ブラック・サバス、ジューダス・プリ
ースト、キッス「デイヴ・ムステイン
の回復を祈る」

今週初め、咽頭がんを患っていることを公表したメガデスのフロントマン、デイヴ・ムステインへブラック・サバスのメンバーからもお見舞いのメッセージが寄せられた。
オジー・オズボーンとギーザー・バトラーは「速やかな回復を祈っている」と、悪性リンパ腫を患ったことがあるトニー・アイオミは「デイヴ・ムステインの診断結果について知り、とても気の毒に思う。友よ、早く良くなれ。僕らは君のことを考えている。一緒にツアーしたときの楽しい時間についても。仕事が最良の回復手段だ」とつぶやいた。

オジーは、彼の体調不良により延期されたが、今年、メガデスと北米ツアーを開催する予定だった。
また、ジューダス・プリーストは「デイヴ・ムステインへ 強力な回復を願い、メタル・パワー全開」とつぶやき、キッスのポール・スタンレーは「みんな、デイヴ・ムステインに祈りと支援を送ろう。彼は癌と闘い、これに勝利する」とエールを送った。
ムステインの告知以来、アンスラックス、マイク・ポートノイ、ジョン5、スティーヴ・ルカサー、マイケル・スウィート、トレイシー・ガンズ、エクソダス、オーヴァーキルなど多くのミュージシャンからお見舞いと支援の声が上がっている。
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。