CABHEY RIDE ON!!、アウトドア初心者
にこそオススメ!

チャンネル開設から2年で登録者86万人
超!ヘルメットに包まれたアウトドア系
YouTubeチャンネル「CABHEY RIDE ON!!

「CABHEY RIDE ON!!」というYouTubeチャンネルをご存知でしょうか。2019年5月にチャンネルを開設すると、またたく間に登録者が伸びその5ヶ月後にはチャンネル登録者が10万人を突破。趣味をとことん突き詰めたチャンネルとしては異例の伸び方をしており、昨今のYouTube界隈で話題になっています。チャンネル開設から2年で爆発的に登録者を伸ばしている「CABHEY RIDE ON!!」とはどんなチャンネルなのか、おすすめ動画と合わせて紹介します。

CABHEY RIDE ON!!とは?

「CABHEY RIDE ON!!」は元々「DJキャブヘイ / cabhey」でゲーム実況を投稿していたキャブヘイが2019年5月11日に始めたアウトドア系のYouTubeチャンネル。キャブヘイは過去にモデルやDJとして活動していたり、アメリカでホームレスの経験があったりと実に多彩で面白い経歴の持ち主。常にトレードマークのヘルメットを着用し、DJ歴からくる歯切れのよいトークと破天荒な企画が特徴です。

2021年5月現在YouTubeチャンネル登録者数は86万人超と動画投稿の頻度は少ないながら昨今のアウトドア需要と合わせて、破竹の勢いで伸び続けています。ここまで大きくなるとYouTubeだけの年収だけでも相当なもの。趣味をとことん突き詰めたチャンネルは最近は数多くありますが、素顔を一切明かすことなく、ひとつの趣味だけでここまでのチャンネル登録者を獲得するのは容易ではありません。

CABHEY RIDE ON!!のおすすめ動画

ユーチューブから貰った銀の盾でステー
キを焼く

チャンネル登録者が10万人を突破するともらえる銀の盾の上でステーキを焼いてしまおうという企画が450万回超とCABHEY RIDE ON!!でもっとも再生されている動画。銀の盾はYouTuberの誰しもが大切に保管するはずですが、全く躊躇なく豪快に火にかけてしまう破天荒ぶり。しかし、動画のテンポ感が非常に良く、誰にも迷惑をかけずに完結しているので、ひとつのコンテンツとして楽しくみることができます。それにしても、焼け残ったYouTubeのアイコンがあまりにも哀れ…。

【サバイバル】最低限の道具だけで行く
キャンプが過酷すぎた…!!!!【モトブロ
グ・キャンツー】

キャンプしてみたいと思えども、道具を買い揃えなければならないし、初心者にとっては意外とハードルが高いですよね。この動画では必要最低限の道具だけ使ってキャンプをしています。キャブヘイがこの動画で持っていったのはテント、クッカー、ランタン、ナイフ、ライターの5点セット。何とか生活できるものの、動画を見ていると過酷でキツそう…。ということで実際に行く場合には動画の最後にあったら良かったものとして挙げられている寝袋やマット、クーラーボックスを追加で持っていくのが良さそうです。キャンプ初心者にも分かりやすく解説が加えられているのも有り難いですね。

釣れた魚以外食べられないキャンプをし
たらまさかの高級食材が…!!!

続いてはキャンプ場で釣った魚のみでキャンプをする企画。ということはもし釣れなければ食事にありつけないという過酷な要素を孕んでいます。キャブヘイがキャンプ地として選んだのは年間を通してキスが釣れるという福井県にあるヒロセオートキャンプ場。海水浴場の目の前ということで最高のロケーションです。しかし、1日目は全く釣れず当日は釣りエサを焼いて食べることに……。翌朝になりようやく釣れたのはワタリガニ。さっそく塩ゆでし豪快に食らうのですが、海を見ながら食べる料理は本当に美味しそうです。

ラップでテント作って野宿したら辛過ぎ
た…

過去も100円ショップのものやブルーシートだけでテントを作るなど、様々なテント作りに挑戦してきたキャブヘイが挑んだのがラップでテント作り。ラップでテントなんて誰もやろうとしない企画を体当たりでやってくれるからこそ見たくなるんですよね。テントは無事に完成するも、どうやら生活できる水準は満たしていない模様。みなさんはサランラップでテントを作らないことをおすすめします(おそらくする人はいないと思いますが……)。

CABHEY RIDE ON!!、アウトドア初心者にこそオススメ!はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

新着