B.O.L.T、『B.O.L.T Presents Early
Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」』
東京公演に幕 1st EP『Weather』よ
り「雨のち晴れ」初披露も

5月29日、B.O.L.Tの2度目のツアーとなる『B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」』東京公演が品川プリンスホテル クラブeXで開催された。
B.O.L.Tは、昨年夏に自身初となるツアーを開催し、今年の初夏に開催の2度目のツアー『B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」』では、東京・大阪・宮城・愛知の4都市を巡回する予定。皮切りとなった東京公演は5月28日・29日の2日間にわたって開催された。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
Early Summer Tourとのタイトルの通り、初夏らしい天候に恵まれた品川プリンスホテル クラブeXを皮切りに始まった『B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」』。2日目となるこの日は、1部の昼公演と2部の夜公演、計2回公演で開催された。1部では、初夏のツアーらしく今日のライブの熱気を予感させるような元気いっぱいのメンバーが登場。70年代パンク・スタイルを現代風にアップデートしたツアー衣装を披露し、高井千帆から「ツアー2日目いくぞー!」と今日のライブの開幕が告げられると、集まったファン達からは大きな拍手が湧き起こった。この日の1曲目に選ばれたのはB.O.L.T始まりの曲でもある「星が降る街」。メンバーの青山菜花・白浜あやは2019年7月結成時にこの楽曲を披露した時は小学5年生だったが、今では中学2年生になり、個人として、そして内藤るな・高井千帆を含めたグループとしても成長を感じさせられるパフォーマンスとなった。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨

B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
続けて、スタンドマイクが象徴的な「夜更けのプロローグ」とB.O.L.T初期に発表された楽曲を立て続けに披露したかと思えば、1st AL『POP』に収録された「スーパースター」、そして結成2周年を記念して配信限定でリリースされた「夕日の後の夜に」、3rd SGのカップリングの「Reborn」とメッセージ性の強い楽曲をしっとりと歌い上げる。普段のB.O.L.Tはアップテンポな楽曲でライブが始まることが多かったが、しっとりとした楽曲を序盤に披露することで、B.O.L.Tの表現力の成長を見せつけた。既に冒頭から5曲続けて披露しているが、まだまだMCに入るそぶりは見せず、続く「宙に浮くぐらい」の冒頭ではそれぞれの自己紹介に加えて高井千帆が「みんな今日は来てくれてありがとう!ここにいる全員をトリコにしちゃうからねー!盛り上がっていきましょう!」と集まったファン達を鼓舞すると、いつも以上に勢いを感じさせるB.O.L.Tに大きな拍手で会場は盛り上がった。GONGON(ex:B-DASH)楽曲提供の「BON-NO BORN」、SpecialThanksMisaki楽曲提供の「スマイルフラワー」、そしてテレビドラマ「ごほうびごはん」OP主題歌を務めた「More Fantastic」(音楽プロデューサー クボナオキ楽曲提供)とバンドサウンドが特徴的なアップテンポな曲で畳みかける。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨

「More Fantastic」はライブを盛り上げる企画“ #可愛い被写体のいる生活 ”として披露。この企画は、ライブで披露する楽曲の中から1曲を写真撮影可能とし、B.O.L.Tメンバーを被写体に可愛い瞬間をファンのみなさんに収めてもらうというもの。ハッシュタグ可愛い被写体のいる生活でTwitter上でのアップも可能で、この企画を楽しみにカメラを持参したファン達は、思い思いにB.O.L.Tのファンタスティックな瞬間を切り取った。流れは止まらず「淡い空」「わたし色のトビラ」、そして2nd AL『Attitude』に収録されたDragon Ashのカバー「HOT CAKE」、同じく2nd AL収録の「まわりみち」を続けてしっとりとパフォーマンスすると、公演内で初の無音での長めの暗転から本編最後の「寝具でSING A SONG」へと。なんとMCなしで14曲を続けて披露するという、B.O.L.T史上初となる演出をツアーで披露した。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨

B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨

アンコールを求める拍手が鳴り響き、ツアーTシャツに着替えてB.O.L.Tが再び登場。前日のツアー初日で初披露された1st EP『Weather』への収録が予定されている「New Day Rising」をパフォーマンス。とにかくカオスな振り付けが印象的なこの楽曲は、「New Day Rising いますぐ 何か始めよう」という歌詞の通り、これからもB.O.L.Tと一緒に楽しいことを始めようというメッセージのこもった一曲となった。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨

B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨

B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」1部 撮影=塩崎亨
この日最初の、そして最後のMCブロックでは、メンバーの高井千帆が”B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」ということで、今一度私たちB.O.L.Tのポップパンクで熱いライブを東京、そして全国のみなさんに届けたいと思います”とツアータイトル「RE; B.O.L.T」の意味を説明。そして話題は8月10日に発売が控える1st EP『Weather』の話へと。「New Day Rising」はバンド”どついたるねん”の提供であることが語られ、青山菜花はレコーディングでは「どついたるねん」のメンバーから「楽しく歌ってくれればいいよ」とアドバイスを受けたことを明らかにした。高井千帆は「勝手に私たちB.O.L.Tの兄貴的な存在だと思っています!」と語るなど、レコーディング時のエピソードも披露した。そして最後にはこの公演を駆け抜けた足跡を残すかのように「足音」で1部を締め括った。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨

B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨
続く2部では、1部とは対照的にしっとりとした楽曲「淡い空」からスタート。「夜更けのプロローグ」、そして1部では披露しなかった1st AL『POP』のリード曲である「axis」、その後「夕日の後の夜に」「Reborn」と続けると、歌詞や楽曲の世界観をより力強く表現。思わず見入るファンたちへ、続く「SLEEPY BUSTERS」の冒頭ではメンバーの白浜あやから「今日で東京公演は最後です!明日のことなんて忘れて楽しみましょう!エンジョイしていくぞー!」と2部の意気込みを語ると、ファンたちは大きな拍手で応えた。1st EP『Weather』収録の「New Day Rising」を披露したかと思えば、続く「宙に浮くぐらい」は“ #可愛い被写体のいる生活 ”企画として撮影可能曲としてパフォーマンス。ステージ上をところせましと飛び跳ねるB.O.L.Tの一瞬一瞬を、ファンたちはレンズに収めていた。その後は、「More Fantastic」とこの日ならではのアッパーな楽曲が続くセットリストを披露すると、一息つくかのように2nd AL『Attitude』に収録された「未完成呼吸」、「わたし色のトビラ」、そしてもっともっとB.O.L.Tの音楽に耳を澄ませてほしいというメッセージがこもったかのような「Hear You」「まわりみち」と続き、早くも1部同様1度のMCも挟むことなく、これが自分たちのカラーだと言わんばかりに、本編最後の「OUR COLOR」へと立て続け、ノンストップな14曲を披露した。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨

アンコールは、「まだまだツアーは始まったばかり!」と言わんばかりの「Please Together」で再び幕が開く。初夏のツアーをよろしくお願いしますというメッセージも強くこもった楽曲を披露すると、2部最初にして最後のMCでは結成記念日の7月15日に東京・KANDA SQUARE HALLにて『B.O.L.T 3rd ANNIVERSARY LIVE & Early Summer Tour 2022 FINAL』開催を発表。高井千帆は「私たちは曜日関係なく意地でも結成日にライブをしますから!」と意気込みを語ると、内藤るなは「7月15日は“B.O.L.Tの日”ということで祝日ですから!」と、結成記念日を大切にしている様子でファンと迎えるライブを心待ちにしていた。そして、この日の最後を締めくくる楽曲として、先日の雨からB.O.L.Tのツアー開幕を祝福するかのように、晴れた品川を予感していたかのような新曲「雨のち晴れ」を披露。楽曲の世界観を、雨水をすくって広げるという振り付けと歌が調和したパフォーマンスで表現し、東京公演の幕を下ろした。
B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨

B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」2部 撮影=塩崎亨

『B.O.L.T Presents Early Summer Tour 2022「RE; B.O.L.T」』は、5月29日に開催された東京公演を皮切りに、6月5日には大阪・ESAKA MUSE、6月19日は宮城・仙台darwin、6月25日には愛知・SPADE BOXでの開催を予定。7月15日には、東京・KANDA SQUARE HALLでの『3rd ANNIVERSARY LIVE & Early Summer Tour 2022 FINAL』が控えている。また、B.O.L.Tは8月10日に1st EP『Weather』をリリースする。そのほか、interfmではレギュラー番組『B.O.L.Tの10万ボルト』(毎週金曜25時)が放送中だ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着