ジェシカ、三代目J SOUL BROTHERSの
ELLYのソロ・プロジェクトCrazyBoyを
客演に迎えた新曲を10月9日にリリー

元「少女時代」のメンバーでソロアーティストとして活躍中の「ジェシカ(Jessica)」が、「三代目J SOUL BROTHERS」のELLYのソロ・プロジェクト「CrazyBoy」を客演に迎えた新曲「Call Me Before You Sleep」を10月9日にリリースすることが決定した。

この新曲は、韓国のトップ・ラッパー「ギリボーイ(Giriboy)」とのコラボで話題となっており、9月26日に「ジャムドゥルギジョン・ジョンファヘ」のタイトルで韓国リリースされる。「日・韓の名曲と歌手を世界へ発信する音楽プラットフォーム」 Municonが、同タイトルを日本語と韓国語で制作し日韓同時リリースすることになっている。
「Call Me Before You Sleep」は、恋愛初期の切ない男女関係をスイートに表現したデュエット曲。Jessicaの透き通った声に、CrazyBoyのクールなラップが交差し、エッジあるビートに美しいメロディーが際立っている。AOMGのヒットメーカー・プロデューサーCha Cha Maloneと数多くの国内外最上級アーティストをプロデュースするIconic Soundsが意気投合し制作された。ポップで感情に訴えかけるCrazyBoyとJessicaのボーカルの調和を楽しめる曲になっている。

この新曲は、10月2日(水)「東京・新宿文化センター 大ホール」にて開催される、ジェシカ 2年ぶりとなる日本でのファンミーティング『XOXO Jessica Jung Fan Meeting』で日本初披露される予定。

10月3日(木)には、「HMV&BOOKS SHIBUYA」でCD発売記念サイン会も開催。

10月2日のファンミーティングでは、さらに、オープニングアクトとして“次世代K-POPガールズグループ”として日本でもファンが急増している「公園少女(GWSN)」の出演も決定。韓国でも大ヒットした7月発売の3rdアルバムのタイトル曲「RED-SUN(021)」も披露予定。

現在アメリカを拠点に活動しているジェシカの貴重なステージをお見逃しなく。

ライブ・イベント情報

ジェシカ ファンミーティング『XOXO Jessica Jung Fan Meeting』
日時:2019年10月2日(水) (1)開場14:30/開演15:00 (2)開場18:00/開演18:30 ※1日2回開催
場所:新宿文化センター 大ホール(東京都新宿区新宿 6-14-1)
オープニングアクト:公園少女
■料金
・\9,200(税込)<CD付>
・\8,000(税込)
※全席指定
※未就学児入場不可

CD付チケットのCDは、10月4日(金)全国発売の『Call me before sleep(ジャムドゥルギジョン・ジョンファヘ)』と同商品です。全国発売に先駆け、公演日にお渡しさせていただきます。CD付チケットをご購入頂いた方の中から抽選で、ジェシカ直筆サイン入りCDをお渡し(150名様、公演当日会場でスタッフより手渡し)、または、ジェシカ直筆サイン入りCDを本人から直接手渡し(50名様、各部開場前の予定)でお渡しさせて頂きます。

リリース情報

「Call Me Before You Sleep」
M1 Call Me Before You Sleep feat. CrazyBoy
M2 ジャムドゥルギジョン・ジョンファへ feat. Giriboy
M3 Call Me Before You Sleep Inst.
-レーベル:kotake Inc.
-品番:KOTA-007
-価格:\1200(税込)

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着