キンプリ平野紫耀「家帰ってもう1回
観たい」Mステで“パプリカ”ポーズ

 King & Princeの平野紫耀が14日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』で、子どもユニット・Foorinの楽曲「パプリカ」のポーズを披露。ネット上で反響を呼んでいる

 Foorinが初登場したこの日の放送。Foorinが歌う「パプリカ」は、米津玄師が作詞・作曲、プロデュース。NHKの2020応援ソングになっている。

 元気いっぱいに「パプリカ」をパフォーマンスしたFoorin。その後、King & Princeは、デビュー曲の「シンデレラガール」と映画『うちの執事が言うことには』の主題歌「君にありがとう」のメドレーを披露した。

 その冒頭、センターに立った平野。「シンデレラガール」の歌いだしで、左手にマイクを持ち、右手で何かのポーズを作った。手のひらを開くようにした仕草で、「パプリカ」でFoorinがサビ部分に入ったときにおこなう振り付けだ。

 平野は以前にも「パプリカ」で話題をさらっている。昨年末に放送されたNHK紅白歌合戦に出演した際、「パプリカ」を披露するFoorinの後ろで、ダイナミックに踊る姿がネット上で反響を呼んでいた。

 そのため、この日の平野が披露したパフォーマンスにネット上のファンは反響の声を挙げた。

 ツイッター上には「平野さんパプリカやってたよね!?」「一瞬パプリカやってたよね?! 可愛かった」「流石平野氏パプリカのポーズやった!」「平野紫耀さんここでパプリカ愛炸裂か」「やりよった、、パプリカりよったわ」「そうやってさりげなく入れてきてくれるの嬉しいよ」などのコメントが相次いだ。

 さらに、番組の最後、出演の感想を尋ねられた平野は「ちょっと僕、パプリカが大好きなんで、家帰ってもう1回観たいと思います」とコメントすると、「やっぱパプリカ触れたか平野w」「パプリカ大好き平野紫耀」などの反響も見られる。

 平野が披露した「パプリカ」のポーズは一瞬だけだったが、その“パプリカ愛”を目撃したファンは歓喜に沸いているようだ。

MusicVoice

音楽をもっと楽しくするニュースサイト、ミュージックヴォイス