アイドル諜報機関LEVEL7

アイドル諜報機関LEVEL7

アイドル諜報機関LEVEL7、
渋谷WWWXにて開催の
4周年ワンマンへの意気込みとは?

LEVEL 7 とは“諜報機関の最高機密情報”を意味する言葉。彼女たちは、女優やグラビアアイドルに扮装し、ドラマや映画、バラエティなど様々な芸能活動、その他諸々の現場に潜入。LIVE ではファンの皆様を“BOSS”と呼び、潜入して得た情報を報告する。それが、女スパイをコンセプトとした5 人組のアイドルユニットの“アイドル諜報機関LEVEL7”に課せられたミッションだ。メンバーは、それぞれがコードネームで呼ばれている。佐々木麻里は「まりまーり」、璃乃は「おしりーの」、安永光希は「ヤンミィ」、高橋友里は「くるむ」、嶺井小雪は「こゆきら」。

アイドル諜報機関LEVEL7は、2017年3月に『3周年記念3rd ワンマンライブ』を新宿ReNY にて開催。会場を超満員の観客たちで埋め尽くした。そして、4周年を迎える2018年は、『4周年記念4thワンマンライブ』を3月29日(木)に渋谷WWWXで行なう。その日に向けての意気込みはもちろん、アイドル諜報機関LEVEL7の魅力を5人が熱く語ってくれた。

今は、ふたたび飛躍の風を感じている。

――アイドル諜報機関LEVEL7は、3月2日で活動4周年目を迎えました。今は、5年目へ突入中。その5年目へ本格的に突入するに辺り、まもなく4周年を記念したワンマンライブを行います。それが…。
まりまーり:3月29日(木)に渋谷WWWXで行う「4周年記念4thワンマンライブ」になります。
おしりーの:昨年は新宿ReNYで開催し、会場を埋め尽くしたのですが…あのときの経験を踏み固めながら、今、着実に攻め続けてます!!!!!
まりまーり:4年目は、わたしが喉の治療のために1ヶ月くらい潜入(欠席)したりといろんなことが重なり、正直、乗り越えなきゃいけない壁も多ければ、上手く走れずにもどかしさを覚えたり悔しさを感じることもあったように、けっして順風にステップアップ出来たわけではありませんでした。でも今は、ふたたび飛躍の風を感じているからこそ、3月29日(木)に渋谷WWWXで行う「4周年記念4thワンマンライブ」を次のステージへ進むチャンスにしようと、今、想いのすべてを注いでいます。
おしりーの:今は、ワンマンへ向けてという大きな目標があるからこそ、モチベーションもグーンと高まっているからね。

リレー形式で、メンバーの魅力と性格を
暴露!?

――ふたたび大きな飛躍をつかもうとしているアイドル諜報機関LEVEL7ですが。この記事を通し、初めて出会う方もいると思います。まずは、メンバー紹介を行いたいのですが、みなさん一斉にしゃべりだすと訳わかんなくなりそうだから(笑)、今、隣に座っているメンバーをそれぞれ紹介してください。まずはおしりーのさん、横にいるまりまーりさんの紹介をお願いします。
おしりーの:了解しました。まりまーりはメンバーの中、最年長で、グループのリーダーをやっています。もちろん、グループ全体もまとめれば、ラジオのDJもやっているようにおしゃべりが得意だから、アイドル諜報機関LEVEL7のMCも担当しています。他にも、アイドル諜報機関LEVEL7の楽曲の振り付けも担当しているように、まさに、このグループの中心となる存在です。
まりまーり:あっ、すごい褒めてくれたね。あとで袖の下渡しておくよ(笑)。横にいるのは、メンバー最年少のこゆきらちゃんです。こゆきらは最年少らしく無邪気で赤ちゃんみたいなところもあるように、彼女が笑ってるとみんなもつられて笑っちゃうように、アイドル諜報機関LEVEL7のマスコット的な存在です。じつは人一倍負けず嫌いで、けっこうしっかり者な性格。アイドル諜報機関LEVEL7のMCもわたしと一緒に担当しているよう、じつは頼りになるメンバーだなと思っていれば、実際に相談することも多いんです。そんな、頼りがいのある子です。
こゆきら:横にいるくるむは一見大人しくてクールなように、アイドル諜報機関LEVEL7のイケメン担当なんですね。とても文才があれば、絵を描けたり動画編集も出来たりと才人でありながら、人前では意外と無口なように格好いい存在なんですけど。本当はおしゃべりのセンスがものすごく高いから、それを隠しているのがもったいないなと思っちゃうくらい。でも、しょうがないんです。何故なら、彼女はスパイのように秘密を隠し持っている子だから…。
まりまーり:っていうか、みんなスパイだから(笑)。
こゆきら:(笑)。くるむって見た目は大人っぽいけど、中身はめちゃくちゃ小学生。あと、アイドル諜報機関LEVEL7のショートカット&歌姫担当です。
くるむ:横にいるヤンミィは、みんなからBBAと呼ばれてるんですけど、わたしから見たら綺麗なお姉さんのような存在です。とにかく、「お姉さん感」がすごくある。だって、一番年上のまりまーりよりも年上に見えるくらいだもん。でも大阪人のように、しゃべると関西人気質が出るのか、たまに鋭い突っ込みを入れてきます。あと、たまーに声もデカくなります(笑)。
ヤンミィ:いやいやいや、突っ込み担当はまりまーりでしょ。よく、おしりーのに突っ込んでるし。
まりまーり:何を突っ込んでるっていうの!?。ヤンミィは、色気のあるダンスを得意としているように、キレッキレでエロエロなダンスの見せ方が得意な子です。
くるむ:リーダー、今はわたしの担当時間(笑)。
ヤンミィ:最期は、おしりーのですね。彼女は、ひとことで言うなら「グラビア系お笑い担当」。とにかく盛り上げ上手で、ハートがめちゃくちゃ強い。本当は弱くて寂しがり屋なんだけど、みんなへ見せるときのハートの強さはもの凄いです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着