米津玄師、「#PaleBlueLetterカメラ
」を公式発表 青空などペールブルー
のものにスマホをかざすと文字が出現

米津玄師のHPにひっそりと実装された「#PaleBlueLetterカメラ」が、公式発表となった。これは、ARカメラとなっており、スマートフォンでこのカメラを起動すると、「Looking for Pale Blue」という文字が出てきて、Pale Blueのものを探して楽しむもの。青空にスマートフォンをかざすとカメラが反応し、青空に星が現れ、その星をつなぐと文字となり、米津玄師の手書きメッセージとイラストが出現する仕組みとなっている。メッセージは、「音楽はつづく」という米津のキーワードで、イラストは5種類がランダムに出現する。
いちはやく、このカメラに気づいたファンからは、「何段階なんですか」「下を向きがちなこのご時世、こうして顔を上げるとこんなに素敵なことが起こるのね!」などの感想がSNSに書き込まれ、ステイホーム中の週末を楽しむ声で溢れていた。
「#PaleBlueLetter」のシリーズは、これで第三弾の完結を迎えた。第一弾は、6月4日、米津本人がSNSへ、ペールブルー1色の画像を投稿。その画像のコントラストを調整することで「Pale Blue フタフタゴーゴー MV公開」という文字が出現する“デジタルギミックレター”という形でMVの公開予告を行った。第二弾は、CDの法人特典“Pale Blue フレグランス”に同封する形で、ペールブルー1色の紙が届けられた。一見何の印字もないように見えるペールブルーの用紙を水に浸すと、本人描き下ろしイラストの他、「ありがとう。」というメッセージが浮かび上がってくる“アナログギミックレター“となっていた。
第一弾、第二弾が、ペールブルー1色から、どういう方法で解読をするのか問題提起された形であったのに対し、第三弾のARカメラは、カメラという方法が先に提示された上で、ペールブルーのものを探すという、順序が逆の形で提示をされた。先日公開された「Pale Blue Radio」では、米津が「リコカツ」は“イカドラマ”と語っており、普通は、出会い・恋愛・結婚・離婚という順序に対し、「リコカツ」は、出会い・結婚・離婚・恋愛という順序で、恋愛の順序が逆。動物は、頭・胴体・四肢であるのに対し、軟体動物のイカは、胴体・頭・四肢だから、「リコカツ」はイカドラマだと思っていると発言した。そうしたドラマの捉え方を表現した施策シリーズとなった。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着