【THE BACK HORN】『THE BACK HORN
KYO-MEI大会』2010年4月20日 at Zep
p Tokyo

撮影:三吉ツカサ/取材:土内 昇

今回もそうそうたる面々と対バンを繰り広げた『KYO-MEI大会』。全7都市21公演のファイナルを飾るゲストはSPECIAL OTHERSとBRAHMAN! THE BACK HORNのファンにとって、ジャムバンドであるSPECIAL OTHERSは名前は知っていても、そのサウンドに初めて触れる人が多かったのかもしれない。呆然とステージを観ている人が目に付いた。しかし、軽快なリズムの上で饒舌なフレーズが旋律を描いていくインストナンバーに、いつしかフロア全体が揺れていく。つまり、彼らの音楽に観客が“共鳴”したということだ。そんな“静なる熱さ”と打って変わって、BRAHMANは“たぎる熱さ”を観せつける。のっけからフルスロットルで一気にラストまで爆走するパフォーマンスは、自分たちにとっての“KYO-MEI”は“哮命”だと言わんばかり。それに対する客席も地獄絵図さながらの喧騒となり、場内に尋常でないほどの熱気が渦巻いたことは想像するに容易いだろう。
 大トリはTHE BACK HORN。熱さはもちろん、クールでスケール感もあり、威圧感、緊迫感、さらに狂気性も秘めた楽曲でフロアの床を大きく揺るがし、瞬く間にZeppの空間を自分たちのものにしてしまった。BRAHMANが“哮命”なら、彼らは“叫命”といったところか。また、翌日がリリース日にもかかわらず新曲「戦う君よ」が、強者バンドたちと共演したツアーで鍛え上げられたのか、すでにライヴにおける強力な武器に育っていたことも特筆すべきところだろう。そういう意味でも、この『KYO-MEI大会』で得たものが次のホール公演などに活かされると考えると、今後のTHE BACK HORNへの興味は尽きない。

セットリスト

  1. 幾千光年の孤独
  2. 運命複雑骨折
  3. 生命線
  4. 空、星、海の夜
  5. 戦う君よ
  6. コバルトブルー
  7. 無限の荒野
THE BACK HORN プロフィール

ザ・バックホーン:1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聴く人の心を震わせる音楽を届けている。01年にシングル「サニー」をメジャーリリース。17年には宇多田ヒカルとの共同プロデュース曲「あなたが待ってる」が話題に。結成20周年となる18年、3月にメジャーでは初となるミニアルバム『情景泥棒』を、10月にはインディーズ時代の楽曲を再録した新作アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』を発表。また、ベストセラー作家・住野よるとのコラボレーション企画もスタートし、注目を集めている。THE BACK HORN オフィシャルHP
THE BACK HORN × 住野よるコラボプロジェクト公式サイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着