ノリノリでポーズを決める渡辺直美

ノリノリでポーズを決める渡辺直美

渡辺直美、吉村崇とは「カラオケで仲
良しに」 「プライベートではしっと
り系の歌が好き」

 「通信カラオケDAM 最新機種『LIVE DAM Ai』新CM発表会」が21日、東京都内で行われ、ブランドキャラクターを務める渡辺直美が登場。スペシャルゲストとして吉村崇(平成ノブシコブシ)も駆けつけた。
 新CMで、圧巻の歌声と迫力のパフォーマンスを披露した渡辺は、普段のカラオケ事情を問われると「大好きです。1人でも3、4時間ぐらい行きます」とにっこり。
 また、仲間と行く際は「先輩芸人は年上の男性が多いので、年上の方が好きそうな歌を事前に1人カラオケで練習して、歌えるようにしてから披露します。すると、『いいね』『分かってるね』みたいな。やっぱり(中島みゆきの)『悪女』とかを歌うと、皆さん、喜びます」などと、周囲の反応を明かした。
 渡辺の「7年先輩」という吉村は、2人の関係性を問われると「最初の頃はちょっと距離があったけど、それこそカラオケでどんどん距離が縮まって友達みたいになっちゃった。今はタメ口ですよ」と苦笑い。
 渡辺も「仲良くなったきっかけは、収録終わりの打ち上げで行ったカラオケだった。こんなこと言いたくないけど、本当にいつもお世話になっております」と語ってほほ笑んだ。
 2人が自身の「カラオケ・プレーリスト」を発表する場面も。フリップに「さよならの向う側」(山口百恵)、「366日」(HY)、「道」(宇多田ヒカル)、「丸の内サディスティック」(椎名林檎)、「三日月」(絢香)などを書いた渡辺は、「バラード系が多いですね。ノリノリのダンス系を歌ってそうと思われがちですが、意外としっとり系が好きなんです」と照れながら明かした。
 吉村は「三線の花」(BEGIN)、「糸」(中島みゆき)、「夢芝居」(梅沢富美男)などをお気に入りとして紹介し、「『夢芝居』は、梅沢さんの若いときの映像を(MVで)見たいんですよ。所作に色気があって好きなんです」と語った。

エンタメOVO

新着