親友・三浦春馬さんの命日に勝利を!
『RISE WORLD SERIES』出場の江幡睦
が公開練習

『RISE WORLD SERIES 2021 OSAKA』が7月18日(日)にエディオンアリーナ大阪・第一競技場で開催される。
この大会で開幕する「DEAD OR ALIVE -53kgトーナメント」に出場する江幡陸が練習を公開した。キレのあるシャドーを3分2ラウンド行った後、所属する伊原道場の伊原信一会長が持つミットに2ラウンド全力で打ち込み、好調ぶりをアピールしている。
公開練習後にインタビューに応じた江幡は、「体調も良くコンディションも上手く整えられているので、すごく調子はいい」とコメント。初登場となるRISEのリングについては「弟の(江幡)塁が2試合出ていたので、初登場の気分じゃない。(ルールの)対策はずっとやっている。不安はあまりない」と自信をのぞかせた。
初戦の対戦相手となる風音に関しては「出入りの部分とか、パンチが行き過ぎた時のカウンターには気をつける」としながらも、「彼(風音)へのイメージと言うか、自分の全力を7月18日にぶつけて全力で倒すということにフォーカスしている」と語り、あくまで自分のスタイルを貫くことを意識しているようだ。
「背が同じくらいの選手が多いので(キックを)上下に振っていこうと思っている」(江幡)
トーナメント1回戦が行われる7月18日(日)は、親友だった俳優の三浦春馬さんの命日となる。このことについて、江幡は以下のようにコメントした。
「幼い頃から弟と親友と3人で立てた夢が目の前にあって、今自分が何が出来るのか。それは大きな挑戦をして輝くことに尽きる。18日になって、何かを感じないと言えば嘘になる。その気持ちも全部背負って、思い切り戦っていきたい」(江幡陸)
弟・塁と共に、RISEのリングで確かな存在感を示せるか?
「新日本キックボクシングという歴史、そして伊原ジムという伝統のあるところで戦ってきた。その強さを思う存分発揮したい」と胸を張る江幡。弟・塁と同様に、RISEのリングで確かな存在感を示せるか? まずは1回戦の試合運びに注目したい。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着