元JYP練習生?!BTOBプニエルのプロ
フィールと私服画像を厳選紹介

CUBEエンターテインメントに所属する男性6人組のアイドルグループ「BTOB(ビートゥービー)」。本記事ではBTOBのメンバーであるプニエルのプロフィールをご紹介します。性格や今までの経歴などチェックしてみましょう!
BTOBってどんなグループ?
プニエルのプロフィール
プニエルの厳選インスタ画像10選
プニエルのダンス動画3選
BTOBってどんなグループ?
男性アイドルグループ「BTOB(ビートゥービー)」は、7人のメンバーで2012年3月21日にシングル「秘密(Insane)」をリリースし、デビューしました。
バラードを得意とすることから「バラドル(バラードソング+アイドル)」と呼ばれています。
韓国のアイドルグループには、デビュー後7年で解散に追い込まれるケースが多いのですが、徐々に人気が高まり誰一人かけることなく再契約をしたグループでもあります。そのことも踏まえて「大器晩成ドル(大器晩成+アイドル)」「実力派ドル(実力派+アイドル)」と呼ばれてもいますよ。現在はメンバーの1人が脱退して6人で活躍中です。
グループ名の「BTOB」は「Born To Beat」の頭文字を組み合わせたもの。これには「新しい音楽(ビート)とステージを披露するために生まれた」という意味が込められているそうです。
ちなみに、ファンは「Melody」という名称で呼ばれていますが、こちらは「BeatとMelodyが合わさることで、素敵な音楽になる」という意味を込め、リーダーのイルフンが名付けました。
プニエルのプロフィール
本名
シン・ドングン
ニックネーム
プニ、プニたん
生年月日
1993年3月10日
身長
175cm
体重
63kg
血液型
B型
出身地
アメリカ・シカゴ
血液型
B型
趣味
ボクシング、写真を撮ること
特技
写真を撮ること、英語
担当
サブラッパー、2代目メインダンサー
BTOBの最後の加入メンバーであるプニエルはアメリカ・シカゴ出身の韓国系アメリカ人です。なんと、グループに合流したのはデビューの一か月前でした!
なので、BTOBのデビュー前のイベントにはプニエルは一切参加していませんでした。
グループ加入前は、JYPエンターテインメントのグローバルオーディションに合格し、2年間ほど練習生をしていたことも。その後、JYPエンターテインメントを退社してCUBEエンターテイメントに移ったそうです。
グループ内では年下組ということもあり、最年少メンバーのソンジェと仲がいいといわれています。
また、アメリカのヒップホップMCであるスヌープドッグに憧れていると言っています。彼の音楽性やスタイルに影響を受けており自身の音楽感の参考にもなっているそう。
ポジション
グループのなかで、プニエルは主にラッパーを担当しています。
ただ、BTOBはメインボーカルだけでなくメンバー全員音楽性がとても豊か!プニエルもサブボーカルを行うこともありますよ。
プニエルは元々歌手になる夢をえるために、アメリカを離れ韓国にやってきたというエピソードもあります。
夢を叶えるために歌の練習も日々努力していると思うので、今後プニエルの歌声を聞ける機会が増えるかもしれませんね!
ダンススキル
プニエルが合流したときには既にデビューショーケースが1ヶ月後に迫っていました。プニエルは1ヶ月で歌やダンスの練習を行ったことになります。
また今となっては、メインダンサーを務めることもあるので、デビュー後も努力を続けて着実に実力をつけていますね。
性格・特徴・趣味
クールな見た目とは反対にお茶目な性格のプニエル。これまでに何度も悪ふざけをしてスタッフを困らせてしまった!なんてエピソードもあるようです。
その反面、ナイーブで恥ずかしがり屋な一面もあり、デビュー直後は、自分が最後の加入メンバーでもあったことから「自分が入ったことでこのグループのイメージが悪くなったらどうしよう。」と悩んでいたこともあったそうです。
また、写真を撮ることは趣味・特技にもあげるほど好きだと語るプニエルですが、写真に撮られることは緊張してしまいぎこちなくなってしまうようです。
悪ふざけをするのも照れ隠しの表れなのかもしれませんね。
そして、人見知りにも関わらず夢を叶えるために韓国語が話せないなか、韓国にやってきたのでとても努力家でチャレンジャーでもあるのでしょう!
また、特技や趣味に「写真を撮ること」を挙げているプニエルですが、写真の腕前以外にも映像に関心があるようです。そんなプニエルをBTOBのファンは「プ作家」とも呼んでいます。
ちなみに、プニエルの実力は、BTOBのボーカルユニットBTOB BLUEの1stシングル「Stand By Me」のミュージックビデオを演出することで披露されていますよ。
写真以外の趣味としてボクシングもあげていますが、こちらを始めたのは腰痛がきっかけでした。
腰痛対策として、休日も適度な運動を継続して行うなか、ボクシングを習ったところハマったそうです。
家族構成・生い立ち
プニエルの家族は、父・母・姉の4人家族です。アメリカ・シカゴ出身で、英語がネイティブだったため韓国へきた時は韓国が話せず苦労したようです。

アーティスト

Dews

ダンスの情報ならダンスのニュースを網羅するポータルサイトDews(デュース)。ダンサー情報やダンス動画、ダンスミュージック、ダンスイベントバトル、コンテスト、オーディション情報をいち早く配信します。

新着