2017年12月10日 at 東京ドーム
撮影:KEIKO TANABE

2017年12月10日 at 東京ドーム
撮影:KEIKO TANABE

【THE YELLOW MONKEY
ライヴレポート】
『THE YELLOW MONKEY
SUPER BIG EGG 2017』
2017年12月10日 at 東京ドーム

撮影:KEIKO TANABE
撮影:KEIKO TANABE
撮影:KEIKO TANABE
撮影:森島興一
撮影:有賀幹夫
撮影:森島興一
撮影:山本倫子

2017年12月10日 at 東京ドーム

 吉井和哉(LOVIN/Vo&Gu)、菊地英昭(EMMA/Gu)、廣瀬洋一(HEESEY/Ba)、菊地英二(ANNIE/Dr)…THE YELLOW MONKEYの4人がついに東京ドームに帰ってきた。その2デイズ公演(両日ソールドアウトで計10万人を動員!)の2日目の模様をレポートする。

 活動休止前最後のライヴは約17年前に、同じく東京ドームで実施。当時ギリギリの状態だったメンバーにとって半ばトラウマのようになってしまったのは有名な話だけれど、念願叶ってその印象をきれいさっぱり完全払拭してのけた。そこには気負いもない、メガヒットからコアファン向けナンバーまでを押さえた、そしてロックの美学とエンターテイメント精神にあふれた、圧倒的でドラマチックすぎる一夜! それはビジョンのタイマーがカウント0になるとともに花道中央のビッグエッグの中から、いきなり4人が登場してから2時間半ずっと、まるで夢みたいに続いた。

 モンスターバンドの真価を見せつけられたステージだった。「パール」で《自由がここにありました!》と歌い替える吉井和哉のお茶目さ、円形花道でのメンバーの凱旋闊歩、「嘆くなり我が夜のFantasy」で黄色い歓声を呼んだEMMAのリフ、時に豪華な管弦楽隊を従えたアレンジ。何から何までスケールがでかい。「太陽が燃えている」の炎ライティング、「MY WINDING ROAD」でビカビカ光るギターに巨大ミラーエッグ、「LOVE LOVE SHOW」で場を彩る世界のおねえさんたち、「悲しきASIAN BOY」での花吹雪乱舞など、ベタ盛り悪ノリ演出もらしくて最高! 「SPARK」のギターソロでさえ止まらない観客の手拍子は国民的バンドの証です。それでいて、HEESEYとANNIEを筆頭に4人が繰り出すズオッとくる音の塊、グラマラスな歌唱は鋭く、妖しさもエロスも容赦なくない交ぜにする。

 シニカルで反骨心むき出しの「TVのシンガー」、砂嵐ビジョンをバックに鳴らす大曲「天国旅行」、笑顔の「SO YOUNG」…絡まっていたものが自分たちの曲によって救われ、解脱していくさまが美しい。過ちを赦し合い、燃え尽きるまでやりたい。そんな穏やかさと熱さがあった。「Stars」「ALRIGHT」といった再集結後のナンバーも時代に呼応した名曲で、ロックスターの風格しかない。吉井は“気合入れ直して、日本に今までなかったバンドになっていこうと思います!”と誓う。来年からニューアルバムの制作に入る予定とのこと。THE YELLOW MONKEYはまだまだ続く。

撮影:KEIKO TANABE、森島興一、有賀幹夫、山本倫子/取材:田山雄士


セットリスト

  1. 1.WELCOME TO MY DOGHOUSE
  2. 2.パール
  3. 3.ロザーナ
  4. 4.嘆くなり我が夜のFantasy
  5. 5.TVのシンガー
  6. 6.サイキックNo.9
  7. 7.SPARK
  8. 8.天国旅行
  9. 9.真珠色の革命時代~Pearl Light Of Revolution~
  10. 10.Stars
  11. 11.SUCK OF LIFE
  12. 12.バラ色の日々
  13. 13.太陽が燃えている
  14. 14.ROCK STAR
  15. 15.MY WINDING ROAD
  16. 16.LOVE LOVE SHOW
  17. 17.プライマル。
  18. 18.ALRIGHT
  19. 19.JAM
  20. 20.SO YOUNG
  21. 21.砂の塔
  22. 22.BURN
  23. 23.悲しきASIAN BOY
THE YELLOW MONKEY プロフィール

ザ・イエロー・モンキー:1989年12月から活動。グラムロックをルーツに持つ独自のグラマラスなスタイルで人気を博し、92年5月にメジャーデビュー。ライヴの動員、CD売上ともに90年代の日本の音楽シーンを代表するロックバンドとなるも、01年1月8日の東京ドームでの公演終了後に活動を休止し、04年に解散を発表。しかし、16年1月8日に再集結を発表。22万人を動員した全国アリーナツアーを皮切りに、フェスへの参加や全国ホールツアー、15年振りの新曲リリースなど精力的に活動し、17年12月には17年ぶりとなる東京ドーム公演を開催した。THE YELLOW MONKEY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。