“イケメン女子”ザ・フーパーズ未来
によるカバー動画第3弾、男女のデュ
エットを1人で演じた驚異の歌声

マルチクリエイターでYouTuberでもあるコバソロがプロデュースするカバー動画シリーズに参加しているイケメン女子グループ、ザ・フーパーズの未来(ミライ)が、「ネットミュージック界の新たなスターシンガーの予感!」と話題となっている。
コバソロチャンネルで公開された第1弾動画、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」、第2弾動画のCHiCO with HoneyWorks「世界は恋に落ちている」は、今年公開されたにも関わらずどちらも200万再生を突破。YouTube急上昇ランキングにもランクインし、「女性なのにイケボ!(イケメンボイス)」「同性でも惚れる」と中世的な歌声・容姿が話題に。
そして3月15日に公開された第3弾はHoneyWorksの「東京サマーセッション feat.CHiCO」。同曲は夏の恋愛楽曲で、男女の会話をテーマとしたデュエットソングとなっている。今回はこのデュエットソングを未来が1人で2役を演じ、男女の歌声を披露している。夏をテーマとした楽曲ということもあり、衣装は浴衣。イケメン女子・未来がみせる浴衣姿にも注目だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。