満島ひかりと佐藤健、キス直前まで翻
弄される人生の様々なシーンを映し出
す Netflixシリーズ『First Love 初
恋』本予告編を公開

11月24日(木)より全世界独占配信がスタートするNetflixシリーズ『First Love 初恋』から、本予告編とキーアートが解禁された。
『First Love 初恋』は、1999年にリリースされた宇多田ヒカルの「First Love」と、その19年後に発表された「初恋」にインスパイアされたNetflixオリジナルシリーズ。1990年代後半とゼロ年代、そして現在まで20年余りに渡る“初恋”の記憶をたどる一組の男女の物語を描く。
本作では、満島ひかりと佐藤健がW主演。満島は、フライトアテンダントを目指すも不慮の事故で運命に翻弄される野口也英を、佐藤は航空自衛隊のパイロットになるも現在は別の道を進む並木晴道をそれぞれ演じる。そのほか、キャストとして八木莉可子、木戸大聖、夏帆、美波、中尾明慶、荒木飛羽、アオイヤマダ、濱田岳、向井理、井浦新、小泉今日子らが出演することがわかっている。監督・脚本を担当するのは、映画『天使の恋』や『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』などの寒竹ゆり氏が担当する。
解禁された映像は「誰かが言った。人生はまるでジグソーパズルだと」という、也英(満島ひかり)のセリフからスタート。若き日の也英(八木莉可子)と晴道(木戸大聖)が織りなす“初恋”のはじまりの物語とともに、満島ひかり演じる也英と佐藤健演じる晴道の現在のふたりの人生の様々なシーンが映し出される。
約20年を経て再会した也英と晴道、也英の「初めまして」の一言と晴道の頬を静かに涙が伝う意味深な場面も公開。宇多田ヒカルの「初恋」と「First Love」が鳴り響くなか、運命に翻弄される也英と晴道の姿が、記憶を辿るように描かれていく。そして、「もしもあなたに出逢わずにいたら、私はどんな今を生きているのだろう」という言葉と、也英と晴道が口づけを交わす寸前で締めくくられる。
なお、明日11月16日からは、JR山手線がフルラッピングでジャックされる「First Love 初恋」トレインがスタート。車内は、也英と晴道の様々な表情・シーンを切り取ったビジュアルが埋め尽くし、映像モニターではこれまでに発表された本作の予告映像や、10月末に行われた「全国初恋調査」の集計結果などが掲載されるという。「First Love 初恋」特別仕様のJR山手線は、11月16日から11月30日までの約2週間運行するとのこと。
Netflixシリーズ『First Love 初恋』は2022年11月24日(木)より独占配信。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着