【Suara】『Suara LIVE TOUR 2016~
声を聴かせて~』2016年6月18日 at
新宿FACE

取材:清水素子

 デビュー10周年に行なわれたSuaraの東名阪ツアーは、なんと3年半振りのバンドスタイル! 幕開けの「ヌエドリ」から重厚なドラムが唸り、流麗なヴァイオリンが奏でられると、透明感あふれるSuaraのヴォーカルが異次元への扉を開く。そんなプリミティヴかつエキゾティックな世界観を引き継ぎながらも、続く「天かける星」では生演奏される五拍子の隙間にお洒落な空気が滲んで、今、この空間を楽しもうというライヴならではのムードに。“今日はツアーファイナル。燃え尽きて精いっぱいお届けしたい”というMCから、彼女が敬愛する奥井雅美の提供曲で本ツアーのタイトルとも同名の「声を聴かせて」を贈り、やさしさの奥に強さを秘めた歌声を響かせる様も実にロックだ。

 中盤では昨年リリースしたアルバム『声』の初回盤特典ディスクより、春夏秋冬それぞれをテーマにした4曲を続けて披露。柔らかな桜色から軽やかなブルー、ゆったりと暮れなずむ空から凍てつく夜空と、季節の移り変わりを照明と楽曲で見事に表現してゆくが、その流れは彼女曰く“恋の芽生えと失恋を繰り返す悲しいループ”というもの。だが、どこか物悲しくて切なさを掻き立てる声質に、そんな物語はよく似合っている。続けざまPSV『ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚』のED主題歌「焔の鳥」、TVアニメ『うたわれるもの 偽りの仮面』のEDテーマ「星降る空仰ぎ見て」等、ゲームやアニメ由来の濃厚な世界観を持つバラードを、スケール感たっぷりに次々と歌い綴るのもさすが。中でも「キミガタメ」で噎び泣くギターをバックにした魂の籠ったファルセットには、満場の拍手喝采が湧いた。

 さらに“ここからはSuaraの中でもアップテンポの曲を”と、「虹色の未来」以降はオーディエンスも一斉に立ち上がり、緑のサイリウムを振り上げてムード一変。人気曲「不安定な神様」ではSuara自身も拳をあげて、熱いパッションを放出させる。デビュー曲「夢想歌」で締め括った後のアンコールでも、“子供が生まれた日のことを綴りました”という「初空」を愛情たっぷりに届け、12月には全曲を『うたわれるもの』シリーズのタイアップ曲で構成するライヴが決まった旨を告知。喜びの声があがる中、ライヴ定番曲の「トモシビ」を頭からオーディエンスと大合唱し、最後は“Suaraとみなさんとの新たなアンセム”としてアルバムに収録された「Dream」を手拍子の中で歌い上げて、“これからも一緒に夢を描いていきましょう!”と誓った。

セットリスト

  1. ヌエドリ
  2. 天かける星
  3. Fly away —大空へ—
  4. 声を聴かせて
  5. Song of ...
  6. 君の前では少年のまま
  7. 君がいた夏の日
  8. 月明かりに照らされて
  9. 十二月の雨
  10. 焔の鳥
  11. 悲しみの夜明け前
  12. 星降る空仰ぎ見て
  13. キミガタメ
  14. 虹色の未来
  15. 君だけの旅路
  16. 不安定な神様
  17. 夢想歌
  18. <ENCORE>
  19. 初空
  20. トモシビ
  21. Dream
Suara プロフィール

スアラ:学生時代からバンド/ユニットを組み、精力的にライヴ活動を行なう。2005年9月に「睡蓮-あまねく花-」でデビュー。TVアニメ『ToHeart2』のエンディングテーマ「トモシビ」、同じくTVアニメ『うたわれるもの』のオープニングテーマ「夢想歌」を歌うなど、その歌声がアニメ・ゲームファンをはじめとする広い層に届き、注目を集める。10年から香港・韓国などでライヴを行ない、11年10月には韓国でもCDを発売するなど、ワールドワイドな広がりをみせている。“Suara”とはインドネシア語で“声”を意味する。Suara オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着