【→Pia-no-jaC←】『→Pia-no-jaC←
    5th Anniversary EAT A 野音 ~全曲
    ジャック~』2012年9月1日 at 日比谷
    野外大音楽堂

    撮影:中島たくみ/取材:田中 大

    これまでにリリースした全53曲を演奏したデビュー5周年ライヴ。「組曲『 』」を皮切りに、HAYATOのピアノとHIROのカホンの絶妙なアンサンブルが、野音を包んでいった。オリジナルの他、多彩なジャンルのカバー曲も披露。アンコールの前半は客席内に設営された特別ステージに登場し、360°観客に囲まれながら演奏するなど、見どころが満載であった。“野外なので天高く届くように、俺たちの花火を捧げたいと思います”という言葉をHAYATOが添えて、本編ラストに演奏した「花火~HANABI~」は特に印象深い。この曲の時、突然激しく降ってきた雨。雨粒が照明を受けてキラキラ輝く中、ふたりのサウンドがひと際エモーショナルに我々の心に届いてきた。“5周年”という節目を経て、さらに飛躍しようとしている彼らの決意が鮮やかに伝わる場面であった。
    →Pia-no-jaC← プロフィール

    ピアノジャック:ピアノ担当のHAYATOとカホン担当のHIROによるインストゥルメンタルユニット。グループ名はふたりがそれぞれ担当する楽器、ピアノとカホンを組み合わせたもの。2005年に結成し、08年9月に1stアルバム『First Contact』をリリース。ピアノと打楽器というシンプルな構成ながら、ジャズとクラシックを融合させた音楽性、重厚な力強さと跳ねるような繊細さを併せ持った楽曲が話題を呼ぶ。→Pia-no-jaC← オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント