【SpecialThanks】
『「Anthem」 Release Tour 2017 –
FINAL!!』
2017年7月14日 at 新宿LOFT

 ライヴ終演後、“日本語が多くなったから、自分に響いちゃって…”とMisaki(Vo&Gu)は“あの涙”のわけを説明してくれた。

 SpecialThanksの3rdアルバム『Anthem』レコ発ファイナルは単独では初の新宿LOFTで行なわれ、多くの観客が押し寄せた。Chikai(Gu&Cho)、Hiromu(Ba&Cho)、yoshi(Dr&Cho)、最後にMisakiが登場すると、クイーン風味の「singing」で堂々と幕開け。間髪入れずに疾走感漲る「午走-umahashiru-」に突入すると、フロアーも瞬時に火が付く。また、「DOUNARUNO!?」では曲中に“もっと歌を歌っていきませんか?”と呼びかけ、観客を内側からも激しく焚き付けていった。そして、今ツアーにおいてHiromuが体調不良で4本のライヴに出演できなくなり、藤原美咲(Ba/そこに鳴る)が代役を務めるかたちになったが、この日も特別に「summer drive & summer dive」、初期曲「I don't know」を含む4曲にゲストプレイヤーとして参加した。

 中盤、『Anthem』を毎日聴いてほしいとMisakiは作品に対する思いを告げ、みんなのおかげでできた曲だと言うと、「心を震わせて」へとつなぐ。“あなた”に向けて、切実に訴える真っ直ぐな歌詞が胸に突き刺さった。その後は「Mr.DONUT」「tokyoサンセット」、さらに漫画『ちはやふる』とロッテ「トッポ」のコラボレーション企画のために書き下ろした「伝えなきゃ」をこの日、ライヴ初披露! 歌い出しを間違え、やり直す場面は実にMisakiらしかったけれど、これが実にキャッチーな良曲だった。

 ショーも後半に差し掛かり、“『Anthem』の中で特に思い入れのある曲”と前置きし、「we go」をプレイ。歌心あふれるポップ性で観客を明るく照らすと、ここでMisakiは長めのMCを挟む。“『Anthem』を作り始めた頃、なぜ生まれてきたんだろうとか、すごく考えた。自分の曲であなたの人生に彩りを与えたい。歌を歌うのがもっと好きになった曲”と胸中を涙交じりに語りかけ、「happy」を全力で歌い上げる様は、この日のハイライトだった。

 アンコールでは弾き語り調で「LIFE to go」をプレイし、全27曲約2時間に及ぶライヴを完遂。バンドとして、人間として、ひと回りもふた回りも成長を遂げた熱くも温かいショーを観終え、スペサンのこれからがさらに楽しみになってきた。

撮影:梅田慎之介/取材:荒金良介


セットリスト

  1. 1.Singing
  2. 2.午走 -umahashiru-
  3. 3.DOUNARUNO!?
  4. 4.Getting on
  5. 5.Hey! you!
  6. 6.You don’t care about me
  7. 7.heavenly
  8. 8.summer drive & summer dive
  9. 9.I don’t know
  10. 10.white lover
  11. 11.reach you
  12. 12.morning coffee
  13. 13.Secret Girl
  14. 14.Fu-Fu
  15. 15.心を震わせて
  16. 16.SWEET
  17. 17.Mr. DONUT
  18. 18.tokyoサンセット
  19. 19.伝えなきゃ
  20. 20.snow town
  21. 21.you=music I love
  22. 22.we go
  23. 23.happy
  24. 24.everyday
  25. <ENCORE1>
  26. 1.LIFE to go
  27. 2.HELLO COLORFUL
  28. <ENCORE2>
  29. You say Goodbye
SpecialThanks プロフィール

スペシャルサンクス:Misakiを中心に、Hiromu、Chikaiからなるガールズヴォーカルメロディックパンク&ギターロックバンド。絶対的な歌唱力と表現力の高さ、聴く人全てを釘付けにするMisakiの才能あふれる歌、そしてルックスも兼ね備えたピュアな魅力を軸に、メロディックパンクから王道ポップロックまで日々を進化を追求する本格的バンドサウンドは日本において唯一無二の存在。SpecialThanks オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。