関取花『新しい花』。作り手の充実を
感じる、溌剌としたメジャー1stフル
アルバム

 作り手の屈託のない笑顔が見える。朝このアルバムを聴くだけで、今日が良い日に変わる気がする。メジャーに移ってからはサウンドがくっきりとしていった印象で、素直なライティングでポップスに挑んでいるように感じる。前向きな言葉に迷いはなく、チアフルなバンドサウンドに乗って、彼女の伸びやかな声はどこまでも飛んでいきそうだ。今作の関取花はこれまでになく軽快で、それでいて力強い。
 彼女は自身のブログにて、「『私は私のままでいい、あなたはあなたのままでいい』というコンセプトを先に決めていた。これほど明確に伝えたいメッセージがあったのは初めて」と説明している。そうした意識が清々しいサウンドと、<あなたがあなたを愛せるような/明日は必ずやってくる>と歌う、「美しいひと」のような楽曲に繋がっていったのだろう。
 インディーズまでの音楽を大雑把に言い切ってしまうなら、卑屈な自分をどうポジティブに転換させるか、というのが彼女の音楽だったと思う。すなわち、その歌の背後にあるのは悲観である。そんな自分をいかに笑い飛ばし、日常をどう豊かにしていくのか、というのが関取花の歌だった。キャリア最高の名曲「もしも僕に」で歌われているように、隣の芝生は青く見えて仕方がないのである。

 つまり、「肯定する」という前向きさは、ずっと彼女の原動力としてあったものだと思う。その上で、眼差しが他者へと向いてきたのが今作の変化なのだろう。そうした気持ちのあり方は、彼女が書く言葉はもちろん、溌剌としたサウンドに表れている。メジャーデビュー以降の数作で、亀田誠治やトオミヨウ、野村陽一郎といった、日本のポップシーンの前線で活躍するプロデューサーと仕事をした経験も大きいのだろう。上記の面々が担当した楽曲はもちろん(本作では「太陽の君に」を亀田誠治、「今をください」をトオミヨウ、「逃避行」と「スローモーション」を野村陽一郎がプロデュース)、関取花自身がアレンジを担当したその他の楽曲も、総じて音の輪郭は明瞭で、作品を通して広がりを感じさせるアレンジになっている。ライブや制作を共にしてきたプレイヤー陣との信頼関係も大きいはずで、幅広い層のリスナーへと向かっていくような開けたサウンドが印象的だ。

 表題曲や既発曲の「太陽の君に」をはじめ、「恋の穴」、「女の子はそうやって」、「スローモーション」と、いつにも増して佳曲の多いアルバムである。中でも惹かれるのが「はなればなれ」で、歌の主人公は別々の道を行く友人(と私は解釈しているが、恋人かもしれない)との別れに、寂寞の念を感じている。が、背中を押すように刻まれるBPM150ほどの力強いバスドラと、健やかな未来を予感させるフルートやチェロの音色からは、新しい場所へと進んでいく者への行け!というエールを感じずにはいられない。

 「美しいひと」のようなストレートな歌詞も素敵だが、情景の浮かぶ歌詞の中に、言外のメッセージを込めるところに彼女の作家性があると思う。また、『ただの思い出にならないように』の「彗星」がそうであるように、実はテンポの速い曲を書くことに長けている作家である。はやる気持ちを描くことが上手いというか、思わず駆け出してしまうような楽曲も彼女の魅力のひとつである。

 昨年上梓したエッセイ集『どすこいな日々』や、多数のテレビ出演をはじめ、老若男女を楽しませる彼女のユーモアは、音楽の枠を越えて波及していっている。そうした様々な仕事の中で良い循環が生まれているのだろう。デビューから10年が経ち、まさしく充実の時を迎えているように思う。
 さて、そうした気持ちの良いアルバムに対し、最後に身も蓋もない事を言っておくと、それでも人生はそんなに楽ではないと思う。昨日がどんなにダメな1日でも、明日は素敵な瞬間が待っているかもしれない。だが、同時に今日がどんなに最良の1日でも、少し先にはどん底の未来が待っているかもしれないのだ。長い人生、きっとまた隣の芝生が青く見える日は来るだろう。でも、そんな時のためにこの歌はあるように思う。「あなたはあなたのままでいい」といういうことは、つまり「あなたのことを認める」ということであり、ここで言う「あなた」とは、これから困難にぶつかるかもしれないあなたのことだから。目一杯、人生を愛でるための1枚である。
黒田隆太朗

関取花『新しい花』 2021.03.03 Release 【CDのみ通常盤】 UMCK-1681 ¥3,300 【初回生産限定盤BOX仕様】 UMCK-7091 ¥4,180 1.新しい花 2.はなればなれ 3.恋の穴 4.ふたりのサンセット 5.あなたがいるから 6.逃避行 7.太陽の君に 8.まるで喜劇 9.女の子はそうやって 10.今をください 11.スローモーション 12.美しいひと 13.私の葬式(バンドver.) Apple Music Spotify

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着