元AKB48松井咲子、Ange☆Reveの楽曲
に初ピアニストでレコーディング参加

アイドルグループAnge☆Reve(アンジュ・レーヴ)がSHOWROOMで、12月12日にリリースするメジャー3rdシングル「イトシラブ」のカップリング曲「Angel Sign」(作詞・作曲:DogP)で元AKB48の松井咲子が初めてピアニストとして他のアーティストのレコーディングに参加することを発表した。

Ange☆Reveは白を基調とした「Ange=天使」+「Reve=夢」で「天使の夢」というフランス語に由来するグループ名を冠した清純派アイドルとして、2015年にメジャーデビュー。デビュー後に発売したシングルとアルバムは全てオリコンウィークリーランキングのTOP10以内を獲得する人気のアイドルグループ。
レコーディング時の松井咲子

レコーディング時の松井咲子

初のピアニストとして他アーティストの
レコーディングに参加

一方、松井咲子はAKB48在籍時の2012年にソロピアノアルバム「呼吸するピアノ」でピアニストデビュー。卒業後もフジテレビ系「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」のピアノ部門で3度の優勝経験を持ち、現在はピアニストとしてのみならず、テレビやラジオのMCとしても活躍中。松井咲子にとって意外にも、初めて「ピアニスト」として他のアーティストのレコーディング作品に参加することとなった。

番組にゲスト出演後、松井咲子は「なんと!このたび!Ange☆Reveさんに加入!!!!・・・ではなく、ピアノで参加させていただくことが決まりました!メチャクチャいい曲で、発売が楽しみすぎです!」と喜びを語った。

さらに、12月11日にはアイドルの聖地・池袋サンシャインシティ 噴水広場で行われるAnge☆Reveのリリースイベントライブにも、松井咲子はゲストミュージシャンとして登場し、ピアノの生演奏してのコラボ曲「Angel Sign」を披露することも合わせて発表となった。
Ange☆Reve:左から水野結愛・吉橋亜里砂・佐々木璃花・さいごうみずき・権田夏海

Ange☆Reve:左から水野結愛・吉橋亜里砂・佐々木璃花・さいごうみずき・権田夏海

Ange☆Reveと松井咲子

Ange☆Reveと松井咲子

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。