L→R KISHOW(Vo)、e-ZUKA(Gu)

L→R KISHOW(Vo)、e-ZUKA(Gu)

【GRANRODEO】単なるベスト盤にあら
ず。 ふたりの思い入れもたっぷり!

最新アルバム『CRACK STAR FLASH』が好評、4月に初の横浜アリーナ2デイズも決まり、飛ぶ鳥を落とす勢いのGRANRODEOが、初のベスト『GRANRODEO GREATESTHITS 〜GIFT REGISTRY 〜』をリリース。ファンにぜひ聴いてほしい一枚になった。
取材:榑林史章

“GREATEST HITS”というタイトルが洋楽っぽい。

KISHOW
いろいろ調べたんですけど、海外のいろんなバンドのベスト盤と言ったら、ほぼ漏れなく“GREATEST HITS”と付いてたので、僕らもそれに見習おうじゃないかと。

“GIFT REGISTRY”というサブタイトルは?

KISHOW
よくGRANRODEOを略してGRと表現してるんですけど、頭文字を取ってそのGRになる言葉は何かないかと探したら、“欲しいものリスト”という意味で“GIFT REGISTRY”という言葉があって。サブタイはこれでいこう!と。

従来のファンや最近のファン、みんなが聴きたい楽曲集と。

KISHOW
そのつもりですが、とにかく選曲が大変でした。あれも入れたいこれも入れたいとなってしまって。
e-ZUKA
僕は選曲にはノータッチのスタンスです。“レコード会社が勝手にやったんだよ”って言いたくて。そのほうが外タレっぽくていいじゃないですか(笑)。個人的に入ったほうがいいなと思ってたのは「背徳の鼓動」かな。これはシングル曲とはまったく違ってバラード曲だから、入ると入らないとでは振り幅が全然変わってしまうんです。それに、アニメ『黒子のバスケ』をきっかけに僕らのことを知ってくれた、新規のファンの方も多いと思うので、そういう方にこそシングル曲だけじゃなく「背徳」や「NOT for SALE」みたいな曲もあるんだと知ってほしくて。この選曲なら僕らの振り幅を一応網羅していると思いますね。

シングルをリリース順に並べてるわけじゃないと。曲順はすごく考えられていると思いました。

KISHOW
出た順はつまらないし、あくまでもひとつのアルバム作品として聴いて、いいなと思ってもらえる並びがいいと思って。それで、1曲目は絶対に「We wanna R&R SHOW」がいいとプロデューサーが言って。だったら、1枚目の終わりは「Go For It!」だよねって、またプロデューサーが。そうしたら、2枚目は「SUPERNOVA」のキラキラ感で始まるのがいいんじゃ
ないかと、これもプロデューサーが言ってたんです。ということは、2枚目の最後は「delight song」で締めようよ!って…。

それもプロデューサーが?

KISHOW
いえ、これは僕が言いました(笑)
e-ZUKA
1枚目の「We wanna~」と「Go For It!」は、初めて日本武道館でやった時の最初の曲と、Wアンコールの最後の曲なんです。2枚目の最後の「delight ~」は去年の大晦日にやったファンクラブ限定ライヴの最後の曲で、つまり2012年の最後を飾った曲。そういう意味では、上手いことできてるなって。

KISHOWさんが、最後は「delight ~」がいいと言ったのは、どういう理由だったのですか?

KISHOW
それまでの5枚のシングルは、全部アニメ作品に対して作ってたのですが、初めてファンの気持ちに寄せて作ったのが「delight ~」だったんです。みんなのおかげでこんなにもうれしい気持ちなんだよ!と、自分の中の感謝の想いを歌詞として書いた、初めての曲という思い入れがあったので。
e-ZUKA
その当時、初めてツアーをやるということで、そのツアーで披露するために作った曲なんですよ。
KISHOW
だから、当時からライヴに足を運んでくれているファンは、ちょっと感じるものがあるんじゃないかな。

e-ZUKAさんは、この中で思い入れのある曲は?

e-ZUKA
2ndシングル「Infinite Love」。当時は作ったはいいものの、GRANRODEO以外の仕事で作った曲とあまり変わらないけどこれでいいのかな? って不安がありましたね。それが、ライヴで何度もやってるうちに、どんどん好きになった覚えがあります。他にもライヴで成長していった曲は多いんです。「NOT for SALE」はギターとベースとドラムだけで、あとは歌とコーラスだけというすごくシンプルな構成で。録っている時に女性のコーラスを入れたいと思って、そこにいた女性スタッフを集めてコーラスを入れてもらったことがあったし。これは逆に、録った瞬間にすごくいいな!と思った曲でした。

「We wanna ~」は、初の日本武道館公演のために制作した曲でもありましたよね。

KISHOW
それ専用に作った曲です。
e-ZUKA
考えてみたら、他のシングル曲は何かしらのアルバムに入ってるけど、「We wanna ~」がアルバムに入るのは、これが初めてなんですよね。過去を振り返りながらも前を向いて、もっとステップアップしていこうという内容の曲なので、ベスト盤にせよ作品の1曲目を飾るのに相応しいと思います。

「Go For It!」は記念すべきデビューシングル。8年前の曲にもかかわらず、今でもライヴを盛り上げる曲になっているという。

e-ZUKA
そうですね。どの曲もライヴで何度もやりながら、変わるところはどんどん変わっているし、逆にずっと変わらない部分もあって。改めて当時の音源を聴いて“こっちのほうがいいかも!”と思って、また戻るかもしれないけど(笑)。
KISHOW
歌なんか、極端に言えば歌うたびに違いますからね(笑)。でも、人前歌った時の気持ちの盛り上がりでどんどん変わっていく…ライヴで育つというのはそういうことなんじゃないかと思います。だから、実際にライヴ会場まで足を運んでもらって、音源と聴き比べてもらえたらより面白いと思います!
『GRANRODEO GREATEST HITS 〜GIFT REGISTRY 〜』
    • 『GRANRODEO GREATEST HITS 〜GIFT REGISTRY 〜』
    • LACA-9270~1
    • 2013.03.06
    • 3800円
GRANRODEO プロフィール

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明のふたり組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。GRANRODEO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント