島﨑信長インタビュー 小野大輔との
絆が深まった『NIGHT HEAD 2041』、
「時代や表現方法が変わったとしても
、テーマは不変」

オリジナルTVアニメ『NIGHT HEAD 2041』が、2021年7月14日(水)よりフジテレビ「+Ultra」枠(毎週水曜24時55分)で放送される。2年放送のTVドラマ『NIGHT HEAD』で描かれた、超能力者であるが故に苦しみ居場所を求めて放浪する霧原兄弟に加え、彼らを追い詰めていくもう一組の兄弟・黒木兄弟の相克が描かれる本作。
SPICEでは霧原直也役で出演する島﨑信長にインタビュー! 本作の魅力や、兄・直人役の小野大輔との収録エピソードを訊いた。
★記事の最後には、サイン入りポラロイド写真が当たる読者プレゼント情報も!
【インタビュー】「今この時代に新たにお届けする意味がある」
島﨑信長
――出演への意気込みをお聞かせください。
TVドラマ版『NIGHT HEAD』の名前は僕も知っていたのですが、そこまで詳しく知らなかったので、霧原直也役でオファーをいただいてから収録が始まるまでのあいだに、いろいろな方のレビューや考察を読んだり、この作品が社会に与えた影響などを勉強したりしました。それだけ熱狂的なファンがいるということは、この作品の持つメッセージが強いからだと思うんです。もちろんエンターテインメントではあるのですが、それ以上に観た人に伝わってくるものがあるからこそ社会現象にまでなったわけで……。
今回新たにTVアニメが制作されるのも、作品自体に時代を超えるメッセージ性があるからだと思います。先日原作者の飯田譲治さんとも対談させていただいたのですが、僕が感じたような想いはもちろん、さらに深いテーマや想いを織り込んで物語を制作されていたので、作品への愛をとても感じました。
――本作の魅力をお聞かせください。
なんといっても“2041”であることにつきると思います。根底にあるものは原作と変わらないのですが、“2041”という文字を信じるのであれば、時代設定も違いますし、黒木兄弟の存在やビジュアルなども明確に違いますから。ただ、時代や表現方法が変わったとしても、『NIGHT HEAD』そのもののテーマは不変なんです。この作品は人間を描いた作品なので、きっと伝わるものはあるはず。そのうえで、今この時代に新たにお届けする意味があるなと、僕は思いました。
霧原直也 CV:島﨑信長 (c)飯田譲治/NIGHT HEAD 2041 製作委員会
直也は儚げに見えて、実際はとても強い人
――演じられた直也の魅力や、演じる際に意識していることを教えてください。
もともと大暮維人先生の描かれるイラストが大好きだったので、キャラクターデザインを見たときは、すごくテンションが上がりました。霧原兄弟と黒木兄弟それぞれのデザインやカラーリングにも大暮先生らしさを感じます。直也はビジュアルもかわいらしいですし、儚げな印象があるので、対照的にガタイのいい兄さんに守られているように表面的には見えがち。でも、演じている僕自身はそうは思っていなくて。直也は芯の強さや心の強さ、そして優しさを持っているからこそ、柔らかくておおらかなんです。実際はとても強い人だと感じたので、表面的な印象にとらわれずに、彼の内面としっかり向き合って演じています。
霧原直也 CV:島﨑信長/霧原直人 CV:小野大輔 (c)飯田譲治/NIGHT HEAD 2041 製作委員会
黒木タクヤ CV:櫻井孝宏/黒木ユウヤ CV:小野賢章 (c)飯田譲治/NIGHT HEAD 2041 製作委員会
――霧原兄弟と黒木兄弟、それぞれどんなところが魅力でしょうか。
霧原兄弟は、とにかくずっとお互いを呼び合ったり、声を掛け合ったりするんです。まさに伝家の宝刀! でも黒木兄弟は現代的で、もっとおしゃれ。直人が「どうした直也」とすぐに心配してくれるのに対して、タクヤ(黒木タクヤ CV:櫻井孝宏)はからかうように、いじるようにユウヤ(黒木ユウヤ CV:小野賢章)に声をかけるんです。ただ、どちらの兄も、弟思いであることには共通していて(笑)。その違いがおもしろいかもしれません。
島﨑信長
「直人が怒ってくれることで救われている」
――演じていて印象的だったことがあれば教えてください。
霧原兄弟の関係性ですね。直人が怒りや激情を表に出すときって、直也のためだったりもするんですよ。ふたりとも感受性が豊かなので、心が揺さぶられると感情が表に出てしまうこともありますが、直也は心のコントロールを長年し続けてきた人なのもあって、めったに怒らないんです。というか……性格上、怒れないんですよね。だからこそ、直人がすぐそばで怒りを表に出したり、外に感情をぶつけたりしてくれるおかげで、バランスが保てているんでしょうね。
霧原直人 CV:小野大輔 (c)飯田譲治/NIGHT HEAD 2041 製作委員会
普段直人が抱く怒りは、直也も同じように思っているはず。でもそれをグッと我慢してしまう直也だからこそ、直人が怒ってくれることで救われていると思います。そして、もし直也が何かを主張するときは、反対に直人は身を引いて受け止めてくれる側に回ると思います。そのバランスが印象的でした。
霧原直人 CV:小野大輔/霧原直也 CV:島﨑信長 (c)飯田譲治/NIGHT HEAD 2041 製作委員会
「どうした直也」「兄さん」小野大輔との絆
――この作品に出演したことで、なにか変化はありました?
小野大輔さんとの絆は、間違いなく深まりました! いままでも近しい関係の役で共演させていただいたことはあるんです。でも今回は兄弟としてがっつり掛け合いがありますし、常にお互いを思い合っている関係性ですから。別の現場で小野さんとお会いしたときも、兄さんに会えた喜びに近いものを感じるようになりました(笑)。セリフでも、「どうした直也」「兄さん」というやりとりが多かったので、小野さんを見かけるとつい言いたくなってしまいます。
島﨑信長
――作中の社会では、「物理こそ世界の理」と言われています。それにちなんで、島﨑さんご自身の“理”(=心情、大事にしていること)を教えてください。
僕は、自分や周りの人が楽しくいられるかどうかを大切にできたらなと思っています。楽しくないとどんなこともしんどくなってしまいますし、一度きりの人生くらい、楽しくいたいじゃないですか。もちろん誰かに迷惑をかけることや、自分さえよければあとはどうでもいいということではありません。そうではなくて、周りも楽しくいられて自分自身も楽しくいられるために、どうすればいいかってことを大切にしたいな、と。あとあと楽しくいられるために、今大変なことを頑張る、というのも大事ですね。楽しくいるということは、ただラクしていたいっていうこととは違ってくると、僕は思っています。
タイトルとこのメンバーだけで「すでに強力」
――最後に、放送を楽しみにしているファンへ、メッセージをお願いします!
令和の時代に、『NIGHT HEAD』の物語をお届けできることをうれしく思います。時代や国にとらわれない普遍性のあるメッセージが込められた作品なので、どんな方が観ても感じるものがある物語だと思います。しかも兄・直人役は小野大輔さんですし、櫻井孝宏さんと小野賢章さんが演じるアニメオリジナルキャラクターの黒木兄弟も登場します。タイトルとこのメンバーだけで「すでに強力だな」と、僕自身、収録が始まるのが待ち遠しかった作品です。
島﨑信長
TVドラマ版を観ていた方はもちろん、今回初めて触れる方にもお楽しみいただけるはず。それに、どんどんいろいろな謎や情報が明らかになるので、毎話続きが気になって、気が付いたら夢中になっていると思います。最後までご覧いただければ、しっかりと心に届くものがあると思いますので、ぜひお楽しみください。
ティザーPV 第 2 弾
オリジナルTVアニメ『NIGHT HEAD 2041』は、2021年7月14日(水)よりフジテレビ「+Ultra」枠(毎週水曜24時55分)にて放送。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着