SEVENTEEN「Your Choice」リリース記念記者会見を開催!〇〇で1位を獲得したい!

SEVENTEEN「Your Choice」リリース記念記者会見を開催!〇〇で1位を獲得したい!

SEVENTEEN「Your Choice」リリース記
念記者会見を開催!〇〇で1位を獲得
したい!

SEVENTEEN 「Your Choice」リリース記念グローバル記者会見開催!

今年5月には米国の3大音楽授賞式の一つである「Billboard Music Awards」にて”Top Social Artist”にノミネートされるなど世界でも注目を集めている韓国の13人組ボーイズグループ・SEVENTEEN。
そんなSEVENTEENが、本日6月18日(金) 韓国8枚目となるミニアルバム” SEVENTEEN 8th Mini Album 「Your Choice」”をリリースした。
全てにおいてハイレベルでファン急増中なSEVENTEENの魅力に迫る!
https://utaten.com/specialArticle/index/5023
SEVENTEEN 8th Mini Album 「Your Choice」は、昨年10月にリリースしたSpecial Album ';[Semicolon]'以来、約8か月ぶりとなる作品で、収録曲にはウジ、BUMZUをはじめ、パン·シヒョク("hitman" bang)プロデューサーとWonderkidなどのHYBEレーベルズのプロデューサー軍団が曲作業に初参加し、注目を集めている。
そんなSEVENTEEN 8th Mini Album 「Your Choice」 のリリースを記念して、メンバーが出席したグローバル記者会見が本日韓国で開催された。
以下、グローバル記者会見の模様を一部レポートする。
記者の前に1人ずつ現れ、それぞれポーズを決めた後に着席したSEVENTEENのメンバーは、以下のように一つ一つの質問に誠実に回答した。

SEVENTEENメンバーインタビュー
──「Your Choice」で8か月ぶりにカムバックした感想を教えてください
エスクプス:8ヶ月ぶりにSEVENTEEN 8th Mini Album「Your Choice」で挨拶することになりましたが、いつも僕たちを愛して待ってくれるCARATの皆さんのことを思いながら作ったアルバムなので、まずはCARATの皆さんに喜んで共感して頂けたらと思います。
また、大衆の皆さんに今回のアルバムを通して”愛の力”について伝えようと思うので、共感し、愛情を注いで頂けたらと思います。
── 「春、SEVENTEEN、秋、冬」、今はSEVENTEENですね
ホシ:なので、僕たちがやって来ました(笑)
──「Your choice」には「Power of love」プロジェクトの2番目の愛の形が込められていると思いますが、「Power of love」プロジェクトとはどのようなプロジェクトですか。また、今回のミニアルバムはどのようなアルバムですか
ミンギュ:今回のプロジェクト「Power of love」のポイントは”愛”と”共感”だと思います。
僕たちが生きていて感じる様々な愛の形を語るプロジェクトと感じています。
ウジ:今回のミニアルバム「Your Choice」には、愛に対する様々な形の行動と感情が盛り込まれていて、今のSEVENTEENから見た成熟した愛の姿が収められています。
「Your Choice」には、「僕の悩みを分かち合い、君の選択を尊重する」という意味も込められていますし、正直に表現・告白する純粋な気持ちも込められています。
──「僕の悩みを分かち合い、君の選択を尊重する」という成熟さ、純粋さまで感じられるとお話されていましたが、ミニアルバムのポイントを教えてください
スングァン:今回、ミニアルバム「Your Choice」を作りながら感じたのは、これまでSEVENTEENが見せてきた中毒性のある音楽とパワフルなパフォーマンスを見せながら、同時に新たな魅力を感じられるのが今回のミニアルバムのポイントであり魅力ではないかと思いました。
メンバーがいかに悩み試行錯誤をしたか、CARATや多くの皆さんも感じられると思います。
皆さんがそういうことをポジティブに受け止め、リラックスして歌を聴いて欲しいですし、沢山の声援を送って欲しいです。
──「Ready to love」はどんな曲ですか
トギョム:タイトル曲「Ready to love」は、友達だと思っていた君に愛という感情を感じるようになり、勇気を持って告白できる準備ができた僕のストーリー」を描き出した曲です。
SEVENTEENのエネルギーとパワフルで爽やかなR&Bベースのポップ曲なので、皆さんに気に入ってもらえると思います。たくさん聴いてくださいね!
──「Ready to love」の振り付けのポイントを教えてください
ジュン:今回、ポイント振り付けが多いいのですが、一つを選ぶとしたら”走るダンス”がとても多いです。
「君のもとへ走って行く」という意味が込められているので、ぜひそこをよく見て欲しいです。
──バン・シヒョクさんと作業することになった経緯と過程について教えてください
ウジ:特別なきかっけがあっというよりも、アルバム作業を行える環境が改善され、その過程で自然にシヒョクさんと共にお仕事できる機会に恵まれたことがきっかけで、作業をしながら光栄でした。
僕は幼い頃にシヒョクさんが作った音楽を聴きながら育った世代なのですが、その方と一緒に作業できるだけでとても嬉しく、一方でとてもありがたかったです。
シヒョンさんは僕にとって、会社の長である前に作曲の大先輩でもあるのですが、僕のことを尊重してくれました。
理解し、配慮し、同じ作曲家としてとても尊重してくれました。とても光栄でした。
この場を借りて感謝の気持ちをお伝えしたいです。
──今回の8th Mini Album「Your Choice」にもユニット曲が入っていますが、ユニット曲ごとの鑑賞ポイントはどこですか
ジョンハン:「Power of love」プロジェクトでは愛をテーマに(曲で)語っていますが、ユニット曲でも、どんな愛の形を(曲に)込めるか、とても悩みました。
ですから皆さんもお聴きになる時に「この曲にはどんな愛の形が込められているのかな?」と考えながら聴いてもらえたら、より楽しんで頂けるのではと思います。
──紆余曲折も多かったであろう長い準備期間で一番記憶に残るエピソードは
ホシ:一番記憶に残っているのは、僕たちがより良いクオリティーのものにするために、歌詞の修正を何度も行いました。
歌詞を変えれば当然レコーディングもし直さなければならないですよね?
ですので、レコーディングの修正も何度もしました。
また、歌詞の修正やレコーディングも修正をすれば、振り付けの修正もしなくてはなりませんよね。なので、振り付けの直しも何度も行いました。
メンバーや会社のみなさんと今回のアルバムのために色々と気を使い、会議もたくさんしたことを覚えています。本当に一生懸命準備しました。
ジョシュア:もう一つ、エピソードを話していいですか?
「Ready to love」のMVの撮影をする際、最後の方にみんなで踊る群舞シーンがあるのですが、雨に打たれながら踊らなくてはいけないシーンがありました。その撮影は本当に楽しかったです。
個人的にはウォーターパークに来ているみたいな気がして楽しく撮影ができました。
──先日SEVENTEENTはデビュー6周年を迎えました。いつの間にか活動7年目のグループになったわけですが、ここまで来られた原動力は?日々成長できるきっかけは何ですか
エスクプス:まず、やはり第一はCARATのみなさんがいてくれるから僕たちはここまでちゃんと来られたのだと思います。
そして、CARATと同じくらい大切なメンバーがいつも傍で互いに手を貸し、互いに導き合いながら来たので、ここまで来ることができたのだと思います。
それから僕たちが成長してくることが出来た原動力に関して、僕が思うに一番大きな理由は、横でメンバーたちが成長していく姿を目にしながら自分も刺激を受け、自分がこのグループにおいて、ちゃんと存在理由のある人間でなくてはと思い、ずっと成長してこられたように思います。
ディノ:それから各自が成長するたびに、SEVENTEENが成長するたびに、それで終わるのではなく、そこに安住するのではなく、意欲を満たすためチーム全体の意欲のために努力すること自体が、僕たちが成長し続け、長く続けてこられている理由なのではないかと思います。
──今回の活動の目標を教えてください
ディノ:僕たちは毎回様々な姿をお見せし、CARATの皆さんが寄せてくださる愛に応えようという気持ちで準備をしています。
今回のミニアルバムの目標も、やはりまずは13人みんな病気や怪我なく元気な姿で活動を締めくくれるようにすることと、僕たちのアルバムで多くの方たちにポジティブで大きな癒しになればという気持ちです。
スングァン:僕は少し現実的な目標を正直にお話ししたいと思います。
僕たちはこれまで、いつも月曜日にアルバムをリリースしてきましたが、初めて今回金曜日にアルバムをリリースすることになりました。
米州地域の方々にももっとたくさん見聞きしてほしいという気持ちもありますし、また全世界的にステージをお見せできる機会も多くなり、今回は本当にビルボードのメインチャートに必ずやチャートインしたいです。
もしチャートインしたらメンバーたちにとっても大きな力になると思うので、それを目標にしています。
──ビルボードのメインチャートに名前が出ることを目標にしているのですか?順位はありますか
エスクプス:まずは、名前が出ることだけでも僕たちにとって本当に大きな力になると思います。
ホシ:1位になりたいです!(笑)
MC:正直、そうですよね?
ウジ:はい!1位になりたいのは当然のことですから(笑)
スングァン:では、今回は17位から始めましょうか(笑)
MC:では、17位の時のリアクションと、1位の時のリアクションを見せてください。
*リアクション 17位 「あ~、みんな頑張った」「お疲れ様」
        1位 「わ~!!!」
MC:今後この姿が見られそうな気がします。
ディエイト:ビルボードチャートにもしチャートインしたら本当にいいなと思いますが、やはり今回のアルバムを通して多くの方たちが力を得て、元気になってくれたらと思います。そして今回のプロジェクト名のように、多くの方にとって「愛の力」になってくれたらと。日常生活の中でも多くの良いエネルギーを受け取ってほしいです。
──今回のアルバムを待ちわびているCARATに一言お願い致します
エスクプス:CARAT、僕たちは8か月間、本当にCARATのことだけを考えてアルバムを作りました。ですので、CARATのみなさんが満足してくれるアルバムだと思います。
今回の活動もCARATの皆さんと本当にステキな思い出を積み重ねる活動になればと願っています。
CARATの蒸し暑い夏を、僕たちがもう少し涼やかにしてあげられるアルバムでありプレゼントになればと思います。
──Q 今年の6月はいつになく熾烈なカムバック戦が予想されると思いますが、競争がプレッシャーになるのではないですか?今回も良い記録を期待できそうですか
ウォヌ:僕たちは競争だとは思わず、むしろ他の素晴らしいアーティストの方たちと一緒に活動できるのはとても光栄だと思います。
他のアーティストの音楽を見聞きすると音楽に対する情熱が一層高まりもしますし、僕たちはステージと音楽に自信があるので、プレッシャーではなく、期待していただいて良いと言いたいです。
エスクプス:僕たちはデビューした当初から常に、カムバックする度に本当にすごい多くの先輩方、たくさんの歌手の皆さんと共にしてきたので、そういう点ではプレッシャーは感じていません。僕たちは僕たちの音楽をステージに本当に自信があるので、活動を頑張ります。
上記の質問で事前の質疑応答が終了し、会場の記者質問がスタートした。

テーマは愛。“僕の選択より君の選択が重要だ”
今作「Your Choice」のタイトルには、“僕の選択より君の選択が重要だ”という意味が込められており、アルバムのテーマは、”愛”。
‘“僕”の悩みを分かち合い、”君”の選択を尊重するSEVENTEENだけが見せられる、彼らの成熟した姿が収められている今作「Your Choice」は、全6曲にわたって”愛”に対する様々形の行動と感情を盛り込まれている。
タイトル曲「Ready to love」は、友達だと思っていた「君」に愛という感情を持つようになって勇気を持って告白する準備ができた「僕」の話を描いた楽曲。
本日公開されたミュージックビデオでは、SEVENTEENが描く”愛”が映像内で様々な形で描かれており、走る動作がダンスの振り付けに多く取り入れられていることも印象的で、まさに”あなたに向けて走っていく”というコンセプトがダンスでも表現されている。
最後のシーンでは、大雨の中で13人のメンバーが激しく踊るシーンが映し出されており、楽曲だけでなく視覚でもSEVENTEENの魅力を感じることが出来るので、ぜひ新曲「Ready to love」のミュージックビデオをその目で確かめて欲しい。
映像の詳細は以下の通り。
【SEVENTEEN (세븐틴) 'Ready to love' Official MV】
また、SEVENTEEN 8th Mini Album 「Your Choice」には全6曲が収録されており、2019年にリリースした3RD ALBUM: An Ode、昨年2020年にリリースしたSEVENTEEN 7TH MINI ALBUM [Heng:garae]、そしてSpecial Album ';[Semicolon]'で3作連続ミリオンセラーを記録するなど、すでにワールドワイドで人気のSEVENTEENから今後も目が離せない。

(c)PLEDIS ENTERTAINMENT

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着