「リクはよわくない」犬の兄弟役に森
川智之、杉田智和、花江夏樹ら 原作
の坂上忍&くっきー!も出演

(c)坂上忍 くっきー インプレス / リクはよわくない製作委員会 今年秋公開予定の劇場アニメ「リクはよわくない」に、森川智之杉田智和森久保祥太郎花江夏樹浅野真澄松本梨香の出演が決定した。
 同作はタレントの坂上忍が文、お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー!がイラストを担当した絵本のアニメ化。5歳の“ぼく”が犬たちとの交流を通して、生命の大切さを学んでいく姿を描く。ある春の日、弱った姿で“ぼく”の家にやってきた子犬のリクは、4匹の犬の兄弟・ツトム、ヨースケ、マルちゃん、パグゾウと楽しく過ごすうちに元気を取り戻していく。劇場アニメ版では、原作にはなかったエピソードが多数追加される。
 犬の兄弟たちの輪に末っ子として加わるイタリアン・グレーハウンドのリクを浅野真澄、気が強いチワワのツトム(長男)を森川、お調子者のミニチュア・ダックスフントのヨースケ(次男)を杉田、穏やかなフレンチ・ブルドッグのマルちゃん(三男)を森久保、食いしん坊のパグのパグゾウ(四男)を花江が演じる。ナレーションの“ぼく”役は、松本が担当する。また、原作者の坂上が“ぼく”のお父さん役、くっきー!がペットショップの店員役を務め、動物バラエティ番組「坂上どうぶつ王国」で両名と共演する片平なぎさも、お母さん役で友情出演する。
 出演に向けて、自身も犬との出会いによって人生がかわったという森川は「ツトム君を演じさせていただく理由はただひとつ、たくさんの人たちに、この作品のすばらしさを届けたいという一心です」とコメント。杉田は「ミニチュアダックスの動き、表情、舌技を思い出しながら収録に臨もうと思います」、花江は「僕自身は猫がいる生活を送っていますが、演じる役柄は犬が多いので、今回も楽しみです」と、それぞれ収録に向た意気込みや期待を語っている。各キャストのコメント全文は以下の通り。
【森川智之(ツトム/長男役)】
 私は犬との出会いによって人生が変わりました。10数年前に愛犬のアクセルは旅立ちましたが、命の大切さを教えられたことは勿論、彼からもらった最大級の愛情に今も豊かな生活がおくれています。ツトム君を演じさせて頂く理由はただひとつ、たくさんの人たちに、この作品のすばらしさを届けたいという一心です。
【杉田智和(ヨースケ/次男役)】
 犬役は珍しくありません。特に断る理由はありませんでした。今まで出会ってきたミニチュアダックスの動き、表情、舌技を思い出しながら収録に臨もうと思います。よろしくお願いします。
【森久保祥太郎(マルちゃん/三男役】
 穏やかな性格の三男の犬を演じさせていただきます。穏やかなマルちゃんにとって、リクの存在とはどういったものなのか? その辺りを大切にしながら演じさせていただきたいと思います。
【花江夏樹(パグゾウ/四男役)】
 今回、パグのパグゾウ役で出演します花江夏樹です。僕自身は猫がいる生活を送っていますが演じる役柄は犬が多いので、今回も楽しみです。まだアフレコ前ではありますが犬がいる生活の素晴らしさや命の大切さを感じ、伝えていけるように尽力しますので公開をお楽しみに!
【浅野真澄(リク/末っ子役)】
 原作の絵本を読んだとき、切ない物語に胸をつかまれました。私の家には猫が4匹いるのですが、動物と暮らす楽しさ、愛しさは猫も犬も同じなんだなと、とても共感しました。動物って、幼い子供のようなまっすぐな思いをぶつけてきてくれますよね。リクを演じるときも、そういうピュアな気持ちをセリフに載せられたらいいなって思っています。
【松本梨香(ナレーション/ぼく役)】
 今回出演依頼のお話をいただいた時、生まれたときからずっと犬や猫が家族の一員として生活してきた私にとって、とてもうれしい出来事でした。この作品をより多くの方々に観ていただき、出会いや別れ、そして何より生命の大切さをあらためて考えていただけたらと思います。

新着