【ザ・クロマニヨンズ】『ザ・クロマ
    ニヨンズ TOUR ACE ROCKER 2012』20
    12年5月23日 at 渋谷公会堂

    撮影:柴田恵理/取材:ジャガー

     ザ・クロマニヨンズの奏でるロックンロールは不変かつ絶対的な存在だ。初めてロックンロールを聴いた時の衝撃は今も彼らの胸を熱く燃え上がらせ、変わらぬ敬愛から生まれるその一音一音は常に刺激的で、オーディエンスも興奮せずにはいられない。ライヴでは拳を天高く突き上げ、いつの間にやら大合唱が沸き起こるのも至極当然のことで、本ツアーの要となっている最新アルバム『ACE ROCKER』もしかり。ただ、今回は宣戦布告とでも言うべきか…「ゴー ゲバ ゴー」の“ゴー ゲバ ゴー”や「欲望ジャック」の“サイレン サイレン”など一緒になって口ずさみたくなるフレーズがこれまで以上に多く見受けられ、耳にしている時からライヴが待ち遠しかった。となれば、これまでのライヴ以上の熱気とエネルギーに包まれることは容易く予想できる。
     実際に強者たちが掻き鳴らす爆音に酔いしれながら、叫ぶように歌い、思うままに踊り狂っていたフロアが印象深い。耳から入ってくる快活なサウンド、胸を高鳴らせるグルーブ、それらを生み出しながらも無邪気に、そして誰よりも高揚しているのがザ・クロマニヨンズだ。“もっともっと全員でロックンロールを楽しもう!”という欲望を剥き出しにして、『ACE ROCKER』収録曲や「伝書鳩」「グリセリン・クイーン」といったライヴの鉄板曲までを矢継ぎ早に投下。あっと言う間にアンコールへと突入し、この日発売になったばかりのシングル「突撃ロック」も披露。曲をやるだけやって、颯爽とステージを去る姿すらカッコ良かった。

    セットリスト

    1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
    ザ・クロマニヨンズ プロフィール

    ザ・クロマニヨンズ:2006年7月23日13時41分、『FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006』に出現。その後、数々の夏フェスにも出現し、デビュー前から話題を呼んだ。そして、同年9月に待望のシングル「タリホー」でデビュー。ロックンロールをこよなく愛する4人が最強のロックンロールを響かせる!ザ・クロマニヨンズ オフィシャルHP

    OKMusic編集部

    全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

    0コメント