【サマソニ東京ライブレポート】幻想
的で儚い舞台を作り上げるPale Wave
s

The 1975やウルフ・アリスなどが所属するUKのレーベル、Dirty Hitの超大型ルーキー、Pale Waves(ペール・ウェーヴス)が、今年もまたサマソニのステージに舞い戻ってきました。

ステージに登場した彼女らには、2017年にデビューしたばかりとは思えないくらいのオーラがあり、特に真っ黒な唇と真っ黒な衣装に身を包んだボーカルのヘザーを見た瞬間には、思わず「かっこいい…」と呟いてしまうほどでした。
おそらく、初めて彼女らのステージを見た方は驚かれたと思いますが、そのサウンドはとても幻想的。ヘザーの透き通っているのに芯がある歌声と、美しすぎるギターの轟音、そして直接心に響きわたるような心地よいベースとドラム。もう言葉では表現しきれないほど、とにかく全てが完璧で、思わず泣いてしまいそうになるほどのエモさでした。まさに音源レベルのクオリティ、いやむしろ音源以上に美しく、儚い演奏でした。
最後の曲、「There’s A Honey」を演奏してるときには、ヘザーが観客のいるアリーナのほうまで降りてきてパフォーマンスしていました。観客に揉まれるその姿が、スクリーンに映し出されていたのですが、まるでオシャレな映画のワンシーンを観ているかのようで、一挙一動が美しいんだな、と悟りました。
今年は、昨年のゴス色強めな印象から、だいぶポップな印象へと変化していて、さらに幅を広げたペール・ウェーヴス。今後もどんどんビッグなバンドになることでしょう。また来日してくれる日を待ちわびましょう。
【SET LIST】
Eighteen
Television Romance
The Tide
Red
My Obsession
Kiss
Drive
Came In Close
Noises
One more time
There’s A Honey

アーティスト

AndMore!

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着