山内惠介、羽田空港・江戸舞台で新曲
発売記念イベント「来年25周年に向け
て羽ばたきたい!」

山内惠介が、2月26日(月)東京・大田区の羽田空港「江戸舞台」で、今月28日にリリースされる新曲「紅の蝶」の発売記念イベントを開いた。

今作は、「こころ万華鏡」と同じ作詞が松井五郎、作曲・編曲が村松崇継で、艶やかさと力強さが共存した女性を主人公に、聴き手の背中を押すような歌詞と、軽快で勢いのあるメロディーにジャズ、クラシック、ラテン、和のテイストといったグローバルなサウンドを織り交ぜた山内惠介の新たな世界観を感じさせる意欲作だ。

ジャケット写真とカップリング曲が異なる4タイプのシングルが発売され、「愛盤」には「あなたを想うたび涙が止まらない」、「祭盤」には「祭りだホイ!」、「虹盤」には「傘」がカップリング曲として収録され、「唄盤」には「虹の蝶」のミュージックビデオ(DVD)が付いてくる。

この日のイベント会場になった「江戸舞台」は、羽田空港国際線フライトの玄関口、羽田空港第3ターミナル内にあり、江戸総鎮守・神田明神の色彩をイメージした赤い柱が特徴のステージに「紅の蝶」のミュージックビデオにも登場した多数の傘を装飾。

そんな新曲の世界観にマッチしたステージに立ち、マスコミ向けに同曲を披露した山内は「今日は大安で、天気にも恵まれて幸先のいいスタートを切ることができましたので、ぜひ大ヒットさせたい」と宣言。また、今回のために特別に用意された手製おみくじで「海外でも大ヒット」を引いて、「世界にも羽ばたいていきたい」とグローバル宣言も飛び出した。
江戸舞台で初めて新曲を披露した山内は「今日はとても気持ちよかったです。まさに自分が蝶になったような、飛行機になったような気持ちで歌わせていただきました。いままさにこの国際線ターミナルから飛び立ちたいですね(笑)。(まだ行ったことのない)バンコクに行ってみたい」と笑顔を見せた。

新曲について「男女の恋のやりとりをリズムに乗せて描いておりまして、『地団駄を踏むならよしとくれ』とか、『土壇場で尻込みしなさんな』とか、いま迷っていらっしゃる方の背中を押すという恋の歌ですが、応援歌です。合い言葉が『ほれ』で、それが背中を押してくれる言葉です。日本語の美しさを、韻を踏みながらリズムに乗せて、一見、早口言葉のように聴こえますが、そこを丁寧に美しく響かせていくことに心がけています。クラシック界の村松崇継先生が踊りたくなるようなサウンドを作ってくださいました」。
そして、「この曲で羽ばたいていけるようにと、今日も1曲入魂の気持ちで歌わせていただきました。まだ海外ツアーをやったことがないので、この新曲を大ヒットさせ、実現させてみたいですね。グローバルな展開もできたら……。人間の持つ力は覚えること、そして覚えるために書く、そうやってずっと頭を使っていれば僕は若々しくいられると思うので、『紅の蝶』をカラオケで歌ってくださったり、聴くことでアンチエイジングできる作品だと思いますので、常にそれをキープできるようにこの歌と共に過ごしていただける、そんな1年にしたい」と大張り切り。

来年で25周年を迎えるが、「その前年の今年は飛躍の年にして、来年25周年が最高の年になるよう頑張っていきたい。『紅の蝶』で大輪の花を咲かせ、紅白歌合戦にも出たいですし、レコード大賞という大きな賞にもこの歌で久しぶりに山内惠介が登場できることを強く願っています」と話していた。

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着