実写映画『東京リベンジャーズ』続編
の製作が決定 北村匠海「武道をまた
やれる、みんなとまた会える、また"
名前を呼んでもらえる"」

実写映画『東京リベンジャーズ』の続編が製作されることが発表された。
『東京リベンジャーズ』は、『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の和久井健氏による漫画『東京卍リベンジャーズ』の実写映画化作品。主人公のタケミチが、事故に巻き込まれて命を落とした恋人の命を救うべく高校時代へタイムリープし、最凶のチーム・東京卍會/トーマンへ潜入する姿を描いた作品だ。主人公のタケミチこと花垣武道役で主演するのは、俳優の北村匠海。また、恋人の橘ヒナタ役で今田美桜が共演。そのほか、山田裕貴、杉野遥亮、鈴木伸之(劇団EXILE)、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、そして吉沢亮がキャストに名を連ねた。メガホンをとったのは、映画『あさひなぐ』の英勉監督。脚本を、『凶悪』『ひとよ』などの高橋泉氏が手がけた。なお、興行収入は45億円、観客動員数は335万人を記録。2021年の劇場用実写映画では、No.1のヒット作となった。
実写映画『東京リベンジャーズ』の続編製作は、本日7月30日(土)の『土曜プレミアム』(CX)での『東京リベンジャーズ』地上波初放送終了後に発表。花垣武道役の北村匠海のほか、原作の和久井氏、英監督、岡田翔太プロデューサーからのコメントも到着している。
北村匠海(花垣武道 役)
前作のオールアップの日に、『武道がまだまだ殴られ足りないみたいなので2もよろしくお願いします』
と話していたのがやっと現実的になりました。
武道をまたやれる、みんなとまた会える、また"名前を呼んでもらえる"。そんなことだけでも嬉しかったり。
楽しみにしていてください。
和久井健(原作)
映画『東京リベンジャーズ』が公開されてまだ1年…こんなにも早く続編の発表になり、本当に自分も興奮してます!脚本を読んでいるだけで、また北村さんのタケミチや吉沢さんのマイキー、山田さんのドラケンが映画館のスクリーンで観られるかと思ってドキドキが止まりませんでした!しかも今回は新キャストも参戦し、原作でも描いていて特に思い出深いシリーズの実写化…読者の皆さんと一緒にこの興奮を共有できてすごく嬉しいです(^^)
英勉(監督)
ドデカい新たなミッションに、身の引き締まる思いです。
この高い山を、武道たちと何度だって諦めず駆け登っていこうと思っています。
皆さんよろしくお願いします。
岡田翔太(プロデューサー)
北村匠海さんが「まだ、殴られ足りないんで。」と言ってくれた、前作の撮影最終日。
「必ずまた会おうね。」と約束した日がようやくやってきました。
日本の夏をアツく盛り上げた男たちが更にスケールアップしてまたスクリーンに帰ってきます!
やっとこの発表が出来たこと、また皆と作れることをとにかく嬉しく思っています。
”あの人”の言葉を借りるなら、「一人一人がみんなの為に命を張れる。」
そんなチームで完成まで走り抜けます!!
必ず、皆様の期待を超える作品をお届けします!楽しみに続報をお待ちください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着