【堀込泰行 インタビュー】
いい音楽を作って自信もある若い世代
に自分も負けていられない

「エイリアンズ」が再び脚光を浴びた2017年。堀込泰行のセンスと共振するD.A.N.やtofubeatsら気鋭のアーティストとコラボレートしたEP『GOOD VIBRATIONS』が届いた。制作の意外な発端やコラボの手応えについて訊く!

今回のコラボの発想はどんなところからだったのですか?

前アルバム『One』を出してみて、もうちょっといろんな人に自分の音楽を聴いてみてほしいなっていう気持ちから、少し毛色の違う人たちとコラボして、ミニアルバムぐらいのサイズのものを出せたらいいなとは思っていて。

コラボをするアーティストやバンドはどういうプロセスで見つけられたのですか?

『One』を出してキャンペーンを回ってる時、インタビューの終わりに、“日本の若いグループで最近注目されてるのありますか?”とか訊かれたりする中で、自分がそんなに若いグループを聴いてないなというのをちょっと実感したんですよね。で、訊かれると同時に“いや、実は今こういうバンドがいて面白いんですよ”っていうふうな名前がいくつか挙がる中で複数の人がD.A.N.やWONKを勧めてくれて、聴いてみたら“すごいことやってんな”と思って、それで知っていった感じですかね。あと、シャムキャッツとかtofubeatsに関してはイベントで知り合って、CDをいただいて聴いたら“面白いな”と素直に思って、そこから顔見知りになったというような感じですね。

ちょっと聴いてみるまでが用心深いですね(笑)。

サブスクリプションに入ったら用心深くなくなりました、現金なんですけど(笑)。ミュージシャンの立場からすると安い価格で聴き放題みたいなのは抵抗があって入ってなかったんですけど、ちょっと時代の流れに流されたところもありつつ、そういうところからチェックしてみたら、面白いことをやってる人は実はすごいいっぱいいたことに気付けたのは良かったなと思いますね。

リード曲でしかもアナログの7インチまで切るということは、よほどD.A.N.は相性が良かったのかなと思いながら聴いてたんですけども。

どのアーティストに関しても自由にやってもらうために、ピアノやギターと歌とドラムぐらいのシンプルな打ち込みのデモを渡して、“これを膨らませてください”とお願いして。D.A.N.の場合、彼らの音楽っていうのはリフを主体にいくつかのカッコ良いフレーズが重なって、それが繰り返されて曲として展開していくようなかたちだと思うんです。僕の場合はメロディーとコードがあって、そこがきれいかどうかってことが大事ってタイプなんですけど。でも、実際に仕上がってきたものを聴いたら、彼らのマナーの中で上手く僕の曲をコードを変えたりもせずに、よりカッコ良く、自分でも想像できないぐらい良いものにしてくれたっていうのはありますね。

ミニマルメロウな彼らの特徴が、泰行さんのヴォーカルや曲とすごく相性がいいんだなと思いました。

確かにそれは僕も感じましたね、この曲をやってみて。自分自身が素で好きな感じで曲を書くとシャムキャッツとやった「Beautiful Dreamer」のように明るいアメリカのポップなロックンロールみたいになると思うんですが、D.A.N.や□□□とやったメロウなものっていうのが、声質等のはまりはいいのかなというのは確認させられたところはありますね。

tofubeatsさんはトラックメイキングのみ依頼したのですか?

まぁ、そうなるのかな? トラックがtofuくんで、僕はギターで参加はしてるんですけど。tofuくんの音楽も知っていたので、どういうタイプの曲を投げても大丈夫だろうっていう安心感はありましたね。だったらすごいシンプルな曲を投げてみようと思って、ほとんど2コードで繰り返しの多い曲っていうような感じで、これこそピアノと歌しか入ってないデモを渡して膨らませてもらいました。

tofubeatsさんはメールベースのコミュニケーションが卓越していそうなイメージがあります(笑)。

tofuくんは特にその辺は上手っていうか、大人っていうか(笑)。今回、若いD.A.N.、tofuくん、WONKがみんな落ち着いてて。やっぱりすごくいい音楽をやってて、自分たちのやってることに自信があるっていうのがある上での落ち着きなのかもしれないけど。自分たちから動いてる印象があるし、おそらくそれは発表する場も自然に多くなった世代だからだと思うんですけど。 “面白いふうに変わっていくんじゃないかな?”みたいな希望というか(笑)。まぁ、僕も負けてはいられないところではあるんですけど、決して状況的に悲観的になることはないなということは感じましたね。

素晴らしいです。そして、□□□とのコラボ、これはもう三浦康嗣さんが自由に泰行さんに宛てて書いた歌詞だなぁと。

これは三浦くんの書いた歌詞が先にあって、それにメロディーを乗っけたんですけど、彼はヒップホップの影響を受けてるんで、韻の踏み方が歌モノでも出てて。三浦くんも力んで書いた歌詞ではないと思うし、僕も力まずにメロディーをそこに乗っけて、力の抜けたいいAORができたと思います。

シャムキャッツはわりと素が出ているとのことですが。

普通に作ると出てくるタイプの曲ではあるんですけど、サウンドが明らかにシャムキャッツっていう。常に同じメンバーで活動してるバンドの演奏で、この一体感とか勢いとか熱量は自分では出せないなと思って、すごく羨ましかったですね。

あと、WONKとのコラボは英語詞ですね。

せっかくWONKとやるんだったら、やっぱ英語詞で書いてもらおうかなと思って依頼することにしました。アレンジは基本は彼らがやって、最初に上がってきたものに対して、僕のほうから曲の展開に対してアイデアを出したりはしましたね。

このEPは両者のファンにとって、またとない作品だと思います。

やっぱり僕はいいものにしたいっていうのはあるし、各アーティストも自分たちのテイストもしっかり出したいだろうし、こちらの気持ちにも応えたいって想いも持ってくれてたと思うんで、どれも熱量の高いコラボになったなぁと思いますね。

取材:石角友香

EP『GOOD VIBRATIONS』2017年11月22日発売 日本コロムビア
    • 【CD】
    • COCP-40191 ¥2,000(税抜)
    • 【LP】
    • COJA-9329 ¥3,000(税抜)
    • ※800枚限定生産

『EP「GOOD VIBRATIONS」発売記念イベント』

12/02(土)15時~ 東京・代官山蔦屋3号館2階 イベント・スペース
12/08(金)19時~ 大阪・梅田蔦屋書店4th ラウンジ
12/09(土)16時~ 愛知・草叢BOOKS新守山店

堀込泰行 プロフィール

ホリゴメヤスユキ:1997年に兄弟バンド“キリンジ”のヴォーカル&ギターとしてデビュー。13年4月、17年活動をしていたキリンジを脱退し、以後はソロアーティスト/シンガーソングライターとして活動を開始する。14年11月にソロデビューシングル「ブランニュー・ソング」を、16年10月には1stソロアルバム『One』をリリースした。代表曲に「エイリアンズ」「スウィートソウル」「燃え殻」「Waltz」などがあり、希代のメロディーメーカーとして業界内外からの信頼も厚く、ポップなロックンロールから深みのあるバラードまで、その甘い歌声もまた聴くものを魅了し続けている。堀込泰行 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。