藤井風「何なんw」がやばめすぎる![しゅかしゅんYUNA Urock! 第25回]

藤井風「何なんw」がやばめすぎる![しゅかしゅんYUNA Urock! 第25回]

藤井風「何なんw」がやばめすぎる!
[しゅかしゅんYUNA Urock! 第25回]

大阪☆春夏秋冬のYUNA(ユウナ)です。

Urock!25回目になりました。
「コンフレークと最中買ってきてーな。」
ズッポリミルクボーイさんの漫才にハマった父がM-1後から定期的に言ってくる言葉。
最近はその2つに加えてデカビタも買ってきてと言われるようになりました。
漫才なんて観ない人だったのに、私が芸人さんとお仕事させていただくたびにいろんな方にハマっていってるみたいです。
そのおかげでテレビのチャンネルを変えられなくなったので、嬉しい事ですが。
それにしてもお正月休みも終わって特番が無くなって寂しいですね。
普段混ざる事のないアーティストさんのコラボや、あまり観に行けない芸人さんたちのネタを沢山観られたりと年末年始は盛り沢山でしたから。
と、言いつつもレギュラー化されてる番組はやっぱり面白いです。
それだけ愛されて続いてるわけですしね。無駄がなくて面白い。
そんな今月の残り3回ですけど、今月中はもう少し『新年』というテーマで書いていきます。
その中でも今週は『2020年ブレイク予想』ということで、勝手に予想させていただき選曲しました。
藤井風さんの「何なんw」。
藤井風「何なんw」
「わお。曲名に草が生えている。まずこの時点で何か惹かれる部分がありますが、正直初見には謎が多い。その上CDジャケットの写真は色味や人物の色気が完全にレコード時代のジャケット。何歳の方だろう??」
ここまでが私の第一印象でした(まだ曲は聴いておらず)。
そして再生して聴き流している間に、情報を検索してみたところ、、、。!?!?!?! 1997年生まれの22歳!?!?!? 前世が斎藤工か何かなのか、この色気。
曲とのギャップにもびっくりして驚きの連続だったわけですけど、もう一つ驚いた出来事があったんです。
去年、ピアノで椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」を練習してた時期があったんですけど、そのときにYouTubeで藤井風さんが弾いてる動画を観ていたみたいで。
こんな表現の仕方があるのかと本当に感動した動画だったので、最近になってやっと同一人物だということに気づいたのが本当に申し訳ないくらいです。
だけどこれは運命感じてしまいました。
いい意味で全く参考にならないくらい技術が圧倒的で素晴らしい魅力なので、是非観てみてください。
何なんw 歌詞 「藤井風」
https://utaten.com/lyric/nm20011401
“はれ晴れハレ
はれ晴れハレ
はれ晴れハレ
はれ晴れ”
勝手な偏見ですが、ヴィンテージのインテリアとピアノとか楽器があって、窓のない部屋に住んでるイメージを持っていました。
なのでこの曲の最初の「晴れ」という歌詞にはとても裏切られたというか、もっと興味を湧かせてくれる予想外さがありましたね。
その一方で藤井風さんの歌声には、期待を裏切らない太さがあって流石としか言いようがないです。
後、個人の聴こえ方として受け取ってもらえたらと思うんですけど、細野晴臣さん、KRINJIの堀込高樹さん、SIRUPさんのスパイスが入ってるようにも感じました。
共感してくれた人がいたならそれは嬉しいですね。
何なんw 歌詞 「藤井風」
https://utaten.com/lyric/nm20011401
“それは何なんw
先駆けてワシ言うたが
それならば何なんw
なんでなんも聴いてくれんかったん
その顔は何なんw
何なん
花咲く街の角誓った
あの時の笑顔は何なん
あの時の涙はなんじゃったん”
「何なんw」、関西弁じゃない?
この曲がすんなり耳に入ってきて自然に口ずさんでしまうのも、「何なんw」という言葉を言い慣れてるからなんですかね。
他にある方言のような言葉は関西弁ではないので藤井風さんの地元岡山の方言か何かなのかだと思うんですが、それにしても「何なんw」は草が生えている所まで、いつものどおりの自分すぎて面白いです。
ちなみに関西弁はこう。
『→な↑ん→な↑んw』
・靴の紐をくくり直してはまた取れて「何なんw」
・この間買ったばっかのシャンプー無くなって「何なんw」
・既読スルーされてるのにTwitter更新してて「何なんw」
・1時間待たされてるのにコンビニ寄ってて「何なんw」
・今日のセトリ「何なんw」
・その走り方「何なんw」
・で、「何なんw」
便利だけど表情がわかりにくい「何なんw」なので、人から読み取るには意外と手強いです。
何なんw 歌詞 「藤井風」
https://utaten.com/lyric/nm20011401
「やばい」と言い切らずに「やばめ」と人に助けを求めて距離をとる感じ、少しずるくてどこか愛らしい。
そんなところにもまた惹かれて単純な自分「何なんw」。
感覚が鈍りすぎていた時期に人やものを愛しく思う基準を少し高くしようと決めたのはなんじゃったん。
藤井風さんの沢山のギャップに驚かされては、厚みのある声とお茶目さに惹かれる。若い層にも受け入れられやすいブルースが時代と上手く並走していて馴染みやすい。
既に火はついている感じはありますが、これは2020年ブレイクするんじゃないでしょうか。
ラジオで流れていれば、つい気になってしまうだろうし、ライブで観れば圧倒される想像しかつきません。
カバー曲も収録された『何なんw EP』が1月24日(金)に配信リリースされ、6月には東阪のZEPPでワンマンライブ「Fujii Kaze “NAN-NAN-SHOW 2020”」が行われるみたいです。
2020年、藤井風さんのご活躍が楽しみですね。
どうでしたでしょうか。
まだまだ年上のアーティストさんが多い中で、自分なんかがブレイク予想だなんて恐れ多いのですが、売れていかれる過程には、沢山の夢とパワーをもらえるものです。
大阪☆春夏秋冬のブレイクを予想してくれる方がどこかにいると願って。
この棒「何なんw」
ではまた。
You rock!!
TEXT YUNA
しゅかしゅん LIVE INFO
▶「ファンツアー『いちごと君と15の旅~約束のその先へ~』IN淡路島」
【日程】 大阪発:2020年1月19日(日)≪日帰り≫
▶「ファンツアー『いちごと君と15の旅~約束のその先へ~』IN伊豆」
【日程】 東京発:2020年1月25日(土)≪日帰り≫
【料金】 29,800円(税込)
【受付申込ページ】
▷大阪発
▷東京発
【申込方法】 先着順
【申込・入金期間】
2019年12月12日(木)17:00 - 12月26日(木)23:59
※お申込みとご入金の両方の手続きが完了した時点で正式なお申込みとなります。
※期日までにお支払いがお済みでないお客様は、申込不成立となりツアーにはご参加いただけません。
※定員に達し次第、期間内であっても予告なく受付を終了させていただきます。
SOLDOUT後に入金キャンセル枠の再販売を行なう場合がございます。
【ツアーに関するお問合せ】 TASCI TOURS (タスキ・ツアーズ) 03-6447-5325 (11:00 - 17:00(土/日/祝日休業)

▶「Girls Songs Banquest #GSB」
【日時】 2020年1月18日(土) 13:30開場/14:00開演
【場所】 LIVE HOUSE ANIMA(大阪・心斎橋)
【出演】
MinorisM / Kitchen ふたりなぎ and more [SPECIAL GUEST] 大阪☆春夏秋冬
【料金】
前売2,000円 当日2,500円 +1ドリンク(600円)
チケットのご予約はdameyanenosaka@gmail.comまでメールをお願いします!
(1)お名前(2)チケット枚数(3)連絡先メールアドレスをお知らせ下さいませ!
宜しくお願いします!

▶「POWER MUSIC JAM vol.5」
【日時】 2020年1月31日(金) 18:00開場/18:30開演
【場所】 ESAKA MUSE
【出演】
大阪☆春夏秋冬 / 奥野涼バンド / my beautiful slumber / あすなろ白昼夢
【料金】
前売2,500円 当日3,000円 +1ドリンク(600円)
▶「COLORFULvol.17」
【日時】 2020年2月2日(日) 12:00開場/12:30開演
【場所】 世界館 (大阪・弁天町)
【出演】
Shine girls -シャインガールズ- / LEZRY / なんぺー / Panic face / [DJ] SWEEP /
[MC] T‐face [スペシャルゲスト] 大阪☆春夏秋冬
【料金】
前売 3,000円 当日 4,000円 +1ドリンク(500円)
【オフィシャルHP】
【オフィシャルTwitter】

▶「H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020」
【公演スケジュール】
2020年2月1日(土) 埼玉・ヘブンズロック熊谷VJ-1
2020年2月8日(土) 広島・LIVE VANQUISH
2020年2月9日(日) 神戸・VARIT
2020年2月16日(日) 愛知・名古屋クラブクアトロ
2020年2月29日(土) 宮城・仙台 darwin
2020年3月15日(日) 東京・新宿BLAZE
【オフィシャルHP】

▶「さっぽろ雪まつり2020」
【日時】 2020年2月10日(月) メイン会場・2月11日(火) サブ会場
詳細未定

▶「LIVEPRO FESTIVAL 2020 ミニ~雪まつりSP」
【日時】 2020年2月10日(月)・2月11日(火)
詳細未定

▶「“劇団☆春夏秋冬”艶姿河内六人娘」
【公演スケジュール】
2020年2月21日(金) 19:30
2020年2月22日(土) 15:00 / 19:00 (1日2回公演)
2020年2月23日(日) 15:00 / 19:00 (1日2回公演)
2020年2月24日(月) 13:00 / 17:00 (1日2回公演)
【会場】 大阪・ABCホール
【料金】
一般:4.000円(指定席) 学生:3,000円(当日要学生証、当日引換券、数量限定、一般発売から販売)
大阪☆春夏秋冬、初の演劇公演開催決定!
カタヤブリ演劇公演、「“劇団☆春夏秋冬”艶姿河内六人娘」。
歌あり、殺陣ありの本格時代劇に大阪☆春夏秋冬が挑戦します!

▶「IDORISE!! FESTIVAL 2020」 [DAY]
【日時】 2020年3月14日(土) 10:00開場/11:00開演
【場所】 TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、duo MUSIC EXCHANGE、club asia 、 WOMB (※7会場連動)
【出演】(五十音順)
アイドルカレッジ / アキシブproject / アップアップガールズ(仮) / アップアップガールズ(2) / アップアップガールズ(プロレス) / WILL O’ / ENGAG.ING / 大阪☆春夏秋冬 / 煌めき☆アンフォレント / グーグールル / サクヤコノハナ / 神使轟く、激情の如く。 / 戦国アニマル極楽浄土 / ZOC / SOL / chuLa / DEAR KISS / Devil ANTHEM. / DREAMING MON-STER / NightOwl / 26時のマスカレイド / NEO JAPONISM / //ネコプラ// / バンドじゃないもん! MAXX NAKAYOSHI / Pimm’s / predia / BenjaminJasmine / マジカル・パンチライン / 真っ白なキャンバス / まねきケチャ / MIGMA SHELTER / MELLOW MELLOW / raymay / 我儘ラキア / and more!
【料金】
一般7,000円 VIPエリアチケット 15,000円(VIPエリアはO-EASTのみ) +1ドリンク(600円)
【オフィシャルサイト】
【オフィシャルtwitter】

▶「奥野涼BAND presents“エンターテインメントのバーゲンセール”」
【日時】 2020年4月6日(月) 16:00開場/17:00開演
【場所】 大阪・心斎橋BIGCAT
【出演】
奥野涼BAND / 大阪☆春夏秋冬 / and more!!
【料金】
一般 前売 3,500円 当日 4,000円 (ドリンク代別)
学生 前売 2,000円(ドリンク代別)
※2020年1月4日に行ったワンマンライブ『ZUTTOMO』。お越し下さった方ありがとうございました。
FC先行では販売枚数が終了し、一般発売では3分で売り切れになるというとても良い駆け出しで新年1発目のワンマンを迎えることができました。
このキャパだからこそできたライブとは思ってませんし、これからもっと大きな場所を目指しているからこそのとても意味のあるライブだったかと思います。
何より来てくれた方に楽しんでもらえるのが一番嬉しいことなんですけどね。
2020年の年間スケジュールでも発表したように4月には東名阪主催対バンツアー、5月にはアルバム発売、6月には東名でのワンマンが決まってますのでよかったら是非お越しください。
この記事を書いた人
YUNA(ユウナ)
1999年5月26日生まれ(双子座 /A型/一人っ子)
▶Twitter
▶Instagram
▶U rock!記事一覧

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着