deerafterが魅せつける、研ぎ澄まさ
れたショートチューン

美しさを詰めこんで

2019年春、北海道札幌にて結成された
。いうならば、彼らは誰よりも美しく短距離を走りきるバンドだ。ほとんどの曲が2分以内というショートチューンでありながら、限られた時間のなかには彼らの美意識がこれでもかと詰めこまれている。
得意とするのは、エモーショナルかつテクニカルなサウンド。
などを影響源としており、勢いだけじゃない高いスキルとバランス感覚が彼らの持ち味だ。「短い尺なんて、できることが限られているだろう」とうがった見方をしそうになるが、deerafterの楽曲に触れるとそんな固定観念はぶち壊される。パンク、ポストロック、オルタナティブと縦横無尽に駆け巡り、声が恋しくなるシーンではしっかりとボーカルを投下。多種多様なアプローチで、最強の短距離走を成し遂げるバンドなのである。
先日配信が開始された『Moon Kick』は、配信限定音源としてリリースされた1枚。リードトラックの「Moon Kick」を筆頭に、彼らの手札の多さを実感できる作品に仕上がった。

deerafter アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着