松岡広大×山崎大輝「僕らなりの色を
出したい」「伝えたい事を突き詰めた
い」~ミュージカル『スリル・ミー』
インタビュー

2021年4月、東京芸術劇場シアターウエストにて、ミュージカル『スリル・ミー』が3組、6名のキャストで上演される。
本作品は、男2人が演じる“私”と“彼”とピアノ1台のみで繰り広げられる100分間のミュージカル。1920年代、全米を震撼させた二人の天才による衝撃の事件を基にした究極ともいえる心理戦は、アメリカをはじめ、ロンドン・オーストラリア・ギリシャ・韓国など世界中を魅了。日本では2011年の初演以降、演出の栗山民也の手で創り出されたシンプルであるがゆえに緊迫した空間は、観る者を虜にし続けている。
初演から10年を迎える2021年版では、3組6名のキャストが揃った。伝説の初演ペアである田代万里生(私役)と新納慎也(彼役)、2018年上演時に本作へ出演し、連日当日券を求め200名を超える観客が押し寄せた成河(私役)と福士誠治(彼役)、そして、初演から10年の節目に演出の栗山民也によるオーディションが実施され選ばれた松岡広大(私役)と山崎大輝(彼役)の3組だ。この3組にインタビューをする機会が得られたので3回に分けてお届けしよう。ラストは松岡広大と山崎大輝コンビだ。
インタビューが始まった直後、取材部屋にただならぬ気配が。振り向くとそこには伝説の初演ぺア、田代万里生と新納慎也の姿が! 二人は部屋の後方で「ちょっと見ているだけだから!」「気にしないで!」とわざと存在感たっぷりに振舞うと、その姿に気が付いた松岡と山崎はやおら席を立ち、先輩たちの前に行って「松岡広大です!」「山崎大輝です!」「よろしくお願いいたします!」と最敬礼でご挨拶。
その後先輩たちは「お邪魔しました~」と部屋を後にし、ホッとしたところで改めてインタビュー再開となった。
(左から)山崎大輝、松岡広大
■背水の陣で臨む作品。それが『スリル・ミー』
ーーまずはオーディションに合格して出演が決まった時の気持ちからお聞かせください。
山崎:オーディションではめちゃくちゃ緊張していて。コロナ禍でいつもとは異なるオーディションだったそうですが、それでもできるだけの事はしたつもりだったので、受かったと聴いた時は嬉しかったです。歌は『スリル・ミー』から指定の2曲を歌わせていただきました。
松岡:俳優として続けていくのであれば、いつかは栗山民也さんとご一緒したいなと思っていたんです。オーディションは、受けるからには合格する気持ちで臨んでいましたので、実際に受かった時はヨシ! と思って嬉しかったです。また僕が尊敬している演劇界の帝王・成河さんと同じ役を演じる事もあるので、稽古などで学ばせていただきたいです。今はふつふつと興奮しています。
実はホリプロさんの『ねじまき鳥クロニクル』で成河さんとご一緒した時に「今度、『スリル・ミー』のオーディションを受けるんです」と報告したんです。「頑張ってね~」と応援してくれたんですが、その時まさか成河さんも出るとは一言もおっしゃっていなかったんです。多分内緒にしていたんだと思いますけど。目指すべき人であり、たくさん学ばせていただいている方と同じ役をやるなんて緊張しますね。
ーー『スリル・ミー』という作品について今想う事は?
山崎:オーディションを受ける事になってから本作を拝見したんですが、ピアノ1台で役者が二人だけ。それだけでもう凄いなという印象だったんですが、内容もさらに濃くて。しかもこの作品は実際に遭った事件を元にして作られていると聞いて、さらに凄いなと感じました。
松岡:僕は柿澤勇人さんの組を観劇しました。その後、成河さんが出るときいて「おお!」となり、いつか僕もやると決めたんです。
山崎さんと今日初めてお会いしましたが、これからどういったものができるのか、また台本にも着手していないのでまったくイメージができないんですが、ホリプロさんのSNSに「魅力ある作品をお見せします」的な事が書いてあって、プレッシャーを感じています(笑)。でもそのプレッシャーを乗り越え、僕たちの世代でできる事の意義、選ばれた事の意義を考えて真摯に向き合う事が出来ればと。俳優が二人でピアノが1台という俳優の力量が試される、常に「背水の陣」みたいな作品ですから。
松岡広大
ーー二人芝居という壁もありますからね。
松岡:そうですよね。いずれは一人で1時間45分演じ切る事にも挑戦したいですけど、今はまだ無理なので(笑)。相手を信じて、“彼”というキャラクターを信じて、自分を信じてやっていきたいですし、この身体でどこまでできるのか追求していきたいです。
■“私”と“彼”そして栗山民也の存在
ーーお二人はオーディションで松岡さんは“私”役、山崎さんは“彼”役として受けたと思いますが、逆の役を演じたいと思う事はありましたか?
松岡・山崎:ないです!(即答)
ーーご自身の役はこっちがいい、と選ぶからにはその役に何か近しいものを感じていたからなのかな、と思うんですが、その点はいかがでしたか?
山崎:僕の場合は考える余裕がなかったですね。“彼”役で精一杯でした。役に近しいものがある方が演じやすいのかもしれないですが、逆に自分から遠い事で僕の本当の「何か」が出てくるかもしれないって気がしていて。表面の僕と裏面の僕みたいな感じがして、遠く離れている方が逆にやりやすいかもと思ったんです。“彼”というキャラクターはなかなかキツイ人ではありますが、僕の中に眠る冷酷さみたいなものが呼び覚まされるんじゃないかな(笑)。
松岡:それ、すっごい楽しみだね。僕は圧倒的に身長が足りないので“彼”は無理だと……消去法です(笑)。冗談ですが。すごくおこがましい話ですが、“私”をやるのは僕だなって思ったんです。何故か。出来るというかやって見せたいという変な自信があって。どこかで“私”と共通項みたいなものを感じているからかもしれません。逆に“彼”は興味がありつつもかけ離れてるところもあって。これまでの実体験や考え方ではどうにもならないと思考が止まってしまって。でも仲のいい友達に対しては冷酷な“彼”みたいですけどね(笑)。
ーー栗山さんとはオーディション以降お会いしたりお話をした事は?
山崎:ないんです。というか、オーディションの時も僕の歌が栗山さんに届いているのかな、と不安になる事もあって……。
山崎大輝
松岡:それ、分かります! 僕もオーディションで何かしらアクションを起こしていると、他のスタッフさんは頷いたりとリアクションされるんですが、栗山さんはただもの凄く「見て」いるんです。指の動きや足とか細かいところも全部見ている。これが本物のオーディションか! と体感しました。オーディション前にスタッフさん方から「緊張しないでリラックスしてやってくださいね」って声をかけられたんですが……出来るかっ! って(笑)。
山崎:アハハハ。分かる分かる。
松岡:とはいえ、僕は舞台『アドルフに告ぐ』から栗山さんの作品が好きになったのですが、まさかこんな年齢でご一緒出来るとは思いませんでした。一緒にできて光栄です、と言う表現がありますが、まさにこういう事なんだなと感じました。
山崎:僕はコロナ禍で上演中止になった、ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』でアンジェロ役をWキャストでやるはずだったんです。そこでWキャストの大変さを味わって、今回言ってみればトリプルキャストみたいなものですよね。いったい何を狙っていけばいいんだろうって(笑)。この作品って過去何回もいろいろな組み合わせで上演されましたが、僕らは僕らなりのオリジナルを成立させないとならない。そして、皆さんに良いと思われるオリジナルでなければならない。そこがプレッシャーになるだろうなって。
松岡:過去の上演をなぞってしまえば一時的な安心感を得られると思うんですけどそれはしたくないですしね。俳優が変われば見方も変わる、それは自然な事だと思うのでそれを踏まえて稽古場では果敢に挑戦していきたいですし、何より翻訳劇なのでこれまでに体験した作品でも本国版の台本と日本語版の台本を見比べて「これ、意味が分からない」とか悩む事がありました。今回そういう点も丁寧にやっていけたらと考えています。
■酒、筋トレ、鬼滅、深夜徘徊……お互いを知る対談、スタート(笑)!
ーー先ほどお二人は今日が初対面だと話がありましたが、お互いの作品を観たり調べたりした事は?
松岡:歌、やられているんですよね? Youtubeで勝手に見ちゃいました!
山崎:ああ! ありがとうございます! 僕も広大くんのInstagramを見て、音を出さずに歌っている動画を見たんです。
松岡:あれがまさに『スリル・ミー』の曲だったんですよ。血眼で歌を練習している姿がね。これは歌えないとまずいなって必死でした。という事で「今日の取材でいろいろお話して、お互いの事を知りたいですね」って挨拶して今に至っています。
山崎:この取材が初めての対談なんですよ!
(左から)松岡広大、山崎大輝
ーーならばお互いの第一印象など話してみませんか(笑)?
山崎:では僕から。広大くんはあまり喋らないイメージだったんですが、大分逆なのかな……って。もしくは人見知りだから、逆に無理やり喋らないとってキャラになっているのかなって。
松岡:全然違います。めちゃくちゃ喋りますしうるさいです(笑)。
山崎:僕は喋る方ですが、ちょっと空回りする事が多くて(笑)。
松岡:僕から見た山崎さんの第一印象は、よく喋って会話の中に笑顔を何度も見せる方。安心できるなって思っていました。今は役がどうのよりまずは山崎さんの人となりをもっと知りたいですね。
山崎:それは僕も同じです。もっと会話したいですね。ここから始まっていくんですね。僕は最初は人見知りしちゃうんです。
松岡:僕は人見知りしないですね。人と話すのが大好きなんです。相手がどういう価値観を持って、どういう論理を持っているのか気になるんです。そして、共通言語みたいなのを探すのが好きなんです。それが見つかると話がぐんとしやすくなるから。逆に無礼だと思ったら遠慮なくしばいでください(笑)。
山崎:(笑)。
松岡:ちなみにお酒は好きですか?
山崎:お酒はあまり飲まないですけど、飲む場は好きなんです。相手に合わせて飲んでいますね。……お酒お好きですか?
松岡:大好きです!!(笑)。
ーー本来なら稽古の最初や中打ち上げとかでお酒を酌み交わしたいところですが、コロナ禍なのでなかなか飲みニケーションも難しいですよね。
松岡:そうですよね。今出演している公演でも「今日も無事終わったー(プシュー)」って一人楽屋で飲んでいます(笑)。今、人との関わりが考え直されていますよね。連絡取りたい人とそうでもない人ですごく付き合い方が分かれていて。人と繋がれている事の安心感と安易さがごった返していて。でも、どんな相手でも生で話ができなくなるのは非常に悲しくて。
松岡広大
山崎:確かに人と繋がっている事で安心だなと思う事がありますから、それが絶たれると寂しいですよね。
松岡:でも演劇はなくなりませんから! きっと大丈夫。
ーーちなみにステイホーム期間で新たにやってみた事はありますか?
松岡:僕は筋肉つけたろ! と思って、今も毎日筋トレしています。どこの筋肉をつけたいか、それにはどんなトレーニングがいいのかを自分で調べてメニューを組み替えて。「HIIT(ヒット)」トレーニングというものをやっているんです。20秒筋トレして10秒休憩して、の繰り返しを腕立てや背筋などやっているんですが、筋肉痛が気持ちよくて。
山崎:どMですね(笑)。
松岡:最近分かったのですが、筋肉が付くと声が低くなったり響くようになったりするってこと。身体が楽器なのですごく遠くまで明瞭に響くのでいいことだらけだなって。本気でやると身体が重くなるので、ウォーミングアップの一環でやっています。
山崎:なるほどねえ。僕はコロナ禍であまりに時間があったので、それまでドラマも映画もアニメもさほど見なかったんですが、最近は「鬼滅の刃」を(笑)。
松岡:「鬼滅の刃」の風、すごいですよね。見てないから話についていけなくて。
山崎:僕もそっち側の人間だったんですが、待てよ、頭ごなしに否定するのもどうかと、と思って見始めたんですが……面白いじゃん! って(笑)。リサーチのつもりで見てたんですが、面白すぎて、あれ? 僕、めちゃくちゃ泣いてる! マスクがベチャベチャになってるって(笑)。あとはお散歩してましたね。
松岡:お散歩いいですよね!
山崎:ええ、でも僕は紫外線を浴びるのが苦手なので。肌も弱いですが、日光を浴びると眠くなってしまうんです。日中は良い事ないので深夜徘徊しています(笑)。途中の公園でブランコに乗ったりして……。
松岡:深夜徘徊ブランコ俳優……(笑)。
■“化け物”先輩たちから役の片鱗を吸収したい
ーーそろそろ話を元に戻します(笑)。『スリル・ミー』に出るという事で不安はありますか?
松岡:あります。不安で吐きそうです(笑)。
山崎:今日はビジュアル撮影していたのですが、撮られているうちにまとわりつく役の重さを感じて不安になりましたね。
山崎大輝
松岡:他の2組の存在も気にしないといえばウソになりますから。お客さんと一緒で見比べてしまうというか、稽古でも意識してしまうんでしょうね。
山崎:そりゃそうですよ!
松岡:なにせ化け物な先輩方だらけですからね!(笑)。もう凄い事になりそう。テクニックや芝居の熱量などで圧倒されると思います。厚みが違いますから。他のチームから“私”の片鱗や“彼”の片鱗をいただいて。自分の中の整理を付けて取り込みたいです。しっかりと「ガワ」じゃなくて芝居がしたいです。
ーー松岡さんからは憧れの先輩として成河さんの名前が挙がっていますが、山崎さんは気になる先輩はいらっしゃいますか?
山崎:今回キャストが決まり名前を見た時には「……マジか!?」って思いましたね。
松岡:今の「マジか!?」ってすごいリアルだね。
山崎:うん。もちろん、どの先輩も気になるんですが、昔の『スリル・ミー』を観たり、先輩方の過去作品を観ると自分はこれで大丈夫か? と不安が出てきてしまうので、あえて観ないようにしているんです。
松岡:分かる! 疑心暗鬼になっちゃうよね。
山崎:だからオーディションの時も一度先輩たちの歌を聴いて、それ以降は気にしないようにしています。聞けば聞くほど自分が持っていかれてしまうし、説得力があるのは分かっていますから。
松岡:でも歌に関していえば、個人練習で音域が広がったなって思います。自分がそう感じているだけで、まだまだダメだと思いますが、オーディションで歌った楽曲が僕の声に合っていて、芝居の様に歌えたんです。それは今までに感じた事がなかったので、ボイストレーニングやフィジカルトレーニングが少しは形になっているのかな? って。
山崎:僕は『チェーザレ 破壊の創造者』のためにボイストレーニングしていたんですが、そちらに出ている方たちもアッキーさん(中川晃教)をはじめ、化け物みたいな方たちばっかりなんですよ。
松岡:(中川の歌真似をし始める。笑)
山崎:(笑)。その時にがっちり稽古をして臨まないとならないってことを改めて感じさせられたんです。それが結局中止になって、その後『スリル・ミー』の公演が決まったので、僕にとってはこれが初ミュージカルになるんです。でも、こっちの現場もやばそうだなって思っています(笑)。
ーー最後に楽しみにしているお客様にメッセージをお願いします。
山崎:この作品は3組あってその組がいろいろな色を見せてくれる作品だなって思うんです。僕らには僕らなりの色が出るはずですし、互いに自信が持てるものを作り上げていきたいですね。皆さんに満足していただけるよう頑張ります。
松岡:あなたを虜にする『スリル・ミー』です。何故4月にこの作品を上演するのか、その意味も込めて一個人として考え、真摯に伝えたい事を突き詰めていきたいです。
(左から)松岡広大、山崎大輝
取材・文=こむらさき  撮影=鈴木久美子

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着