土岐隼一

土岐隼一

【土岐隼一 インタビュー】
アルバム全体で
30代の大人な感性を表現できたら

2019年5月に「約束のOverture」でアーティストデビューを果たしてから3年。土岐隼一の“現在”が詰まった1stフルアルバム『Good For』がリリースされた。声優としても目覚ましい活躍を見せる彼の、アーティストとしての“等身大”の感性と気分を余すところなく反映した全12曲。本人による全曲レビューを含めたインタビューをお届け。

大人びたキャラを演じるようになり
もう大人であることに気づいた

1stフルアルバムのコンセプトは“等身大の自分”とのことですが、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

フルアルバムを作ろうという話が出たのは「真心に奏」(2021年11月発表のシングル)を制作したタイミングで。それまでに出してきた楽曲は、どちらかと言うと僕の中の陽気で明るい部分をフューチャーしていて、それはそれで僕のひとつの大きな特徴ではあるんですけど、せっかくのフルアルバムなのであれば、これまでとはまた違った一面を見せることができたらいいなと思って、それで“等身大の自分”というテーマを提案しました。

等身大の自分を見せたいと思うきっかけのようなものはあったんですか?

これは声優のお仕事で感じたことなんですけど、昨年はこれまでになく大人びたキャラクターを演じさせていただく機会が増えて、そのことに自分でも驚いたんです。僕は今年で33歳になるんですけど、そう考えると確かにもういい大人だなって(笑)。だからこそ、等身大で大人な一面を出したいと思うようになったんです。

本作は土岐さんのこれまでのパブリックイメージを覆すような、大人っぽくて艶っぽいアルバムに仕上がっていますね。

ありがとうございます。実は30歳になったばかりの頃って、20代とは違うと感じても、それが何なのか自分でもよく分らなかったんですよね。でも、それから数年過ごしてみて、今はようやく30代に慣れてきたというか(笑)。もちろんまだ体力が衰えたとか老けたっていう年齢じゃないですけど、それでも身体も心もある程度は気を遣わないと、昔のバランスのままではいられない感覚はあるんですよね。それが分かった今だからこそ歌える楽曲があると思い、アルバム全体を構成していきました。

1stシングル「約束のOverture」(2019年5月発表)と2ndシングル「真心に奏」は、歌はそのままで編曲を変えたリアレンジバージョンが収録されていますね。

今回のアルバムにより馴染むようにリアレンジされていて、原曲とはひと味違う新鮮さを感じてもらえると思います。あえて歌を録り直さずに残しているのは、この3年間の軌跡をそのまま残したいからで、M1から順に聴いていくとM3の「約束のOverture」を聴いた時に“ちょっと硬いな”って感じるんですよね。この3年間の中でも変化はあるんだなと実感できますし、そういう細かい違いも聴いてくださるみなさまに楽しんでもらえたらと思っています。

また、アルバムには「Time with You」(2019年11月発表のクリスマスコンセプトシングル「Party Jacker」カップリング曲)、「all well and good」(2ndシングルのカップリング曲)、「僕らには有ったよなぁ」(1stシングルのカップリング曲)の3曲の既存曲が収録されていますが、これらを入れたいと思った理由というのは?

この3曲に関しては特に僕の人生観というか、パーソナルな部分が色濃く出ている楽曲なんですね。表題曲ではないからこそ表現できた世界だと感じているので、これらはどうしても入れたかったんです。

なるほど。これら既存5曲を収録することで、デビューから現在までの3年間が余すところなくパッケージングされたんですね。

おっしゃるとおりです。その上で新曲には33歳になる僕の“今”の気持ちを詰め込んでいるので、そのふたつを合わせて聴いていただくことで、より解像度が鮮明になるのではないかと思っています。
土岐隼一
アルバム『Good For』【初回限定盤】(CD+DVD)
アルバム『Good For』【通常盤】(CD)
アルバム『Good For』【きゃにめ限定盤】(CD+DVD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着