【大原櫻子 ライヴレポート】
『4th TOUR 2017 AUTUMN
〜ACCECERRY BOX〜』
2017年11月14日 at Zepp Tokyo

 全国4ヶ所を巡り、7公演を行ったツアーのファイナルとなったZepp Tokyo。ステージに投影されたプロジェクションマッピングによって浮かび上がった様々な文字、フードを被って佇む大原の映像と対話するような形で歌い上げられた「ALIVE」からライブはスタート。続いて「マイ フェイバリット ジュエル」と「青い季節」も届けられ、会場は瞬く間に彼女のみずみずしい魅力で包まれていった。

 ツアーの際は、毎回何か新しいことに挑戦してきた大原。これまでにもピアノ弾き語り、エレキギター、ダンスが披露されてきたが、今回取り組んだのは、他のアーティストの曲のカバー。“この曲は、いろんなライブを観た中で最も感動した曲の1つです。大切な人を思い浮かべながら聴いてください”と言って歌い始めたONE OK ROCKのカバー「Wherever you are」は、曲の世界に完全に入り込み、歌声を響かせる姿が神々しかった。バンド演奏に彩られながらドラマチックに高鳴り続け、エンディングを迎えた時、感極まった観客の間から大きな拍手が湧き起っていた。

 おにぎりのかぶりものを着用したバンドメンバーたちと共に「のり巻きおにぎり」「おどるポンポコリン」「頑張ったっていいんじゃない」などを届けたアコースティックメドレーのコーナーによって、ほのぼのとしたムードとなったひと時を経て、ライブは後半へ。“毎日、当たり前のように過ごしいてるけど、当たり前じゃないんだなと、この曲を聴いて改めて思いました”と語り、届けられたのは中島みゆきのカバー「糸」。言葉と音の1つ1つを大切に噛み締めるように歌う大原を見つめながら、観客は息を呑んで聴き入っていた。

 大合唱と明るい手拍子を誘った「踊ろう」で本編は終了してアンコールへ。いきものがかりの水野良樹が提供した最新シングル「さよなら」、家入レオと藤原さくらとのコラボレーション曲を1人で歌った「恋のはじまり」の後、大原は胸の内を語った。“1曲1曲が、みなさんのジュエルのようなものになってほしいなと思って、今回のツアーのタイトルをつけました。一生心に残るきらめきになったら嬉しいです”というメッセージを添えて、ラストに届けられた「サンキュー。」。会場中が温かい幸福感でいっぱいになっている様子が印象的だった。このライブは彼女の願い通り、観客にとってかけがえのない宝石のような思い出となったに違いない。

撮影:田中聖太郎/取材:田中大


セットリスト

  1. 1.ALIVE
  2. 2.マイ フェイバリット ジュエル
  3. 3.青い季節
  4. 4.Realize
  5. 5.トレモロレイン
  6. 6.瞳
  7. 7.Wherever you are
  8. 8.アコースティック メドレーコーナー
  9. ~のり巻きおにぎり
  10. ~うたうたいのうた
  11. ~オレンジのハッピーハロウィン
  12. ~おどるポンポコリン
  13. ~頑張ったっていいんじゃない
  14. 9.糸
  15. 10.ちっぽけな愛のうた
  16. 11.サイン
  17. 12.明日も
  18. 13.READY GO!
  19. 14.Jet Set Music!
  20. 15.踊ろう
  21. <ENCORE>
  22. 1.さよなら
  23. 2.恋のはじまり
  24. 3.サンキュー。
大原櫻子 プロフィール

オオハラサクラコ:2013年公開の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビューを果たす。16年に2ndアルバム『V(ビバ)』をリリースし、全18公演の全国ツアーを開催し、ツアーファイナルは自身初となる日本武道館公演(2デイズ)を成功させた。17年5月からは舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』で初の主演を務め、ソフトバンク2017年度学割キャンペーン新テレビCM『SUPER STUDENT』にも出演した。大原櫻子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。