遊び女・おふうを演じた天翔愛 (C)NHK

遊び女・おふうを演じた天翔愛 (C)NHK

天翔愛「どうする家康」で遊び女・お
ふう役 「大変光栄な気持ちと感動で
いっぱい」

 嵐の松本潤が主演するNHK大河ドラマ「どうする家康」の第7話「わしの家」が19日に放送され、遊び女(あそびめ)・おふう役を演じた天翔愛からコメントが届いた。
 天翔は、俳優・藤岡弘、の長女で、これがテレビドラマ初出演、かつ時代劇初挑戦となった。
 今回演じたのは、古川琴音が演じる巫女(みこ)の千代と行動を共にする謎めいた遊び女で踊り子のおふう役。妹の天音も同じく遊び女・おりん役で出演した。
 出演に際し、「大河ドラマへの出演は、俳優として一つの目標とさせていただいていたことでしたので、このようなタイミングで出演させていただけることに、大変光栄な気持ちと感動でいっぱいになりました」とコメント。
 父の藤岡も、織田信長の父・信秀役で出演しており、「父が演じる、今まさにこの時代を生きているかのような、存在感や実在感のある織田信秀にしびれました。私が人生の目標とする、武士道精神をアイデンティティーとする父と同じ作品に出演させていただけるという起こり得ない奇跡にも、心から感謝しております」と述べた。
 また、「この度、父から学んできた武士道精神を生かすことができるお役を頂けることに、大変魅力と喜びを感じております。昨今のように、時代の変わり目のような時代を命懸けで生き抜いた、遊び女の生きざまや覚悟を込めました。遊び女の表現などは、父が自ら指導してくれて、自然な表現が素晴らしく、改めて父を尊敬しました」と語った。
 第7回の出演シーンの収録については、「今まで着たことのない、天女のようなお衣装が予想より重く、舞うときの体や袖の動かし方、動く際にどうやったら美しく見えるのかなど、それぞれのシーンごとに、妹と共にお互い提案しながら研究し合ったりしました」と明かす。
 最後に、「当時の時代を体感とともに実感することができ、より一層、日本文化や歴史に深く興味を持つことができました。素晴らしい諸先輩の表現を学ばせていただいたことで、表現をすることの楽しさが私の中で大きくなってまいりました。とても感謝でいっぱいです」と語った。

アーティスト

エンタメOVO

新着