドで攻撃的なサウンドというイメージも強いんですけど、「I Believe」、「Familiarize」、「アイオイ」はミディアムテンポで、歌詞とメロディをしっかり聴かせる曲なので。あっ、そういう曲を選んでくれるんだと。僕のなかではそこもROTTENGRAFFTYの一面で、そういう楽曲を歌っている自分がすごく好きだし。そういう曲がKAZUOMI(Gt,Programming)から上がってくることも、一番、テンションの上がることでもあって。お客さんはそういうこともしっかり感じてくれていたんだなって、すごく意外で嬉しいことでもありましたね。
――ライブでは熱狂というか発狂に近い暴れ方をお客さんはしますからね。
N∀OKI:そうですね(笑)。
――そうした光景を目の当たりにしているメンバーだから、暴れられる曲をお客さんは求めているだろうと思うのは当然ですよ。ただ、何年もROTTENGRAFFTYのライブに行っていて思うのは、メロディとメッセージの強さがすさまじいことなんです。ファンの一人として、改めて言っておきたい。
NOBUYA:ありがとうございます(笑)。
――他のメンバーからもファンのリクエストに驚きの声は出ました?
N∀OKI:「I Believe」は一番驚いたかもしれないですね。「アイオイ」はそこまでライブでやってない曲だけど、DVDにもなった武道館ライブが鮮烈だったと思うんです。「I Believe」は、本当に、そうなんだなと。
――隠れた名曲ですけどね。
N∀OKI:常にやる曲でもないんですけど、やれば聴き入るか、涙している人がほとんどですね。
――ファンのリクエストで選曲をしたことで、自分たちが忘れかけそうなROTTENGRAFFTYの魅力に改めて気づかされたことに?
N∀OKI:そうです、気づかされたことは本当にありますね。
ROTTENGRAFFTY/NOBUYA 撮影=大橋祐希
散々バンドをやり尽くして、もうこれで最後にしようと思っていたバンドがROTTENGRAFFTYだったから、結成するとき覚悟しました。
――対してDisc2は、自分たちが選曲していますが?
N∀OKI:発表されていない曲が幾つかあって、それを入れたいってことを、もともとNOBUYAが言っていて。俺も、それ一理あるなと。結果的に「日進月歩」の1曲になったけど、これは結成して初めて作った曲でもあるんです。
――初期のデモテープに入っていた曲ですよね?
N∀OKI:そうです。それを2020年に聴いてもらえるのは、長く持続してやってきたからこそだと思うので。初めて聴くお客さんは、どんな反応してくれるかなって楽しみもあります。
――数年前、フェス限定で出していませんでしたっけ?
NOBUYA:フェス限定ありましたね。ただしDVDでしたけど。しかも、すでに入手困難で。
N∀OKI:あと、フェス『ポルノ超特急』で、カタカナのロットングラフティー名義のステージで、1曲目にやったり。でも、本当にレアで、1年に1回やるかやらないかの曲で。でもDisc1とDisc2を聴いてもらったら、ここ最近のROTTENGRAFFTYのライブは、素直に楽しめるかなって思いますね。
ROTTENGRAFFTY/N∀OKI 撮影=大橋祐希
結成してうまく行き始めたかなと思ったとき、当時の事務所とかメジャー契約もなくなって。そこからライブ力が増していった。
――それにしても曲のスタイルとかアプローチとか変幻自在のおもしろいバンドですよ。結成したのが1999年で……。
N∀OKI:そう、時代はミレニアムに変わるときでした。
――当時の音楽シーンはメロディックパンクが主流だったでしょ?
N∀OKI:あとミクスチャーみたいな感じでしたね。Hi-STANDARDの『AIR JAM』が2000年だったんで、エアジャム世代も含め、焼け野原状態みたいな感じでしたね。すでにバンドブームとかではなかったから。盛り上がってるところは盛り上がってるけど、そうでないところもハッキリとあって。その格差があったと思いますね。
――これだけおもしろい曲を作るROTTENGRAFFTYのメンツは、当時、どうやって集まったんですか?
NOBUYA:それぞれ10代のときにいろいろ音楽活動をやっていて。N∀OKIはN∀OKIでバンドやってたり、僕は僕で別のバンドやってたり。HIROSHI(Dr)と侑威地(Ba)も、それぞれのバンドやっていたんで。KAZUOMIは、ずっと家で曲を作っていて、ROTTENGRAFFTYが初めてのバンドみたいな。ROTTENGRAFFTYを結成するとき、僕とN∀OKIは23から24歳になる年で。
N∀OKI:そうなんですよ。年齢的に言ったら、新たに始めるバンドとしては遅いですよね。
NOBUYA:散々、バンドをやり尽くして、もうこれで最後にしようと思っていたバンドがROTTENGRAFFTYだったんで。だから結成するとき覚悟しました。これでいけないんだったら……って。
N∀OKI:そう、覚悟してた。しかも地方都市だから。東京だったら、23~24歳はフリーターやりながらバンドなり俳優志望なり、ゴロゴロいると思うんです。でも京都って、その年齢を過ぎてもフリーターでロックバンドで行くぞってヤツは、そんなにいないんで(笑)。周りの同世代も普通にどんどん結婚していって、家を建てた、みたいな。そんななか、俺は何をやってるんだろう?みたいな(笑)。京都は(周囲に)紛れられない。ああ、俺は完全にマイノリティのほうに行ってるな、みたいな。でもちょっとずつ、時代的に地元に住みながらバンド活動をしていくってのも増えてきて。インターネットも普及し始めたし。
ROTTENGRAFFTY/NOBUYA 撮影=大橋祐希
20年間で嬉しかったことは、このメンバー5人で20周年を迎えられたこと。
――覚悟があったからこそ続いた20年間でした?
NOBUYA:というよりは、まず、バンドで一旗揚げられていなかったし。僕は先輩のバンドとかと交流があって、いわゆるローディをROTTENGRAFFTYを始めるちょっと前までやっていたんで。その人たちは、当時、ライブハウスをパンパンに埋めていて、ワーキャー言われてるバンドだったんで、とてつもなくうらやましいというか。俺もああなりたいってところで、10代からいろんなバンドを渡り歩いたけど、そういう状況にはなれなかったんで。そういう状況や環境を作りたいなっていう一心でしかなかったです、ROTTENGRAFFTYは。だから長く続けようとかじゃなくて、ライブハウスにとにかくたくさんの人を集めて歌ってみたいと。
――それが明確な夢?
NOBUYA:そうですね。
N∀OKI:すごく大きいところに立ちたいってことでスタートしてないんで。ライブハウスでツアーを廻れて、ソールドアウトにできればいいなあって。そうすれば、どんどん見えてくるものもあるだろうって感じだったんで。
――まずは地元、京都ミューズを埋めたいと?
N∀OKI:そう、そこから勝負みたいな。だから上京もしなかったし。
――と言いながら、上京した10-FEETのアパートに勝手に入って、荒らしたりとかね(笑)。
N∀OKI:勝手にとかではないです(笑)。鍵は借りてましたけど。
NOBUYA:そして勝手に部屋をメチャクチャにしてただけ(笑)。
N∀OKI:でも10-FEETは本当にありがたい存在ですね。『京都大作戦』を10-FEETが始めたときも、アイツらのライブを傍目に見ながら、同じ地元の友達として嬉しいのと、あと悔しい気持ちも交じりながら、俺らも行かなければなって。
――実質的な1回目の『京都大作戦』になった2008年、トップでROTTENGRAFFTYが源氏ノ舞台に立ったのを思い出しますよ。あれは友情や地元の同士の絆も見えて、すごく熱いものがありました。
N∀OKI:でも、客入れ時間の20分間だったんで、オープニングアクト的なのは悔しかった。2日目のオープニングは新人バンドのYacht.だったんですけど、アイツらと一緒か、と。嫌いとかじゃなくて、俺らはもう8年ぐらい活動しているのに、クッソー見とけよ、みたいな気持ちがすごくありましたね。でも、仕方ないですけどね。俺ら、活動的にどうしようもない状態だったから。
――いや、その後、観るたびにライブ内容がものすごいことになっていった。簡単に言うと、メンバーそれぞれが殻を破っていく感じ。ライブ1本ごと、自分たちのベストを更新するという気構えで常にやっているじゃないですか。
N∀OKI:結成してうまく行き始めたかなと思ったとき、当時の事務所とかメジャー契約もなくなったんですよ。そこからライブ力というか、ライブでしか伝えられない状況になったことで力を増していって。本当に、“終わっても仕方ない、今日”みたいなテンションやハングリーさでライブをやっていて。怒りの度合いがすごく強かった。なにぃ!?って、現状を壊したいみたいなのが。それが胸打つものだったのかなと思います。ゴリゴリにハングリーだったから。年齢的にも30歳を超えて、人生どうなるのみたいな状態だったし。でも、しがみついてやってる感じだったんで。不安と、いろんなものが共存してたんですね。
ROTTENGRAFFTY/N∀OKI 撮影=大橋祐希
20周年を迎えて、さらに攻めたい。下の世代にもその姿勢を見せつけて、切り開いていく様を見せつけたいですね。
――そのハングリーさゆえか、対バンを選ばない感じの活動にもなっていきましたね。しかも相手を喰らいつくす勢いで、まるでケンカ売るようなステージで。
N∀OKI:はいはい(笑)。
NOBUYA:ハッハッハ、見られてた(笑)。
N∀OKI:選んでたら、どんどん自分らのライブなくなっていくし、どこでもやらなきゃ、ぐらいの状況でしたから。どうしようもない状況を打破するために生まれたハングリーさだけど、その精神性は損なわずにずっとやれているのかなと。だから先輩バンドだろうが若手だろうが、未だに、いろんなバンドと対バンもやるし。あと最初のメジャーデビューのとき、思うようなツアーもできてなかったから。同世代の10-FEETとかマキシマム ザ ホルモンとかは、全然、売れてないときから炊飯器を持参して全国をツアーしてた。その時期、僕らは主要都市しか廻ってなくて。これはマズいのかなと思ったら、やっぱりビッチリとライブやってきたヤツらとやってないヤツの差は、明確に出てきていたし。俺らに足りないのはあれだったとも思っていたし。だから結成から10年経ってからは、ライブの本数を結成当時の倍以上にしてましたね。誘われたらどこにでも行くし、3デイズ連ちゃんも平気でやってましたから。
――その活動ペースは未だに変わらずで(笑)。
N∀OKI:3デイズはなくなったけど、去年のツアーは連ちゃんライブの連続で、ちょっとおかしくなってた(笑)。ほぼ20代の若手バンドの動き方だなって。でも結成したとき、多分、これを求めてやっていたんだろう、と思いましたね。いい状態じゃないですか。ライブと音楽で忙しくて、ご飯を食べれてるってのは。ハングリーな“チクショー!”みたいな気持ちも相変わらずあったし。一度、落ちるところまで落ちていたバンドは、強いですよね。
――そういうところが活動にもステージも、全てに出ている。生きざまが生み出す音やステージなのかもしれないですね。そんな20年間、嬉しかったことやポジティブな事件やネタ、持ってるよね~?
N∀OKI:ウワッハッハ……(笑)、死ぬほどあります。でっかいことで言えば、2018年の武道館ライブじゃないですか。周りのバンドマンもそうだけど、地元でつるむツレとか、普段はライブに来ないヤツらも、武道館には来てくれたし。
――急に親戚が増えたり?
N∀OKI:親戚は増えないですけど(笑)。まあ親に対しても武道館を観せることできたし。マネージメントの先代の社長(松原 裕/2019年4月永眠)も、武道館を夢見てくれていて、ちゃんと観せられたのも良かったし。一生、消えないですね、ROTTENGRAFFTYにとって、あの武道館は。自分でも、まさかROTTENGRAFFTYが武道館って、というのは思いましたから。
NOBUYA:20年間で嬉しかったことですよね? ライブにおいてもバンド活動においても、嬉しいとか幸せだなと思うことよりも、悔しいとか、すっごく強烈に記憶に残るタイプなんで。良かったライブとかたまに質問されることもあるんですけど、ほとんど覚えてないんですよね。逆に、ダメだったライブのことのほうが覚えているんで。
ROTTENGRAFFTY/NOBUYA、N∀OKI 撮影=大橋祐希
――そういう悔しさが、自分にとってバイタリティにもなるんですか?
NOBUYA:そうです。全ての言動の源がそこにあるんで。例えばフェスでも、あからさまにステージの大小があるじゃないですか。そこに関して、悔しい気持ちをとても味わっているバンドだと思うんで、僕らは。例えば同世代の10-FEETやホルモンが大きいステージに立っているなか、僕らは2番目とか3番目の大きさのステージに立っていたり。今に見ておけよって、原動力にもなっているし。フェスではポッと出てきた若手バンドがいきなり大きいステージに立っていることだってあるじゃないですか。それも悔しいし。そいつらを捕まえて文句とか言わないですけど(笑)。
N∀OKI:そんなことしたら、単なるおかしいヤツでしょ(笑)。
NOBUYA:でも悔しさを心に秘めて、次への原動力に変換させながら、そのフェスの1日を過ごしてますね。そういう場所も絶対に大事だし。「2番目の大きさのステージですけど、どうですか」と言われても、もちろん「行きます」って言う。それを経験しないと、そのフェスに関してはその上はないんで。ただ、さっき嬉しいことを質問されて、最初にパン!と浮かんだことも実はあるんですよ。それはこのメンバー5人で20周年を迎えられたことです。
ROTTENGRAFFTY/NOBUYA、N∀OKI 撮影=大橋祐希
――カッコいい。近い将来の夢や理想もあったりしますか?
NOBUYA:この20年間でいろいろ出会ったりするなか、その人たちと約束したことがあって。最近はそれを口にしていこうと思ってるので言ってるんですけど、もう1回、武道館ライブをやるってこと。あと『ポルノ超特急』というフェスを地元の京都パルスプラザでやらせてもらっているんですけど、その会場でのワンマンライブ。その二つの目標は必ず成功させないと、約束を破るのもイヤなんで、絶対に叶えたいと思っています。今、そこに向けて走ってます。4年とか5年かかってもいいので、そこに向かうためにどういう活動をしていけばいいかって、毎日考えていますね。こうやって発言していくことで、僕らの夢だけど、“私達の夢”と思ってもらえるのかなと、ちゃんと気持ちを口に出してファンに届けていこうと思っていますね。
N∀OKI:まだ踏めてないフェスのステージ、見上げているステージとか、実現させたいなという思いはありますね。だから20周年を迎えて、さらに攻めたいなっていう。下の世代にもその姿勢を見せつけて、例えば“あの人らもやれてるんだったら、自分らもあそこまで行ける”みたいに思わせるぐらいの力強さで。そうやって切り開いていく様を見せつけたいですね。
取材・文=長谷川幸信 撮影=大橋祐希

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着