L→R 渋江アサヒ(Ba)、菅野悠太(Gu)、チャム(.△)(Vo)、渡辺壮亮(Gu&Cho)、青山拓心(Dr)

L→R 渋江アサヒ(Ba)、菅野悠太(Gu)、チャム(.△)(Vo)、渡辺壮亮(Gu&Cho)、青山拓心(Dr)

【嘘とカメレオン インタビュー】
やりたかったことを
全力でやったのが今作です

鋭角性あふれるパラレルな音楽性と変拍子や土着性を交えたビート。その上に乗る親しみやすいキュートな女性ヴォーカル。そんな音楽性が特徴的な嘘とカメレオンが1stフルアルバム『ヲトシアナ』を完成させた。バンド名の通り変幻自在ながらもしっくりと馴染み、聴く者を同化させるが如くな今作。バラエティーに富んだ各楽曲(落とし穴)が、あなたが落ちることを手ぐすねを引いて待っているー。

もともと嘘とカメレオンが今の音楽性に帰着すべく目指していた音楽性ってあったんですか?

渡辺
メンバー全員の音楽性がバラバラなんで、揃っていくうちにこうなってきたというのが正直なところです。もとは菅野とチャム(.△)さんで始めて、そこに僕らが加わっていったんです。僕も友達の延長線上で、気付いたらメンバーになってました(笑)。
チャム(.△)
もともとは“人生を懸けたバンドがやりたい!”という決意に賛同してくれたメンバーとで始めたんです。私は音楽をやるために上京したので、中途半端な気持ちではバンドを組みたくなくて。
菅野
僕も音楽がやりたくて上京してきたんで、チャム(.△)さんのその決意にほだされて今まで一緒にやってきました。
渡辺
でも、当初は今みたいな尖ったサウンドではなくて。その辺りをやりたかった節はあったんですけど。で、ベースのアサヒは音楽性的にはメタルやハードコア、ラウドロック系の畑だったし、何よりも趣味や相性が合うんで入ってもらったんですよ。そこからですね、激しさや棘の出し方が分かってきたのは。以降、変拍子や歪ませたり、速いビート等も音楽性に加わり始めたんです。
渋江
僕はこのバンドの以前はラウドロックをベースにした歌ものをやってましたから。

では、同じリズム隊の青山さんは?

青山
僕は一番若くて一番後に入ったんですが、以前はラウドロック系のバンドをやってました。なので、変拍子やポリリズムなんてまったく経験がなくて。入るにあたり学んでいった感じでした。
渡辺
当時は速い曲以外はめちゃくちゃ下手クソで(笑)。でも、若いのでいろいろ課題を与えるとメキメキ吸収するんですよね。(青山に向かって)まさにあの頃の君は伸びしろの怪物だったよ。

あと、ツインギター制ですが、それぞれ役割も違いますよね?

渡辺
せっかくギターが2本あるので表現や可能性も含め、その棲み分けはいろいろと練ってます。特にギター2本での絡みは制作の際に強く意識していて。基本的に各々の楽器が独自のリズムを奏で、それを合わせた時に新しいひとつのリズムに聴こえる…そんな構成が好きなんですよ。バンドサウンドでガツン!としてるんだけど緻密で、よくよく聴いたらいろいろと小賢しいことをやってるみたいな。
チャム(.△)
もう今となっては、嘘とカメレオンはこのメンバーじゃなきゃとさえ思ってます。

そして、本作の話に移りたいのですが、本来であればもう数カ月早くメジャーデビューの予定だったわけで。交通事故だったから仕方ないですけど。

チャム(.△)
でも、その遅れたことで完璧な作品に仕上がったし、納得のいく新曲も加えられたので、逆にこのタイミングで良かったなって思ってます。
渡辺
僕も同じですね。当初は時間がなさすぎて、正直言って妥協していたところもあったかもしれない。でも、お陰さまでこの期間中に3曲新曲を差し替えられましたからね。「手記A」「青玉レンズ」「テトラポットニューウラシマ」なんですけど、それらは今となってはアルバムの中でもっとも好きな楽曲たちになりました。

どれも新要素がうかがえる曲たちですね。では、その1stフルアルバム『ヲトシアナ』ですが、これまでと現在、そしてこれからの楽曲たちが立ち並んだ感がありますね。しかも、バラエティーに富んだ幅広いかたちで。

渡辺
ようやくできたか!って感じです。むちゃくちゃ時間がかかったし、紆余曲折もあったりで、なんか大冒険をひとつ終えたような達成感があります。
渋江
やっとできた感はもちろんですが、我ながらこのバンドはいろいろなことをやってるなって。幅の広さが半端ない。1曲目の「百鬼夜行」のようなどんちゃん騒ぎの曲から、中盤の「うみねこの鳴く街で」みたいな展開の予想のつかない曲、そしてラストの「キンイロノ」みたいなしっとりと聴かせる完全に歌が主役の曲まで。今までのベスト盤的な内容になってます。
青山
完成させた当初は“なんてこったい!?”と思いましたよ。このジャンルの幅広さは、まさしくバンド名通り“嘘とカメレオン”じゃねぇかって。こんな作品は他で聴いたことないですからね。ほんとすげぇのが作れたなって思ってます。
渡辺
自分たちに特定のジャンルのイメージを持っている人も多いと思うんですよ。でも、ライヴに来てくれれば分かりますが、何でもやりたいバンドなんですよ。まさしくそのやりたかったことを全力でやったのが今作です。
チャム(.△)
後世に永遠に残るアルバムを作っちゃった感じです。初の全国流通CDだった前作『予想は嘘よ』は7曲入りだったんで虹に例えてましたが、今回はまさにカメレオンって感じ。各色に加えグラデーションもありますからね。生きていれば宝物ってその都度変わるけど、これは私にとっての永遠の宝物になるでしょうね。
青山
名刺代わりの作品ができました。“これが嘘とカメレオンです!”と胸を張って言える一枚です。

既発曲の再録も収録されていますが、録り直していかがでした?

渡辺
やっていること自体はさほど変えてないのにまったく別の曲に生まれ変わったなって。どれも基本的にエモくなりました。“感情を曝け出したい”というのが目標としてあったんですが、それは全体的に表せられたなと。
チャム(.△)
“構成も歌詞もほぼ変わってないのにこんなにも違って聴こえるんだ!”と驚きました。その辺りはライヴを重ねて得られた経験値や手癖、曲の成長もあるんでしょうね。より細かいニュアンスや表現や表情付けができるようになりましたから。各曲深みみたいなものがさらに増しました。
渡辺
以前はわりと塊だったものが、各々何をやっているかがより明確になりましたね。頭でなく身体や心で理解して表している部分が、より如実に表れているというか。身体に染み付いていたんでしょう。

アルバムタイトルの“ヲトシアナ”も気になります。

渡辺
これまで僕たちやこのような音楽に触れてこなかった人がこのアルバムを聴いて、今までになかったような落とし穴に落ちる感覚になってほしいんです。ぜひ幅広い多くの人に陥ってもらいたいなと。

それはいわゆるラビットホールみたいなものですか? 落ちたらワンダーランドにつながっているという。

渡辺
その例えいいですね。ぜひ次の取材から使わせてもらいます(笑)。

取材:池田スカオ和宏

アルバム『ヲトシアナ』2018年9月12日発売 KING RECORDS
    • 【初回限定盤(Blu-ray付)】
    • KICS 93720 ¥3,704(税抜)
    • 【通常盤】
    • KICS 3720 ¥2,778(税抜)

『嘘とカメレオン pre. 「ここHOLEヲトシアナTOUR」』

9/15(土) 群馬・高崎club Fleez 
w)ドラマチックアラスカ、Hello Sleepwalkers
9/24(月) 大阪・バナナホール
w)魔法少女になり隊
9/30(日) 北海道・札幌DUCE
w)あゆみくりかまき、プルモライト
10/20(土) 福岡・Queblick
w)神はサイコロを振らない
10/27(土) 東京・渋谷CLUB QUATTRO ※ワンマン

嘘とカメレオン プロフィール

ウソトカメレオン:2014年4月1日に結成。16年12月にYouTubeにアップロードした初制作のミュージックビデオ「されど奇術師は賽を振る」が公開から半年あまりで再生回数が180万回を突破し(2018年8月現在では340万回)、17年9月にリリースした全国流通CD『予想は嘘よ』がオリコンインディーズチャート週間5位を獲得するなど注目を高める中、18年9月にアルバム『ヲトシアナ』でメジャーデビューを果たす。嘘とカメレオン オフィシャルHP

L→R 渋江アサヒ(Ba)、菅野悠太(Gu)、チャム(.△)(Vo)、渡辺壮亮(Gu&Cho)、青山拓心(Dr)
アルバム『ヲトシアナ』【初回限定盤(Blu-ray付)】
アルバム『ヲトシアナ』【通常盤】

「フェイトンに告ぐ」MV

「されど奇術師は賽を振る」MV

「N氏について」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

6コメント
  • RT @OKMusicOfficial: 【Interview】嘘とカメレオン 9/12リリースのアルバム『ヲトシアナ』のインタビューを公開しました! フリーマガジンokmusic UP’s 8/20発行号にも掲載中です! #嘘とカメレオン https://t.co/mlVfy…
  • RT @OKMusicOfficial: 【Interview】嘘とカメレオン 9/12リリースのアルバム『ヲトシアナ』のインタビューを公開しました! フリーマガジンokmusic UP’s 8/20発行号にも掲載中です! #嘘とカメレオン https://t.co/mlVfy…
  • 【嘘とカメレオン インタビュー】やりたかったことを全力でやったのが今作です(OKMusic)
  • 【Interview】嘘とカメレオン 9/12リリースのアルバム『ヲトシアナ』のインタビューを公開しました! フリーマガジンokmusic UP’s 8/20発行号にも掲載中です! #嘘とカメレオン… https://t.co/hARxgwmZJq
  • RT @OKMusicOfficial: 【Interview】嘘とカメレオン 9/12リリースのアルバム『ヲトシアナ』のインタビューを公開しました! フリーマガジンokmusic UP’s 8/20発行号にも掲載中です! #嘘とカメレオン https://t.co/mlVfy…
  • RT @OKMusicOfficial: 【Interview】嘘とカメレオン 9/12リリースのアルバム『ヲトシアナ』のインタビューを公開しました! フリーマガジンokmusic UP’s 8/20発行号にも掲載中です! #嘘とカメレオン https://t.co/mlVfy…